1/150の焼津

焼津市をモデルにしたNゲージの街並みを作っています。焼津の街並みをそのまま模型化するのでは無く、近隣の静岡市、藤枝市など地元の思い出深い風景、柴又やハワイの要素も取り入れた街並みを制作中です。

2016年04月

前回のロケハン記事で紹介した居酒屋『日の出』を作っていきます。

その為にトミックスの角店セットを購入しました。↓
角店セットを購入するのは3回目となります。
使い勝手が良いのでつい購入してしまいます。
イメージ 1



この角店を縦に重ねて接着し、4階建ての建物にしました。↓
この手法も3回目です。都会的な町並みを作る際に背が高い建物の方が良いのでつい重ねてしまいます。
イメージ 2

重ねる前に窓のクリアパーツを外してから薄いグレーのスプレーで塗装を施しています。
これで色の違った外壁がひとつの色に統一されました。角店を塗装するのはそういえば初めてです。

あとは看板を取り付ける穴をプラ板で塞ぎ、ロケハンの際に撮った写真を参考にペイントソフトで看板を作っていきます。
写真を加工した物もありますがほとんどはペイントソフトで一から作りました。

これで完成です。

イメージ 3


イメージ 4


窓の形が違っていたいと相違点もあるので今後、修正していくか検討します。



今日の一枚はゴジラ対エヴェの続きです。↓
ゴジラを従えて練り歩いているようにも見えますがエヴェがゴジラに乗りかかって足で首を絞めようとしています。
イメージ 5


今日オープンする京都鉄道博物館ですが最近様々な紹介本が発刊されて鉄道ジオラマについても少しですが触れられていました。
既製品ストラクチャーが目立ちましたが広大ですし花火が上がったり夜空が広がったりとギミックが豊富なようで是非とも全容を見てみたいと思いました。

焼津駅周辺のロケハン記事の続きです。

今回は南口ロータリーの正面にある店舗を紹介します。

まずはアンビアの立体駐車場の隣、駅前通り沿いにある居酒屋『日の出』です。↓
4階建ての角店になっています。
イメージ 1


詳細は分かりませんが2階,3階はカラオケになっているようです。↓
特徴的な看板が目を引きます。
イメージ 2


この角店は大型歩道橋のエレベーターに隠れて駅舎内からは少し見え辛かったです。↓
角店の横には2つの建物が並んでいます。

イメージ 3


東大ゼミ・21という静岡県内で展開している学習塾と観光協会の入っている3階建ての建物はヤマトビルです。↓
イメージ 5


その隣にある建物は外壁の色が違うので2つの建物に見えるけども繋がっています。↓
写真右側の建物は商店長屋のように2店舗が入っているようです。
ここはかつて谷島屋書店という静岡県内に多く店舗がある書店チェーンでした。
よく見ると看板の跡が残っています。
イメージ 4



今は多国籍料理を提供するダイニングバーになっているようです。↓
『焼津栄町イヅミヤ』という看板がありました。
お洒落な店構えです。
イメージ 7


隣の店舗は金券ショップになっています。↓
近くでこちらの店舗を撮る事をうっかり忘れていたので遠くから撮った写真しかありません。
看板には薄く『ラッシュプラス1』と書かれていましたがそれは過去にあった店舗の名前で今は『チケットショップはる』という店名だそうです。
グーグルストリートビューで確認したらシャッターが下りた状態だったので店構えの詳細が不明です。
イメージ 8



たしか10年くらい前までこの建物は谷島屋書店でしたがいつの間にか閉店していました。
幼稚園の頃にここで戦隊モノの絵本を買ってもらった思い出があります。
駅前ロータリーが今のように整備される前からずっとある建物です。

調べてみたら焼津駅舎もこの元書店の建物も昭和42年の写真には既に写っていました。




立体駐車場の屋上から見下ろしたら一つの建物のはずなのに店舗の境で屋根の色や形状がハッキリと変わっていました。↓
イメージ 6




今後はこの3棟の建物を作っていこうと思っています。




ついに立体駐車場が完成しました。

イメージ 1



新しく看板や標識をペイントソフトで作って貼りました。

駐車場の入り口には駐車料金や空車を知らせる表示などを貼りました。↓

イメージ 2


出口は別の場所にあるのでそちらも進入禁止の看板を貼りました。↓

イメージ 3



ずっとシルバーだと思っていた大型歩道橋が前回のロケハンの際に思い違いだった事が分かったので立体駐車場の1,2階付近の外壁の色に合わせて再塗装しました。↓
2種のグレーとシルバーなどの塗料を混ぜて作った色です。
イメージ 4



この大型歩道橋を立体駐車場と繋げてみました。↓
近くで見ると塗装のムラ、接着剤のはみ出しなど汚い粗が目立ちますがこうして遠くから見ると結構きれいに見えます。自画自賛ですが…
イメージ 5


実際の立体駐車場は航空写真を見ると綺麗な長方形では無く、凸のような形をしているのですが正面から見た時の自分なりのイメージを模型化しました。
本当はもっと横長なのですがそれも当初の自分の頭の中にあるイメージがこのくらいだったのでそのイメージを基にした結果、このサイズに収まりました。

完成したと思っても後から見てみると歪になってしまったところなど気になる箇所がいくつかあるのでそれはぼちぼち直していこうと思っています。

イメージ 6


今後は駅周辺の他の建物も作っていきます。


話は変わりますが今月発売のRMM、鉄道模型趣味、Nを読みました。
どれも面白かったですが気になっていた今月末に開業予定の京都鉄道博物館の展示レイアウトに関して少し載ったいたのが嬉しかったです。





今日の一枚は前回から引き続きゴジラ対エヴァンゲリオンです。↓
ゴジラに向かってエヴァが飛び掛かるイメージですがカッコイイ感じのポーズやアングルが思い付かず苦戦しています。
イメージ 7



前回から引き続き立体駐車場の制作を進めています。
 
前回の記事で書きましたが建物の後ろ側の角をL字プラ棒で隠しました。↓
角が綺麗になり、引き締まった印象です。
イメージ 1


イメージ 2


 
外装を貼り終えた立体駐車場ですが1、2Fのテナントの入っている店舗スペースの製作を始めました。
独特の外壁の色は灰緑色とシーグレーとホワイトとシルバーを混ぜています。
 
ガラス戸は全てペイントソフトで描いた物を光沢紙に印刷し貼っているだけです。
もっと窓はもっと暗い色の方が良かったかもしれません。
2階の通路は床を平たい角材で作り、欄干はグリーンマックスの歩道橋のパーツを使っています。↓
 
イメージ 3


↑写真左側の黒い外壁は実際の建物は大理石のような素材で出来ています。
こちらもペイントソフトで描いた物を光沢紙に印刷し表現しています。
 
 
テナントの看板もペイントソフトで作りました。
当初は実際の写真を加工し印刷しようとしましたがペイントソフトで作った方が綺麗な看板が作れると思い、こうなりました。↓
イメージ 4

 
 
屋上の駐車スペースも作りました。↓
矢印などの表示も貼りました。
 
イメージ 5


屋上の出入り口はちょうど良いサイズの四角い物を探したところ、ジオコレの現代住宅Bの付属品の車庫を使いました。↓
もっと手軽なサイズの屋上看板があれば良かったのですが…ちょうど良い物が見つかったら差し替えようを思います。
イメージ 6

 
 
順調に制作が進みいよいよ完成が見えてきました。
 
次回に続きます。
 
今日の一枚はゴジラ対エヴァンゲリオンです。↓
今夏公開予定の『シン・ゴジラ』の宣伝の一環としてエイプリルフールに発表されたネタなのですが面白いのでジオラマで再現してみました。
街中で対峙するシーンをイメージしてみました。
イメージ 7

エヴァンゲリオンの人形は新劇場版『序』の公開時期に購入した物ですがしばらく放置していた為、角や背中のケーブルは紛失してしまいました。

ゴジラ対エヴァンゲリオン公式サイトはこちらです。↓
 
 

今回は最近食べたちょっと面白いと思った変わった料理を紹介していきます。


まずは『天丼てんや』の期間限定メニューです。

『天丼てんや』は名前の通り天丼や天ぷらを扱った和食レストラン・チェーンです。
東京をメインに全国展開していますがまだまだ店舗が少ないのであまり馴染みがないです。

今回はとても気になる期間限定メニューがあったので初めて入店してみました。

そのメニューとは『Wハンバーグ天丼』です。
名前の通りハンバーグの天ぷらが乗っている天丼です。↓
イメージ 1


ハンバーグの天ぷらなんて初めてなので気になっていました。
カロリーが凄そうですが食べ応えのありそうで美味しそうです。
ボリュームといい男性向けかもしれません。

ハンバーグ2枚、半熟卵、インゲン豆、レンコンの天ぷらが乗った天丼でバーベキューソースがかかっています。

外は天ぷらのサクサク、中身はハンバーグのジューシーと今までにない美味しさです。

イメージ 3


さらに半熟卵の天ぷらを割ると黄身がとろりと出てきます。↓
これがハンバーグ天に絡み美味しさが増します。
イメージ 2


ご飯にもよく合います。
僕はご飯を大盛りにしましたが正解でした。
これはご飯が欲しくなる味です。


今までに無い新しい美味しさを体験できました。





続きまして少し前にネットで流行った偽目玉焼きを僕も作ってみました。

こちらがその目玉焼きです。↓

イメージ 4



見た目は目玉焼きですが実は全くの別物です。
卵白はヨーグルトです。固形の物をよく混ぜてとろとろにしています。
卵黄は黄桃です。缶詰の1/2カットの物を削って少し小さ卵黄くらいのサイズにしています。

フライドポテトはリンゴです。
リンゴをフライドポテトのように細切りにしただけです。
少し放置して変色するとフライドポテトの焼き色が自然に表現できます。

見た目は本物の目玉焼きそっくりで見事に妻を騙せました。
これを最初に考えた人は天才ですね。
手軽に作れますし味は普通に美味しいですし全くの別物を使って上手く表現できる発想に脱帽です。

長谷川町子原作の『いじわるばあさん』でプリンに見立てた茶碗蒸しの話があったのを思い出しました。

以上です。



↑このページのトップヘ