1/150の焼津

焼津市をモデルにしたNゲージの街並みを作っています。焼津の街並みをそのまま模型化するのでは無く、近隣の静岡市、藤枝市など地元の思い出深い風景、柴又やハワイの要素も取り入れた街並みを制作中です。

カテゴリ: 食玩・カプセルトイ


昨夏から最近にかけて発売された子供向けのガチャポンを紹介していきます。


まずは昨年8月に発売されたガラピコぷ~のエアフレンズを紹介します。


毎年夏に新作が発売されているシリーズですが今回は新キャラとしてガラピコ忍者が登場しました。↓

20200816_200853

ガラピコ忍者はガラピコの亜流ではありますが約2年前からコーナー化もされているので馴染みのあるキャラクターです。


定番キャラクターのチョロミーとムームーは浮き輪バージョンが登場しました。↓
(チョロミーしか入手できませんでした)
20200811_102849

浮き輪は完全な輪ではなく、Cのようになっていて取り外しやすい構造でした。↓

20200811_102855


他には人形ではなく、スティックもラインナップされていました。↓

20200811_102953

チョロミーとムームーが裏表にデザインされていました。

20200811_102949

さらに2年ぶりにしずくハーモニーもラインナップされました。↓

20200811_103000

前回と微妙にデザインが異なり、星のマークの中にキャラクターが描かれておらず、クリア素材になっていて中身のきれいなビーズが見えるようになっていました。
振るとビーズがシャラシャラと鳴りました。

入手できたのは以上です。

正直毎回似たようなラインナップなので新キャラも登場させてほしいと思いました。
スキッパーさん、プッチマーゴさん、キュリオ店長は既にぬいぐるみや指人形として立体化されていますが未だに商品化していないビービルさん、タッチパッチさん、モコピット、ワルピットあたりも立体造形物として発売してほしいと思いました。



続いては『いないいないばぁっ!』のエアーフレンズの紹介です。
今回の新作は演奏ごっこがテーマという事でワンワンのデザインされたマイクやマイクを持ったワンワンの人形がラインナップされていました。↓

20200811_103150

20200811_103256

他にもうーたんと太鼓のセットなどもありましたが入手できませんでした。

こちらもどうせなら今まであまり商品化していなかったキャラクターをラインナップに加えてほしいと思いました。


そして驚いた事に今回紹介した2つの番組のエアーフレンズはアンパンマンにも流用されていました。↓


20200811_103142


20200811_160105

汎用性の高い物を作るなぁと感心します。

そういえば以前紹介したラトルも色々なキャラクターの物が出ていました。
バンダイは上手い事やってると思います。










最近入手した子供番組のキャラクター物のガチャポンを紹介していきます。



と言っても1年くらい紹介していなかったのでここ1年間に発売された物の紹介となります。


まずは『おかあさんといっしょ』の『ガラピコぷ~』に登場するキャラクターがボールになった玩具です。

1回だけやってみたところ、ムームーが出ました。↓

20200513_133135


キャラクターを無理やり球体にした斬新なデザインです。

20200513_133139


耳だけ飛び出ており、不思議なグッズだと思いました。


続いては同じ番組のキャラクターを扱ったラトルを紹介します。

ラトルとは振ると鈴の音が出るボール状の幼児向け玩具です。

1回300円だったので2回だけやってみるとガラピコとチョロミーが出ました。↓

20200513_131751

キャラクターの上半身が描かれていますがただのイラストではなく、半立体のレリーフになっており、塗装もきれいだったので驚きました。
300円でこれはお買い得かもしれません。

球体の中には星形の塊が入っていて、さらにその中に鈴が入っているようです。↓

20200513_131832


これが発売された数ヶ月後には『いないいないばぁっ!』のラトルも発売されました。


こちらも1回300円だったので2回やってみるとワンワンとうーたんが出ました。↓

20200513_131748

こちらもレリーフのようになっていて塗装もきれいでした。
ちなみに全3種でもう1種類はジャンジャンでした。

『いないいないばぁっ!』からは『ゆらゆらひもとおしマスコット』も発売されました。↓
こちらもキャラクターがレリーフのように描かれています。
1回200円なので2回だけやってみるとワンワンとジャンジャンが出ました。
20191215_215812


これは紐通し遊びをしたりカバンに付けるマスコットにもなる製品なのですが本格的に紐通し遊びを楽しみたいなら10個は必要なのでは…と思いました。

『いないいないばぁっ!』からは他にも『ころりんかたちあそび』という型はめ遊びのできるボール状の玩具が出ましたがこれは1歳半になる下の子が誤って口に入れてしまいそうなので購入を控えました。




今年の5月には『ガラピコぷ~』のライトブレスが発売されました。

こちらは腕時計のように手首に装着できる光るアクセサリーです。↓

20200513_131527


1回200円なのですが4種類すべて入手できました。

透明のベルトがきれいです。↓


20200513_131554

横にあるスイッチを押すと光ります。↓
7色に少しずつ色が変化するのでとても綺麗です。
20200513_131636

薄暗い場所で見るととても綺麗なので子供はとても喜んでいました。




面白いガチャポンを見つけたのでやってみました。


おにぎりの中から指輪が出てくる『おにぎりん具』という商品です。
このブログで幾度となく紹介しているあの忌憚倶楽部さんの新商品です。

なんとこの商品は普通のカプセルトイ用のケースでは無く、専用のおにぎり型のケースがそのまま機体から出てきます。

なので機体を見ると中におにぎりが詰まっているという驚きの光景を見る事ができます。↓

20200114_115056




おにぎり型のケースは本物さながらの実物大ですし重みがあり、なかなかリアルです。↓

20200121_092717


このケースを指輪のケースのように開くと中身の指輪を見る事ができます。↓
中身の具はいくらでした。
20200121_092725


いくらに指輪が付いていてまるでいくらが宝石のようです。↓

20200121_092734

これで300円はかなり破格だと感じました。

そこでもう1回だけやってみました。


すると今度は明太子が出ました。↓
側面の薄皮のツルツル感、断面の粒々感がリアルです。
クリア素材に塗装して表現しているのも良いですね。
20200121_092807


カプセル内に入っているミニブックもおにぎりの形をしていてこだわりを感じました。↓

20200121_092820


ラインナップはこのようになっています。↓

20200121_092854


どれが出ても嬉しい面白いガチャポンでした。


前回からの続きで昨年下半期に購入したカプセルトイを紹介していきます。




まずはパンダの穴の新作『ヤドカリ物件』です。

ヤドカリ物件とは「人間と同じように家を持つようになったヤドカリ」という設定のカスツムリと似たようなコンセプトのフィギュアです。


1回だけやってみるとタテアナシキヤドカリが出ました。↓

KIMG5000


竪穴式住居に住んでいるヤドカリです。
一番微妙な物が出てしまいました。

KIMG5001


コダテヤドカリやラーメンヤドカリならNゲージに流用できるかも…と思っていましたがこれは微妙です。
ちなみに1回200円でした。

公式サイトがとても凝っていて面白いのでよかったら見てみて下さい。




続いては工事現場でよく見かけるバリケードのミニチュアを紹介します。

『アニマルバリケード』というパイプを繋ぐ支柱のミニチュアです。↓
1回だけやってみるとタヌキが出ました。

KIMG4999


最近このような動物をモチーフにしたバリケードを町中で見かけます。
近所だと藤枝バイパス広幡インターと東名高速道路焼津インターの間で10年以上行っている道路工事の現場で見かけます。
イルカや富士山など色々なモチーフがあって面白いです。



今回の製品ではウサギやカエルなどがラインナップされていましたが1回200円で支柱1個とパイプ2本しか入っていないので寂しいです。
最低でも5回くらいやらないとまともなバリケードは作れないと思います。
ちなみにパイプを外してボールチェーンに差し替える事も出来ました。↓
KIMG4998



以上でカプセルトイの紹介は終わりです。



昨年の下半期に購入したカプセルトイを紹介していきます。


まずは1/400スケールの山手線の模型『Cゲージ』です。↓

KIMG4995

1回300円だったので1回だけやってみました。


山手線の車両2両と直線レール2本のセットです。↓
屋根と顔は別パーツです。
KIMG4993



側面は印刷で表現されていました。
顔はモールドと塗装で表現されています。↓
このサイズ、値段でこれは凄い方だと思います。
KIMG4996

屋根のクーラーやパンタグラフの表現も細かいです。↓
墨入れすればもっとリアルになると思います。
KIMG4997



底にはパチンコ玉のような鉄球が仕込まれていました。↓
これでレール上を滑らかに走れます。
KIMG4994

1/400といえばZゲージの半分のサイズです。
今まで触れた事の無いスケールだったのでどう扱ったら良いのかよく分かりませんが試しにレイアウト上に置いてみました。



まずはNゲージのレール上に置いてみました。↓
レールの間に見事にはまりました。
KIMG5034



続いては自動車と一緒に撮影してみました。↓

ちなみに車両は専用レールの上でないと鉄球の影響で車両が傾いてしまいます。
KIMG5035


続いては人形と一緒に撮影してみました。↓
Nゲージに置くなら公園の遊具やオブジェとして活用できそうだと感じました。
KIMG5037


次回もカプセルトイの紹介をしていきます。

↑このページのトップヘ