1/150の焼津

焼津市をモデルにしたNゲージの街並みを作っています。焼津の街並みをそのまま模型化するのでは無く、近隣の静岡市、藤枝市など地元の思い出深い風景、柴又やハワイの要素も取り入れた街並みを制作中です。

カテゴリ: 園芸

7月以来となる園芸記事です。

7月中旬~9月初旬まで子供が夏休み期間中は子供に付きっ切りの状態で全く庭の手入れができませんでした。

庭の事は諦めて放置していたのですが9月になってから久しぶりに庭に入ったら壮絶な事になっており、驚愕しました。


KIMG4279

背の高い草が生い茂り、森のようになっています。

『国破れて山河あり』という言葉が頭を過りました。

KIMG4280



KIMG4283



グランドカバーのクラピアが花壇まで覆ってしまっています。↓

KIMG4282


9月の子供が幼稚園に行っている涼しい日を選んで数日に分けて計3時間ほど作業し、どうにか草を一掃する事ができました。





草は木かと思うくらいに太く、硬い茎となっており、処理に苦労しました。
45リットルのゴミ袋12袋分の草を処分しました。

これから冬になり、花壇に植える花も限られてくるし管理も大変なので春まではまた放置しようと思います…









久しぶりになりますが園芸関連の記事です。


ライブドアブログに移転してから初めての園芸関連記事です。
今回の投稿を機にヤフー!ブログでは閲覧制限をかけ、ライブドアブログになってからは下書き状態になっていましたが今回の記事投稿を機に今までの園芸関連の記事を全て解禁しました。







2ヶ月ぶりの園芸関連記事なのですが今現在の庭は荒れ放題となっています。



仕事、家事、育児が忙しく余裕が無かった為、半年以上放置した結果。雑草とクラピアで荒れ放題です。↓
増殖したクラピアに覆われて花壇が全く見えません💦
KIMG2676

花を刈ってないのでミツバチも例年同様大量にいます。



そして冬の間に選定したスモモでしたが全く効果なく今年も大量の実が落ちて腐って近所に悪臭を放っています。↓
KIMG2674


まさに地獄絵図です。
昨年は早朝に何千何百という数の腐った実を素手で回収しましたが今年はそんな時間もなく、放置状態です。
虫は湧くし悪臭は数10メール先まで漂うし対処のしようがありません。

KIMG2673


だれかこの問題の解決策を教えて欲しいです。



さらにイシクラゲの増殖も収まりません。↓
評判の高い『コケそうじ』という除去剤は全く効果が無いですし地元で販売されて無いですし高価なのでもう買いたくないです。
他に評判の薬をネットで調べてもほとんど既に販売されていない物ですしこちらも対処法を誰か教えて欲しいです。もはや拾うのは困難な数です。

KIMG2677



最悪の状況ですがこのまま何もできず冬になりそうです…

スモモの木は冬になって葉が枯れ落ちたら再び選定を行う予定です。
下の子が幼稚園に通うようになれば時間もできるのですがそれにはまだあと最低2年はかかるので待ち遠しいです。

早く子供が安心して遊べる庭にしたいのですが難しいです。

久しぶりの園芸関連記事です。



昨年までは早朝に行っていた園芸作業ですが今年はとても朝にそのような事をする余裕がありません。
幼い子供が2人もいると疲れきっていて早朝に目覚めるのも困難になってきました。
今年になってからほとんど園芸を行っていなかったので久しぶりに庭に行ったら雑草が物凄い事になっていました。


そして冬に選定したスモモの木には葉が生い茂り、もっと切っておけば良かったと痛感するくらいにボリュームアップしていました。↓

イメージ 1




実の数も物凄い事になっています。↓
今年はとても摘んだり落ちた実を拾う作業はできそうにないのでとんでもない事になりそうです。
イメージ 2


昨年ホワイトクローバーを植えた花壇は生い茂りすぎて見えなくなっていました。↓
あまりにも凄い勢いで生えているので全て抜いて普通の花をうえようかと思っています。
イメージ 3



同じく昨年、記念樹を植える為に作った花壇には先日記念樹としてドングリの木を植えました。↓
子供といえばドングリを集めているイメージがあるので子供に喜んでもらおうと思って植えましたが子供がドングリに興味がある年齢までに実るのか心配です。
イメージ 4


本格的な夏が来る前にやりたい事が色々とあるのですが時間が無いのがつらいところです。




半年ぶりの園芸記事です。


2人目の子供が産まれてから園芸の為の時間が確保しにくくなった為、庭は放置気味です。


最近は1ヶ月ぶりに庭に行ったら大量のイシクラゲが発生していて驚きました。
黒い点々がイシクラゲです。
イメージ 1


イシクラゲとは藻の一種でワカメのような気持ちの悪い見た目です。↓
水捌けの悪い土壌で繁殖するらしいのですが今まで何も無かったはずなのにいきなり増えていて驚いています。
イメージ 2



ネットで調べてスプレーを購入して散布したのですが全く効果が無いので諦めて地道に拾い集めています(+_+)

イメージ 3





園芸の方ですが1月に大規模な剪定を行いました。

スモモの木が垂れ下がっていて夏に実がなった際に地面に付いてしまい、すぐに腐敗してしまうので地面に近い枝を全て切り落とす事にしました。↓

イメージ 4



昨年の夏にはゴミ袋5杯分の大量の腐った実を拾い集める地獄の作業を行いました。
そうならない為に冬の間に枝を多く切り落として夏になる実の数を今のうちに減らしておこうという算段です。


スモモの木の奥に生えている夏蜜柑の木も同様に垂れ下がっている枝が多いので剪定する事にしました。↓
夏蜜柑も昨年の夏に腐った実を拾うのに苦労したので今のうちに実を取ってしまいます。

イメージ 5


夏蜜柑はこの時期に実がなるのですが食べ頃は5月頃になります。
しかしその頃になると落ちる実も多く、家族は誰も食べないので大量の実を夏場に取って近所に配るのですが垂れ下がっている枝が多くて実を取る作業が大変なので垂れ下がっている枝は出来る限り切ってしまいます。

イメージ 6


ひらすらノコギリで枝を切る作業を1日1時間、3日かけて行いました。
こちらは切り落とした枝です。↓

イメージ 7


かなりたくさんの枝を切る事ができました。

イメージ 8



切ったばかりの断面です。↓
ここから腐らないように切り口には防腐剤を塗りました。
イメージ 9

この時期になるまで剪定を行わなかったのは真冬だと虫がいないですしスモモの木は葉が全て落ちて剪定しやすいからです。


イメージ 10



今回大量に取った夏蜜柑の実は捨てようと思っていましたが欲しいという方が何人かいたので食べ頃では無い旨を説明し綺麗な物は譲りました。↓

イメージ 11

実際に自分でも食べてみましたがまだかなり酸っぱかったです。



こちらは今現在のスモモの木の様子です。↓
例年通り花が咲き始めました。
今年は枝をかなり伐採したので花の数も少ないのです。
イメージ 12

あとは夏にどれだけの葉が生い茂り実がなるかを見てから来年の冬にさらなる剪定を行うが判断したいと思います。




9月の中旬に庭の季節に合わせて装飾を変えているエリアを秋仕様にしました。


夏に飾っていたヤシの木を抜いて散りばめていた貝殻やヒトデのオブジェを回収していきます。

そこでヒトデのオブジェが溶けて気持ち悪い事になっている事に気が付きました。↓

イメージ 1


夏の間はあまりの酷暑に庭に出る事がほとんど無かったので回収するまで気が付きませんでした。
屋外に置いただけで溶けてしまうとはいったいどんな素材のオブジェだったのか調べてみると驚きの事実を知りました。
ヒトデのオブジェは本物のヒトデを基に作られていたのです。
今までずっとレジンなどの素材かと思っていたので驚きました。
どうやら本物のヒトデを薬品に漬けて殺菌、漂白してから乾燥させた物がオブジェとして売られていたみたいで珍しくない事なのでそうです。

雨に晒されて水分を含みグチャグチャの元のヒトデに戻っていたのだと知ると余計に気持ち悪くなってきました…
次回からは買う時に素材を確かめようと思います。






さてハロウィンの飾り付けですが大きめのカボチャのオブジェが欲しくて雑貨屋を回って探したのですが良い物が見つからず…

しかしダイソーに行ったらちょうど良い物が見つかりました。

大中小3サイズの陶器のカボチャのオブジェがあったのです。

一番大きい物は300円しますが普通に雑貨屋などで買うよりずっと安いですし庭に置いても目立つサイズなのでとりあえず4個買いました。

その他のサイズの物も1個ずつ買い、3つ縦に重なっているカボチャのオブジェもあったので購入しました。


陶器の物と違いリアルなカボチャのオブジェもあったのですが発泡スチロール製で庭に置いたら風で飛んで行ってしまいそうなので半田ごてで底を溶かし、中を空洞にしてセメントを詰めました。↓


イメージ 3




あとは購入したカボチャを庭に設置するだけです。
合計9個のカボチャを設置しました。↓


イメージ 2


カボチャ畑のようです。

イメージ 4


大小様々なサイズのカボチャが並んでいます。

イメージ 5


今回の装飾はほとんど買った物を並べただけで済みました。
合計金額も1500円以内に収まり良かったです。





話しは変わりますが夏前に植えた朝顔が未だに咲いています。



しかもスモモの木に纏わりつき、木に咲いた花のようになっています。↓


イメージ 6


木に朝顔の花が咲く変わった風景が楽しめます。

イメージ 7





↑このページのトップヘ