1/150の焼津

焼津市をモデルにしたNゲージの街並みを作っています。焼津の街並みをそのまま模型化するのでは無く、近隣の静岡市、藤枝市など地元の思い出深い風景、柴又やハワイの要素も取り入れた街並みを制作中です。

2020年06月

今年に入って半年も経ってしまいましたがレイアウトの新しい部分を作っていきます。



まずは帝釈天の境内の中で最も大きな建物となる帝釈堂を作っていきます。


材料はジオコレのお寺A3を2箱と童友社の陽明門のプラモデルです。↓

20200322_200704





陽明門のプラモデルは以前、二天門の制作の際にも購入しました。
このプラモデルはNゲージとスケールが近く、唐破風の屋根の再現に非常に向いています。



まずは帝釈堂の拝殿の方を作っていきます。

千鳥破風はお寺Bの楼門の屋根を使って再現します。↓

20200322_224402


これをホットナイフでカットしてお寺A3の屋根に接着させます。



次に唐破風を再現する為にお寺A3の屋根の前に突き出ている部分をカットします。↓

a




このカットした手前の部分を陽明門の屋根の唐破風の部分と差し替えます。↓

20200322_224358





陽明門の唐破風部分をホットナイフでカットしてお寺A3に接着しました。↓


20200327_223924




千鳥破風は不器用できれいに切れなかったので接合部をパテで埋めて誤魔化します。


拝殿と内殿の屋根も繋げますが良い屋根パーツが無かったので瓦の形が違いますがGMの瓦屋根プレートを使って繋ぎます。


あとは継ぎ接ぎの屋根を誤魔化す為に統一の色に塗装します。↓

20200408_223900


20200408_223855




あとは接合部をもう少しきれいに整えて墨入れを行っていきますがとりあえずこれで帝釈堂の屋根の大まかな形は完成です。


次回は拝殿と内殿を繋げる作業を行います。




子供を連れて静岡市清水区にある『秋葉山公園』に行ってきました。↓
住宅街の中にポツンとある小さな山の上にある公園です。

20200318_164122


公園からは静岡の街並みや清水区の海周辺が見渡せます。↓

20200319_114145


20200319_120343



この公園には複合遊具と長いローラー滑り台があります。


こちらの複合遊具も対象年齢は小学校低学年くらいかと思います。↓
綱渡りのように細いところを渡る遊具ですがかなり高所にあるので子供はけっこう怖いと思います。

20200318_164223

20200318_164419

20200319_110709


20200319_111119



ローラー滑り台は入り口がとても可愛らしく、おとぎ話や架空の世界を舞台にしたゲームに登場しそうなデザインでした。↓

20200318_164754


このローラー滑り台は物凄く滑りが良いのでかなりのスピードが出ます。
しかも距離が長いので子供を膝に乗せて滑っていたらお尻が熱くて痛くなりました。





ちなみにこの公園のすぐ隣には小学校があり、公園の前の車道でも子供たちが平気でボール遊びして危険だと感じました。
さらに複合遊具では中学生と思われる男の子4人組が本来は乗ってはいけないところに登ったり激しく周辺を走り回っており、遊具で遊んでいる小さな子供たち蔑ろにしていたのが残念でした。

僕が子供の頃は小学校高学年にもなれば公園や遊具では遊ばなくなったものですが最近は中学生くらいの子供でも公園の幼児用遊具で遊んでいるので驚かされます。



静岡市清水区にある『日本平運動公園』というスペースシャトルの遊具のある公園に行ってきました。
ここは高台にある公園です。



ここにはスペースシャトルを象った遊具があります。
本物よりもかなり小さいですがそれなりの大きさなので公園内でも目立つ存在です。↓

20200318_113210



スペースシャトルは滑り台になっていて外にある階段で操縦席付近から中に入る事ができます。

20200318_113344


操縦席には椅子とハンドルがあります。↓
随分と簡素な操縦席ですが子供はスペースシャトルを運転している気分で楽しめるかもしれません。

20200318_113846



スペースシャトルの周辺にはローラーの滑り台が2つありました。↓

20200318_112928

20200318_112857


ウォータースライダーのような回転のあるローラー滑り台は見た目が魅力的ですがどちらの滑り台も古いからなのかローラーの滑りが悪く、滑っている途中で何度も止まってしまいました。

20200318_114304

20200318_114527



この公園には『冒険の森』という男の子が好きそうなエリアもありました。↓

入口にはゲートやマップがあり、ロールプレイングゲームのような感じで冒険心を刺激します。


20200318_121812

20200318_115351


ゲートの先には階段が続いています。↓
階段の両サイドは斜面になっているのでちょっと怖いです。

20200318_115505



山の斜面に平均台などのアスレチックがありました。↓
対象年齢は小学校低学年くらいでしょうか。
探検ごっこ、忍者修行ごっことか楽しめそうです。

20200318_115735


20200318_120038


山の斜面の下には複合遊具がありました。↓
こちらは3歳児でもそれなりに遊べましたが本格的に楽しめるのは小学校低学年くらいかと思います。

20200318_115657

20200318_120312

20200318_120327



子供がもう少し大きくなったらまた行きたいと思える公園でした。



島田市にある先日オープンしたばかりの『島田ゆめ・みらいパーク』に行ってきました。

この公園は本当は3月にオープン予定でしたが新型コロナウイルスの影響で延期となり6月にオープンしました。


この公園には県内最大規模の遊具があり、まるで遊園地のような見た目でした。↓

大型複合遊具の横幅は70メートルもあり、公園内には80種類以上の遊具があるそうです。

20200612_153549




島田市の山奥にあるのですが焼津から車で30分程度の距離なので行くのにそれほど大変では無かったです。
公園の利用は無料で広大な駐車場も無料ですし焼津から有料道路を使わずにアクセスできます。


オープンした1週間後くらいの平日の夕方に行ったのですが物凄く混んでいました。
あまり天気が良くなく、たまに小雨が降るような日だったのですがたくさん人がいて驚きました。

20200615_110353


20200615_110850


たくさん人がいて写真を載せる為に人の写っている個所を加工するにかなりの手間がかかりました。


20200612_154630


遊具は様々な仕掛けがあり、遊び応え抜群でした。

波打つような凹凸のある通路や吊り橋のようにグラグラ揺れる通路などなど・・・↓
床が網目になっている通路もありました。
20200612_155320

20200612_155909




登る場所も線路や工具を象った凝ったデザインでした。↓

20200612_153913

島田市内にある大井川鉄道を意識しているのかSLを象った遊具もありました。↓

20200612_153726


20200612_153915


20200612_154446


複数のカラフルな滑り台が並ぶ光景は圧巻です。↓

20200612_154617


写真の奥の方に写っているのは車椅子の方でも楽しめるユニバーサルエリアとの事です。↓

20200612_155958


出来たばかりの遊具という事もあってパイプ型の滑り台は透明になっている部分の透明度が高くてきれいでしたしローラー滑り台も滑りが良くて快適に滑れました。



この大型複合遊具以外にも遊具はたくさんありました。



こちらは島田市の茶畑をイメージしたネット遊具です。↓
多くの子供がこの上で飛び跳ねていました。
20200612_161247

近くにはターザンロープや大人向けの健康器具もありました。





幼児用の遊具のあるエリアは柵で囲まれており、大きな子供が間違って入らないようになっていました。↓
砂場には屋根があったり他の遊具の上にも日よけが付いていて、好印象でした。
20200612_162334


20200612_161825


砂場を囲う壁には丸い窓があり、動物の輪郭と髭が描かれていました。↓
子供がここから覗くと可愛い写真が撮れます。

20200612_162113


狸や猪など日本らしい動物を象った遊具もありました。↓

20200612_161852


20200612_161743



青虫のベンチや滑り台など幼児向けアリアの遊具も充実していました。↓

20200612_161806

20200612_161718



自販機やトイレもありますし花壇も整備されていて本当にきれいで広くて最高の公園でした。


20200615_111111


ちなみに総事業費4億2000万円だそうです💦

最近入手した子供番組のキャラクター物のガチャポンを紹介していきます。



と言っても1年くらい紹介していなかったのでここ1年間に発売された物の紹介となります。


まずは『おかあさんといっしょ』の『ガラピコぷ~』に登場するキャラクターがボールになった玩具です。

1回だけやってみたところ、ムームーが出ました。↓

20200513_133135


キャラクターを無理やり球体にした斬新なデザインです。

20200513_133139


耳だけ飛び出ており、不思議なグッズだと思いました。


続いては同じ番組のキャラクターを扱ったラトルを紹介します。

ラトルとは振ると鈴の音が出るボール状の幼児向け玩具です。

1回300円だったので2回だけやってみるとガラピコとチョロミーが出ました。↓

20200513_131751

キャラクターの上半身が描かれていますがただのイラストではなく、半立体のレリーフになっており、塗装もきれいだったので驚きました。
300円でこれはお買い得かもしれません。

球体の中には星形の塊が入っていて、さらにその中に鈴が入っているようです。↓

20200513_131832


これが発売された数ヶ月後には『いないいないばぁっ!』のラトルも発売されました。


こちらも1回300円だったので2回やってみるとワンワンとうーたんが出ました。↓

20200513_131748

こちらもレリーフのようになっていて塗装もきれいでした。
ちなみに全3種でもう1種類はジャンジャンでした。

『いないいないばぁっ!』からは『ゆらゆらひもとおしマスコット』も発売されました。↓
こちらもキャラクターがレリーフのように描かれています。
1回200円なので2回だけやってみるとワンワンとジャンジャンが出ました。
20191215_215812


これは紐通し遊びをしたりカバンに付けるマスコットにもなる製品なのですが本格的に紐通し遊びを楽しみたいなら10個は必要なのでは…と思いました。

『いないいないばぁっ!』からは他にも『ころりんかたちあそび』という型はめ遊びのできるボール状の玩具が出ましたがこれは1歳半になる下の子が誤って口に入れてしまいそうなので購入を控えました。




今年の5月には『ガラピコぷ~』のライトブレスが発売されました。

こちらは腕時計のように手首に装着できる光るアクセサリーです。↓

20200513_131527


1回200円なのですが4種類すべて入手できました。

透明のベルトがきれいです。↓


20200513_131554

横にあるスイッチを押すと光ります。↓
7色に少しずつ色が変化するのでとても綺麗です。
20200513_131636

薄暗い場所で見るととても綺麗なので子供はとても喜んでいました。




↑このページのトップヘ