1/150の焼津

焼津市をモデルにしたNゲージの街並みを作っています。焼津の街並みをそのまま模型化するのでは無く、近隣の静岡市、藤枝市など地元の思い出深い風景、柴又やハワイの要素も取り入れた街並みを制作中です。

カテゴリ: 食品&スイーツサンプル

ドールハウス展に関する記事の続きとなります。

今回は日本の風景を扱った作品を紹介していきます。


前回の記事で紹介した西洋風のドールハウスと印象が大きく異なる日本の懐かしい昭和の時代を切り取ったようなドールハウスも展示されていました。


こちらの作品はドールハウスと言って良いのかわからないような屋外の風景まで再現している緻密なジオラマでした。↓

20200820_102849

こういった作品の方が個人的に大好きです。
ずっと眺めていたくなります。

駐車場や自販機、工事現場も再現されています。↓
こうして見るとドールハウスは女性だけの趣味だという概念は覆されます。
20200820_102907

自販機の内部など、至る所に照明が施されているのも興味深いです。

20200820_102912


20200820_103005


20200820_102922

裏側に回ると建物の内部が見えるようになっていました。↓

20200820_102947

雀荘の内部など小物の緻密さに圧倒されます。

20200820_102950

20200820_102957


昭和らしいパチンコ屋のドールハウスもありました。↓
雀荘やパチンコ屋など「ドールハウスらしくない」と思われていた俗的な題材なのが興味深いです。
20200820_103405

20200820_103433

こちらは屋根を外すと内部が見られるようになっていました。↓
パチンコ台一つ一つが再現されています。
20200820_103450


20200820_103443


他にもパチンコ屋を題材にした作品がありました。↓

20200820_103519

20200820_103526


20200820_103536


他にも日本的な題材の作品が多くありました。↓

20200820_103548


子供部屋を再現したドールハウスもありました。↓

20200820_104017

こういった作品は昔のリーメントのぷちサンプルを収集していた僕としてはとても興味深いです。

20200820_104034


20200820_104027


20200820_104024


次回はミニチュアフードを中心に紹介していきます。



昨夏に藤枝市で行われていたドールハウス展に行って来ました。

20200820_104643

これまでこのブログでリーメントのぷちサンプルシリーズなどのミニチュアフード等を紹介してきた通り、そういった物が大好きなのでとても興味深い企画展でした。

ドールハウスと言えばかつて僕の中ではヨーロッパの女性や子供の趣味といった印象が強かったのですが今回の展示会でもそんな印象と近い西洋風のドールハウスも数多く展示されていました。

20200820_102202

20200820_102242


20200820_102833

20200820_103809

20200820_103819

不思議の国のアリスをモチーフにした作品も数多く展示されていました。↓

20200820_103830


20200820_103837

中央にアリスの映像が流れる仕掛けのあるドールハウスもありました。↓

20200820_103050


20200820_104530

映画 『ローマの休日』をモチーフにした作品もありました。

20200820_103937



さらに最新技術を取り入れた展示もありました。

映画『雨に歌えば』のワンシーンを再現したジオラマなのですが映画撮影を行っているスタッフや撮影スタジオの様子まで詳細に再現されていました。↓

20200820_102553

これだけでも十分見応えがありますがジオラマに映像が投影されてジオラマの中でキャストが本当に動いて見えるのです。↓

20200820_102510

さらに雨の映像も投影され、ジオラマの中で本当に雨が降っているように見えるのです。

20200820_102640

それだけではありません。

ジオラマの展示されている場所の奥にグリーンバックのスペースがあり、そこに立った人の姿がジオラマに投影されるのです。

なのでジオラマの世界に投影されているキャストと共演する事ができます。

ちなみにグリーンバックのスペースには帽子と傘も用意されていました。

映画好きにもジオラマ好きにもたまらない展示でした。
次回に続きます。

静岡市にあるゴミ処理施設『沼上清掃工場』に併設されている沼上資源循環学習プラザ、通称『しずもーる沼上』に行ってきました。

20200618_105401

この施設ではリサイクルやゴミを減らす工夫について学ぶ事ができます。



様々な展示があり、小学生の社会科見学向きだと感じました。


20200618_104745

20200618_105136

子供を連れて行ったのですが普段は触る事の無いリサイクル品の集積ボックスなどを触る事ができ、興味津々でした。


20200618_104959


20200618_104945


『もったいないハウス』という展示スペースには実際に捨てられていたまだまだ使えそうな品々が展示されていました。↓

20200618_104558

こうして見ると確かに「もったいない」と感じます。

20200618_104258




他にも4人家族が1年に出すゴミが展示されていました。↓
圧巻の量です。こうしてまとめて1年分を見る事が無いのでこんなにあったのかと驚かされます。

20200618_104306





僕にとっても興味深い展示もありました。


ジオラマの展示です。↓

20200618_104613

清掃工場や学習プラザの建物が再現されたジオラマが展示されていました。

20200618_104621



さらに食品サンプルの展示もありました。↓

20200618_105327


食品サンプル収集を趣味にしている者として嬉しい展示でした。



先ほど紹介した『もったいないハウス』には下から覗くと見える生ゴミの食品サンプルがありました。↓


20200618_104405

潜れるスペースがあり、そこから上を見ると生ゴミが見えるようになっていました。


今まで色々な食品サンプルを見てきましたが生ゴミの食品サンプルを見たのは初めてです。
とても興味深かったです。

20200618_104451


遊具は無いですが子供とちょっとしたお出かけには良いなと思える施設でした。




話しは変わりますがこの施設に向かう前に近くにある今宮公園にも行ってきました。
この公園にも専用の駐車場が無く、周辺は住宅街でコインパーキングも無いのですが公園の入り口付近に駐車できそうなスペースがあるのでそこに停めれば良いとネットに書かれていたので行ってみたのですがそのスペースの柵に駐車禁止の看板がありました。
なので諦めて公園で遊ぶ事はできませんでした。
高松公園もそうですが駅周辺ならともかく郊外ですし周囲にコインパーキングも無い場所なので公園の敷地を上手く利用して専用駐車場くらい作ってほしいと強く思いました。


ウナギのかば焼きの食品サンプルを中古で購入しました。


ゲームセンターのプライズ品だったようでパロディ感のあるパッケージになっていました。↓
その名も「うなぎのバカ焼き」です。

KIMG5039




KIMG5040



パッケージを開けて実物を凝視しましたがなかなかの出来です。↓
実物大でボリュームもあります。
KIMG5041


パリパリの皮の焦げ目もリアルです。↓

KIMG5044



金色の塗装のところがあるなど、面白い表現の仕方もありました。↓

KIMG5042



裏側は全く表現されていません。↓
このギャップが食品サンプルの面白い所ですね。
KIMG5043





明らかに蒲焼きのタレとは異なる色の謎の液体も付属していました。↓

KIMG5047


もしも子供が誤ってキャップを開けたら大変なので破棄しました💦


さらにフライドポテトの食品サンプルも購入しました。↓

20191209_133719


長細いマクドナルド風のポテトです。



4面のうち、1面だけ裏側という扱いなのか未加工で艶やかになっていました。↓

20191209_133842



せっかくなのでそのまま置くよりもマクドナルドのポテトを入れる容器に入れて飾ってました。↓

20191209_134115



これでより本物らしくなりました。


こちらが今現在の食品サンプルコレクションです。↓
かなり増えて棚に収めるのが大変になってきました。

20191209_134154








水産技術研究所展示室『うみしる』に関する記事の続きです。



本物の生きている魚の展示以外に模型も多く展示されていました。

主に漁業に関する模型です。

模型好きとして興奮します。


KIMG2903


KIMG2904


KIMG2905


KIMG2908



網を使った漁業の様子が模型で再現されています。↓
こうしてミニチュアで立体的に再現されているとわかりやすいですね。

KIMG2969




既視感のある模型もありました。↓

KIMG2968

ジオコレの漁船です。
まさか展示に身近な既製品を使っているとは思いませんでした。
驚きです。



こちらも既視感があります。↓
ジオコレのタグボートを改造していますね。

KIMG2970

思わぬ模型との出会いは嬉しかったです。


KIMG2961


漁業のコーナーの先には食文化にコーナーがありました。
魚の生態→漁業の仕方→食べ方という流れになっているところが面白いです。
魚に支えられて生きている焼津らしい展示です。



魚料理の食品サンプルが並んで展示されていました。↓

KIMG2962


食品サンプル好きとして興味深いです。


KIMG2963



KIMG2964


KIMG2965

思わず見入ってしまいました。


静岡県内の漁業が運営する食堂を紹介するパネルもありました。↓

KIMG2967




本物の魚を見れて模型や食品サンプルまで見られる興味深い施設でした。


入場料無料で駐車場完備なので焼津にお越しの際は是非お立ち寄りください。




話は変わりますがヤフーブログ時代に閲覧制限をかけていた『食品サンプル』の記事ですがライブドアに移転してから下書き状態になり閲覧不可になっていたので今回、ほぼ全て公開する事にしました。



以上です。











↑このページのトップヘ