船の公園といえば静岡市の広野海岸公園の帆船の遊具が有名です。
それには遠く及ばない小さなものですが焼津にも船の形をした遊具のある公園があります。

焼津市は漁業が盛んな海の街だからなのでしょうか…



ますは焼津市内にある石津西公園(通称みなく~る)に行ってきました。


この公園は何年も前から周辺の区画整理と並行して少しづつ作っていて今年の3月にようやく完成しました。
完成したエリアから随時開放してしていたので昔から遊ぶ事ができていて未完成の段階から人気の高い公園でした。

20200415_170248


幼児でも遊べる安全性の高いブランコがあるので重宝しています。↓

20200415_163544

幼児用の遊具が充実しているので昔からよく利用していました。





少し年齢が高い子供向けの複合遊具は海の街焼津らしい船の形をしています。↓

20200415_165824


20200415_164912


遊具の随所には海を連想させるデザインが施されています。↓

20200415_164354


20200415_164902


20200415_165543


望遠鏡や伝声管など海賊ごっこや冒険ごっこがしたくなるような装飾もありました。↓

20200415_165802


船の遊具のすぐ隣には波とタコの足を思わせるデザインの滑り台もありました。↓

20200415_164623




この公園は駐車場も整備されていて広い芝生の広場もあるのでお勧めの公園です。
災害の時にはかまどになるベンチがあったりと焼津市内最大規模の防災公園でもあるので市民にとって重要な場所でもあります。



続いては下小杉児童公園を紹介します。

ここは静浜航空基地のすぐ近くにあり、飛び立つ飛行機を近くから見る事ができる公園です。

ここにも船の形をした遊具があります。↓

20200428_113312


20200428_110817


ネットか階段を使って一番高い見張り台まで登れますがただ登れるだけで滑り台なども無いのでちょっと寂しいです。

滑り台は後ろの方に一か所だけありました。↓

20200428_111033


20200428_111218

船体の中にも入れて中から大砲を左右に動かす事ができます。↓

20200428_110858



この公園の魅力は船の遊具だけではありません。
むしろメインは複合遊具だと思います。↓

20200428_110741


20200428_114633


20200428_113832


今まで色々な複合遊具を見てきましたがこれは今まで見てきた複合遊具には無かったデザインです。↓

20200428_112351


鏡を使った珍しい仕掛けもありました。↓
痩せて映る鏡だそうです。

20200428_112357



幼児向けの小さな複合遊具もありました。↓

20200428_111405


車のハンドルを象った仕掛けもありました。↓
シフトレバーまで再現されているのは珍しいと思います。
20200428_120128


この公園には他にも卵のような形のトイレがあるなど小さいながらも見所豊富な公園でした。
駐車スペースも狭いですがありましたしまた行ってみたいと思う公園です。

20200428_120104




最後に紹介するのは八楠公園です。
焼津さかなセンターの隣にある公園です。

ここには船の形をした大きなアスレチックがあります。↓

20200423_115602

大きな滑り台や回転型滑り台もあり、遊び応えのあるアスレチックです。

20200423_115624


20200423_115457

ターザンロープもあります。↓

20200423_114508


20200423_114939



20200423_114801



20200423_114741



20200423_114528

このアスレチックは僕が子供の頃からあります。

駐車場が小さいながらもあるので車でアクセスしやすいですし焼津さかなセンターに行った際に寄ってみるのもいいかもしれません。



以上、焼津市内にある船の形をした遊具のある公園3連発でした。


話しは変わりますがとうとう焼津市のお隣、藤枝市で新型コロナウイルスの感染者が出てしまいました。
周辺の静岡市、榛原郡、島田市でも既に感染者が発表されており、焼津市は陸の孤島のような状態です💦
これではいつどこで市中感染してもおかしくないですし不安な日々を過ごしています。
周辺地域の感染報告者のほとんどが他県に行って感染しているので他県への移動を自粛して感染防止を心掛けている人間からしたらやるせない気持ちになります。