1/150の焼津

焼津市をモデルにしたNゲージの街並みを作っています。焼津の街並みをそのまま模型化するのでは無く、近隣の静岡市、藤枝市など地元の思い出深い風景、柴又やハワイの要素も取り入れた街並みを制作中です。

2019年03月

3週間ぶりにレイアウト制作の記事です。


毎日少しずつ作業していたら3週間も経ってしまいました。


ゲートをどのように作るのかは1年くらい前からずっと悩んでいました。
グリーンマックスやジオコレの商店街ゲートとは全然デザインが違うので改造のしようが無いし他にも似たような既製品は無いか探しましたが見つからないので結局自作する事にしました。




ゲートのポールはエバーグリーンのプラ棒を使います。↓
今回の為に購入しました。
イメージ 1


提灯を取り付ける部分に使えるパーツを探すのにも苦労しました。
梯子や柵などのパーツで良い物は無いか探していたのですがグリーンマックスのビジネスビルの屋上の柵がちょうど良かったので使う事にしました。↓
長さ、柵の間隔など完璧です。
イメージ 2

この柵は玉垣にも使えそうですが数に限りがあるので無理そうです。
この柵だけを別売りしてほしいくらいです。



柵を参道の横幅に合わせてカットし、ポールと接着しました。↓
これだと提灯は4個ずつ取り付ける事が可能です。
実際のゲートは8個の提灯が付いているので半分の数という事になります。
イメージ 3



提灯に使えるパーツを探すのにも苦労しました。
当初は俵のような形のビーズが無いか探したのですが見つかりませんでした。
Nゲージで提灯といえば『こばる』の製品が思いつきますがサイズが合うか分からないのでやめました。

結局良い物が見つからなかったので提灯は粘土で作る事にしました。
後から塗装するのは大変なので最初から色の付いている物を選びました。
どうせ極少量しか使わないのでダイソーで売っている少量だけの樹脂粘土は助かります。↓

イメージ 4



しかし粘土で提灯を作る作業は物凄く大変でした。↓
柵に粘土を巻いて提灯の形を作っていくのですが細かい作業ですし上手く粘土が巻きつかなくて形の形成も難しくて苦労しました。
イメージ 5



どうにか計8個の提灯を作りましたが不格好になってしまいました。↓

イメージ 6



あとはアーチ形の看板を付ければ完成です。↓
アーチを綺麗に作る為にパソコンでまず均等なアーチの図を描いてからそれをプラ板に転写してカットしました。

イメージ 7




出来上がったゲートをレイアウトに設置します。↓

イメージ 8

不格好で手作り感のあるゲートになってしまいました…

イメージ 9



イメージ 10


イメージ 11



これで参道部分はほぼ完成です。
今後は電柱や信号機を設置しますがそれは最後の仕上げの時に行う予定です。

次回からは駅周辺の作業に移りたいと思います。






昨年の夏に購入した子供用のおままごとセットですが今回追加で食材を購入しました。↓
桃、ネギ、カボチャ、キャベツ、ピーマン、魚、トマト、海苔巻、キュウリ、オムレツ、メロン、卵焼きの計12個です。

イメージ 1



断面にマジックテープがついておりサクッと切れるタイプのおままごと用の食材です。
玩具店でばら売りされていたので持っていない食材を選んで買ってきました。

他にもケーキ、ドーナツ、ピザなど身体に悪そうな食べ物もありましたが子供には出来る限りそういった食事に触れて欲しくないのでヘルシーな物を中心に購入しました。



野菜の断面には塗装が施されており、モールドで種などが表現されています。

イメージ 2

普段は見えない断面までちゃんと表現されているのを見ると嬉しくなります。

イメージ 3


ネギの先の部分もリアルに表現されていました。↓

イメージ 4


オムレツの断面は表面の色よりも少し濃く塗装されていました。↓
もしかしてこれはオムライスで断面はチキンライスの色を表現しているのかもしれません。
謎です。
イメージ 6


卵焼きは100円ショップのセリアで購入しました。↓
なかなか珍しいと思います。
イメージ 7




スイカとリンゴとイチゴが同じ大きさという無茶苦茶なスケールですが子供が誤飲しないくらい大きくて手に納まりやすい小ささを考えるとこのくらいのサイズになるのかな…と思いました。↓

イメージ 5


今現在持っているおままごと用の食材を全て並べてみました。↓
下から野菜、果物、それ以外の食べ物と3列に分けて並べました。
今回新しく購入した物は写真の左側に置いています。
イメージ 8




今後とも他の食材を見かけたら購入していこうと思います。




焼津市歴史民俗資料館で2月~5月にかけて行われている企画展「なつかしの焼津 昭和×暮らし×道具」に子供と行ってきました。

歴史民俗資料館は市立図書館の2階にあるので図書館で絵本を借りたついでに寄ってきました。
入場無料です。
歴史民俗資料館に来たのは7年ぶりになります。
イメージ 1


企画展のスペースには昔の家電や家具が並んでいました。↓

イメージ 2


昭和の茶の間をイメージしたエリアもありました。↓
映画のセットのようで面白いです。
イメージ 3


残念ながら茶の間に座る事ができませんでした。
茶の間に座って記念撮影をしたかったのですが残念です。
このように展示されています。↓

イメージ 4


イメージ 5



イメージ 6


自由に触れても良いコーナーもありました。↓
子供用にけん玉やトントン相撲が置いてあったり洗濯板なども置いてありました。

イメージ 7

自分も一応昭和生まれなのですが使った事の無い物が多く、新鮮でした。





話しは変わりますがピエール瀧さんのコカイン使用、逮捕の報道のショックで最近落ち込み気味です。
しょんないTVで2回ほど共演させていただきましたが気さくな方でとても好感の持てる方でした。
それだけに本当にショックです…






今回は最近読んだ鉄道模型に関する書籍を紹介していきます。


最近は忙しくてなかなか制作が進まないのですが空いた時間に鉄道模型に関する書籍を読んでいます。


まずは2月に発刊されたジオラマコレクション完全マニュアル5です。↓

イメージ 1



毎回発刊を楽しみにしているのですが今回は前作から5年ぶりの発刊となります。
かなり間が空きました。

内容はRMMの記事の流用が目立ちますがそれなりに楽しめました。

主にRMM260号~262号と272号と273号で特集されていたユニットジオラマの記事が載っていました。↓
ユニットジオラマは既製品ストラクチャーの改造方法や塗装の仕方が素晴らしく、感動したので参考にする為に既にRMMを購入していただけに同じ記事の転載はちょっと残念でした。
イメージ 2




他にも焼津市立図書館で見つけたNゲージ関連の書籍2冊も読みました。↓
ジオコレの既製品ストラクチャーばかり使っているところが少し気になりましたが改造例など面白いと思う所も多々ありました。

イメージ 3


以上、最近読んだ鉄道模型に関する書籍の紹介でした。












半年ぶりの園芸記事です。


2人目の子供が産まれてから園芸の為の時間が確保しにくくなった為、庭は放置気味です。


最近は1ヶ月ぶりに庭に行ったら大量のイシクラゲが発生していて驚きました。
黒い点々がイシクラゲです。
イメージ 1


イシクラゲとは藻の一種でワカメのような気持ちの悪い見た目です。↓
水捌けの悪い土壌で繁殖するらしいのですが今まで何も無かったはずなのにいきなり増えていて驚いています。
イメージ 2



ネットで調べてスプレーを購入して散布したのですが全く効果が無いので諦めて地道に拾い集めています(+_+)

イメージ 3





園芸の方ですが1月に大規模な剪定を行いました。

スモモの木が垂れ下がっていて夏に実がなった際に地面に付いてしまい、すぐに腐敗してしまうので地面に近い枝を全て切り落とす事にしました。↓

イメージ 4



昨年の夏にはゴミ袋5杯分の大量の腐った実を拾い集める地獄の作業を行いました。
そうならない為に冬の間に枝を多く切り落として夏になる実の数を今のうちに減らしておこうという算段です。


スモモの木の奥に生えている夏蜜柑の木も同様に垂れ下がっている枝が多いので剪定する事にしました。↓
夏蜜柑も昨年の夏に腐った実を拾うのに苦労したので今のうちに実を取ってしまいます。

イメージ 5


夏蜜柑はこの時期に実がなるのですが食べ頃は5月頃になります。
しかしその頃になると落ちる実も多く、家族は誰も食べないので大量の実を夏場に取って近所に配るのですが垂れ下がっている枝が多くて実を取る作業が大変なので垂れ下がっている枝は出来る限り切ってしまいます。

イメージ 6


ひらすらノコギリで枝を切る作業を1日1時間、3日かけて行いました。
こちらは切り落とした枝です。↓

イメージ 7


かなりたくさんの枝を切る事ができました。

イメージ 8



切ったばかりの断面です。↓
ここから腐らないように切り口には防腐剤を塗りました。
イメージ 9

この時期になるまで剪定を行わなかったのは真冬だと虫がいないですしスモモの木は葉が全て落ちて剪定しやすいからです。


イメージ 10



今回大量に取った夏蜜柑の実は捨てようと思っていましたが欲しいという方が何人かいたので食べ頃では無い旨を説明し綺麗な物は譲りました。↓

イメージ 11

実際に自分でも食べてみましたがまだかなり酸っぱかったです。



こちらは今現在のスモモの木の様子です。↓
例年通り花が咲き始めました。
今年は枝をかなり伐採したので花の数も少ないのです。
イメージ 12

あとは夏にどれだけの葉が生い茂り実がなるかを見てから来年の冬にさらなる剪定を行うが判断したいと思います。




↑このページのトップヘ