1/150の焼津

焼津市をモデルにしたNゲージの街並みを作っています。焼津の街並みをそのまま模型化するのでは無く、近隣の静岡市、藤枝市など地元の思い出深い風景、柴又やハワイの要素も取り入れた街並みを制作中です。

カテゴリ: 日本沈没系

清水港に『掘削船ちきゅう』が停泊しているという情報を耳にしたのでさっそく行って見て来ました。

初めて実物を見ました。

凄い迫力です。

『ちきゅう』といえば映画『日本沈没(2006)』で活躍していたのが有名ですね…いや、そんな有名でもないですね。

大きな青い鉄塔みたいなのが特徴的です。

イメージ 1


たしか映画の中では主人公たちが塔の上に登っていた気がします。

実は映画の公開当時に発売された劇中で活躍するメカニックの模型を数点持っているのですが(何年か前にこのブログでも紹介しましたが)その中にこの『ちきゅう』も含まれていました。

しかし…

何故か特徴的な青い鉄塔が取れてしまっていて探したのですが見つかりませんでした…残念です。
イメージ 2


とりあえずレイアウト上の海に乗せてみました。
イメージ 3

何分の何スケールなのか分かりませんけど凄く小さいです。
イメージ 4

Nゲージの漁船とほぼ同じ大きさ…


Nゲージのスケールにしたらどれだけ大きいのだろうか…

イメージ 1

イメージ 2

デアゴスティーニから発刊されている東宝特撮映画DVDコレクション4号『日本沈没』を購入しました。
静岡では先行発売されていますが全国ではまだ出回ってないらしいですね。

ページ数が少なくて内容も薄い感じです…

でも好きな作品だと買ってしまう…日本沈没(旧)はリメイク版よりも恐怖感、パニック感が強くて好きです。
なにより日本が沈むっていう恐怖、逼迫感。それがこの映画の醍醐味だと思うのですが…リメイク版は映像はともかく恐怖感も無ければ緊張感も無かったですから…

イメージ 1

またまた日本沈没をイメージしてみました。
分かりづらいけど109が倒れるシーンを
円筒形のビルで再現。
無理があるな…。

でも日本沈没はあまり好きではない。
渋谷の崩壊シーンならドラゴンヘッドの方が
断然良かったな。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

ゴジラ達によって破壊された街。
レスキューのヘリが救助活動を行ってます。
ガソリンスタンドと倒れた電柱、歩道橋が印象的だった
日本沈没のオープニングをイメージしました。

↑このページのトップヘ