1/150の焼津

焼津市をモデルにしたNゲージの街並みを作っています。焼津の街並みをそのまま模型化するのでは無く、近隣の静岡市、藤枝市など地元の思い出深い風景、柴又やハワイの要素も取り入れた街並みを制作中です。

2018年12月


毎年恒例の総括記事です。

こちらが今現在の柴又レイアウトの様子です。↓

イメージ 1



昨年2017年の総括記事で2018年中に柴又レイアウトを駅周辺まで完成させると書きましたがけっきょく参道周辺の制作しかできず、駅周辺の制作は来年に持ち越しになりました。



来年の目標は『柴又駅周辺を完成させる』にしようと思います。
2019年は映画『男はつらいよ』の新作の公開もありますしモチベーションも上がりそうです。


こちらはレイアウトの全体像です。↓
今年は4月に『商業ビルA・B』、10月に『昭和のビルC2』、11月に『デザイナーズアパート』を導入したくらいで大きな変化はありませんでした。
イメージ 2


ここ数年は新しいストラクチャーが発売されたら設置するくらいしかしていないです。





そんなわけで相変わらず進捗が滞っていますが来年も宜しくお願いいたします。


話しは変わりますがようやくRMM最新号を読みました。
とても読み応えがあり、中でも高速神戸駅と鼓滝駅のレイアウトはずっと眺めていても飽きない素晴らしい作品でした。




明日は1年の総括レイアウト以外編です。




1ヶ月ほど前から始めたゑびす家の制作ですが参道側はある程度できたものの座敷席がある敷地の内側の3階建の建物の制作に苦戦していました。


グリーンマックスのビジネスビルを購入し実際の建物をできる限り忠実に再現しようとしてましたが断念する事にしました。



こちらは制作過程です。↓

イメージ 1

かなり独特な形状の建物なのでパズルのように1ピースずつはめていくグリーンマックスのビジネスビルのキットが制作に向いていると思っていたのですが想像以上に組み立てが難しく、ある程度建物が出来上がったものの歪みが各所に生じ、いくら修正しても歪んでしまいもうどうする事も出来なくなってしまいました。↓

イメージ 2


イメージ 3


建物の各所にずれや隙間が生じ、それを剥がして組みなおしても再び歪んでしまいますし隙間をパテで埋めるなど色々と誤魔化してみたものの根本的な解決にはならず、酷い有様なのでもうグリーンマックスのビジネスビルを使う事は諦めて後ろ側の建物について一から考え直す事にしました。


イメージ 4


時間とお金を相当無駄にしてしまいましたが今年はもう制作を打ち切って来年になったら再び考えようと思います。



とにかく今は自分の不器用さを呪いたいです(T_T)


















えびす家の制作の続きです。
 
 
 
建物の参道側はだいぶ出来上がってきました。↓
 
横格子のような飾りはウェーブのモールドプレートを使って再現しました。
庇屋根も同様のパーツを使っています。
柴又街道側の1階の格子のある窓はジオコレのジャンクパーツを切り取って貼り付けました。
イメージ 1
 
 
 
煉瓦を積んだようなデザインの外壁はパソコンのペイントソフトで描いた物を印刷して貼りました。↓
モールドのあるようなシートがあれば良かったのですがちょうどいい物が見つからなかったので印刷で済ませました。
イメージ 2
 
 
こうして近づいて見ると汚らしいですが最終的に手前に小物を置くなどして色々と誤魔化すつもりでいます。↓
 
イメージ 3
 
 
都道側の看板はパソコンで描いた物を印刷して薄いプラ板に貼って作りました。↓
 
イメージ 4
 
柴又街道側から入れる座敷席のある建物はまだまだできていません。↓
 
イメージ 5
次回から本格的にこちらの建物を作っていきます。
 
 
 
 
 
今日の一枚は前回同様に街中に西郷隆盛像を置いてみた写真の俯瞰バージョンです。↓
遠くから撮るとどこにあるのか一見わからないですね。
まるで「ウォーリーを探せ」のようです。
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 

秋から冬にかけて発売されたカップ麺を紹介していきます。
 
まずはQTTAというカップ麺の新作を紹介していきます。
 
 
QTTAは東洋水産から発売されている若者向けの食べ応えのあるカップ麺です。
今回は10月中旬に発売されたハンバーガー味とフライドチキン味を紹介していきます。
 
こちらがハンバーガー味です。↓
 
イメージ 1
 
 
 
 
カップ麺の蓋がハンバーガーのバンズを模したデザインになっています。
 
イメージ 2
 
  
 
 
側面もハンバーガーの断面になっています。↓
こうしたデザインにこだわりを感じます。
 
イメージ 3
 
 
 
 
出来上がりはこのようになっています。↓
ハンバーガーのパティをイメージしたと思われるミンチ肉の塊が数個入っています。
 
イメージ 4
 
 
  スープはチーズの味が強く、美味しいのですがハンバーガー味かと言われると困る…そんな味でした。
 
  
 
 
続いてはフライドチキン味を紹介していきます。
 
イメージ 5
 
 
 
 
山盛りのフライドチキンがカップに入っているところをイメージしているようで蓋や側面には複数のフライドチキンが描かれていました。↓
イメージ 6
 
イメージ 7
 
 
 
 
出来上がりはこのようになっています。↓
 
イメージ 8
 
 
 
こちらは確かに言われればフライドチキンの味がする…そんな気のする味でした。
普通に美味しかったです。
 
 
 
 
 
続いて紹介するのは12月初旬に発売されたペヤングの新作『スカルプD』です。↓
 
今まで様々な味のヤキソバを発売してきましたがこれは想定外です。
まさか食品では無く、育毛剤とコラボするとは思いませんでした。
 
イメージ 9
 
  
具材にはミネラルや食物繊維を多く含むというワカメなどの海藻類だそうです。
さらに髪に良いとされている鮭エキスや昆布パウダーも入っているそうです。
こうしてみるとかなり栄養満点で身体によさそうです。
  
イメージ 10
 
 
 
出来上がりはこのようになっています。↓
パッケージが黒かったのでどのような見た目と味なのかと心配しましたがアッサリとした塩味で美味しかったです。
  
イメージ 11
 
 
 
 
ただパッケージが凄くインパクトがあるので買う時に周りの目が気になりますしハゲている方は余計に買いづらいだろうな…と思ってしまいました。
 
以上です。

静岡ホビースクエアに関する記事の続きで今回がラストです。
 
 
 
 
まずはハセガワのコーナーを紹介していきます。
ハセガワは焼津市にある模型メーカーです。
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
イメージ 3
 
イメージ 4
木製模型メーカーのウッディジョーのコーナーでは木製のNゲージの車両やストラクチャーが展示されていました。↓
 
 
イメージ 6
イメージ 7
 
現存していない駿府城の天守も模型化していました。↓
 
イメージ 8
イメージ 9
 
 
 
1/350スケールの東京駅の駅舎もありました。↓
相当なボリュームです。
イメージ 11
 
 
 
イメージ 5
 
イメージ 10
 
 
話は変わりますが先日NHKでプラスティック・スマイルという静岡の模型メーカーが舞台のドラマが放送されました。
ドラマの舞台が模型メーカーというが面白く、しかも焼津市内にあるハセガワ本社の屋上でも撮影が行われていました。
他にも静岡市内各所が劇中に登場したので地元民として楽しめました。
模型と清水区で行われているコスプレイベントを上手く絡めた静岡らしい面白いドラマでした。
 
 
 

↑このページのトップヘ