1/150の焼津

焼津市をモデルにしたNゲージの街並みを作っています。焼津の街並みをそのまま模型化するのでは無く、近隣の静岡市、藤枝市など地元の思い出深い風景、柴又やハワイの要素も取り入れた街並みを制作中です。

2016年01月

今回は前回までに制作したエッグスンシングスの横の空いているスペースにカフェ・カイラを作っていきます。
 
カフェ・カイラもハワイ旅行中に訪れた思い出の場所のひとつです。
こちらの旅行記にも書きましたがボリューム満点のとても一人では食べきれないようなどっさりと盛られたフルーツがインパクト大のパンケーキが有名なお店です。http://blogs.yahoo.co.jp/wara3572/68505529.html
 
 
ホノルルにあった本店は2階建ての長屋タイプの建物でしたが正面から見た感じがタウンショップとちょっと似ています。
そんなわけでさっそく看板を付けてみました。↓
これだけで外観は完成です。
イメージ 1

 
 
店内は隣のレイアウトに置くとエッグスンシングス以上にモンキーポッドに隠れて見えないので手前部分を少しだけ作る程度にしました。
 
 
テーブルと椅子はエッグスシングスと同じ方法で作っていきます。
色は実際の店舗を意識しライトウッドにしました。↓
 
イメージ 2



 
料理は塗装で再現しようかと思いましたが細かすぎて自分の腕では綺麗に描けないと思い、実物の写真を縮小して印刷して貼ってみました。↓
立体的な食べ物でないので助かりました。
イメージ 3

 
 
これで完成です。
レイアウトに置いてみると案の定モンキーポッドに隠れてほとんど店内は見えません。↓
しかし大した出来では無いのでこのくらいで良いと思っています。
 
イメージ 4


イメージ 5


覗き込むと店内が何となく見えます。↓
今後車道に車を置いて行ったらさらに見えなくなると思われます。
店内は外壁が薄く、外の光を透過しているので明るくなっています。
イメージ 6


イメージ 7


 
 
今日の一枚は実際に屋外で青空を背景に撮影してみました。↓
やはり本物の空を背景にすると室内で撮影するよりもリアルに見えます。
イメージ 8


 
話は変わりますが今月号のRMMを読みました。
興味深い記事が多く、楽しかったです。
映画『となりのトトロ』をモチーフにしたレイアウトなど様々な『理想郷という名のレイアウト』が紹介されていました。
ジオコレの改造術も必見でした。

YSKのNゲージのアクセサリーがちょっと紹介されていましたが地元のお店で取り扱っていないのが残念です。
ホームページに詳しく載っていましたがどれも興味深い、欲しい物だらけで困ってしまいます。ネット通販は送料がかかるし何かと面倒ですし店頭で見て購入する事が出来るのが一番良いんですけどね…

 
静岡市美術館ではただ今スターウォーズ展が行われています。


イメージ 1

 
キャラクターの初期設定、コンセプトアートなどの紹介、そしてルーカス・ミュージアム・オブ・ナラティヴ・アート所蔵のコンセプトアート、コスチュームや小道具の展示が行われていました。

 
会場内は撮影禁止なので様々な展示物を写真で紹介できないのが残念です。
 
実際の衣装やドロイドスーツを見てダースベイダーやR2-D2が実際はこんなに大きかったのかと驚きました。
実際に撮影で使われた実物大のドロイドや衣装を身近で見る事が出来て感動です。
そして他にもライトセイバーなどの小道具や聖堂院のジオラマなど興味深い展示だらけでした。
展示物の多さ、密度の濃い内容に大満足です。
 

会場のすぐ外の受付の横には撮影可能なエリアがあり、ダースベイダーとストームトルーパーの実物大フィギュアが展示されていました。↓

イメージ 2

 
 
しかしこれは会場に展示されていた撮影に使われたスーツと違い、よく映画館などに置いてある展示用の実物大フィギュアのようです。

イメージ 4


イメージ 5




ウェザリングされていないので凄く綺麗ですし近くで見るとディテールがそれほどでもない事が分かります。↓
銃と手が一体形成のようですし銃に金属っぽさが無く、ソフトな感じがしました。
イメージ 3

 
等身大フィギュアの横には上半分だけ再現された帝国軍の要塞『デス・スター』も展示されていました。
ディテールは微妙ですが迫力満点の大きさでした。
 
イメージ 6


 
この展示会が今後、全国巡業をするのかは分かりませんが是非ともお勧めの内容でした。
 
 


 
スターウォーズと関係ないですが映画のキャラクターの等身大フィギュアは焼津市のお隣にある藤枝市の映画館にも展示してあります。
 
アベンジャーズのアイアンマンとハルクです。↓
どちらも実物大です。
 
イメージ 7


 
スマホのカメラで撮っているのであまり綺麗では無いです…
 
イメージ 8


ハルクは大きいので迫力があります。↓
血管の筋や肌の質感が細かく再現されています。
イメージ 9


 
 
 
他にもこの映画館にはハリー・ポッターの杖のレプリカなど、様々な映画の小道具のレプリカやグッズが展示してあるのでミュージアムとしての側面もあり、楽しむ事の出来る場所です。

前回から引き続きエッグスンシングスの制作を進めていきます。
 
 
今回は店内の様子を作っていきます。
 
タウンショップは店内の様子をモールドで再現したベースを外して置いてみると外から店内の様子が物凄く良く見えます。↓
このまま何も店内の制作を行わないとがらんどうな事が丸分かりです。
イメージ 1

 
そんなわけで店内の様子の再現は必須ですし思い出深い店内の様子の再現は楽しみのでもありました。
 
 
当初はテーブルと椅子を『さんけい』の物にしようと思っていましたが店内の様子はよく見えないのでプラ板を使って自分で作りました。↓
 
イメージ 2

 
床のフローリングは余り物の木目調シールを使いました。
プラ板にシールを貼り、その上にダイソーの木材でL字カウンターと出入り口横にある受付台を設置しました。

イメージ 3


テーブルの上に置いてある調味料と料理も作りました。↓
調味料はグァバソース、ココナッツソース、メイプルシロップの3種です。
ボトルを竹ひごで再現しましたが大きくて汚らしい感じになってしまいました。
イメージ 4


料理はハワイ旅行記でも紹介したパンケーキです。
お皿は看板制作の際に使った光沢紙の切れ端です。
その上に塗装でパンケーキと苺とブルーベーリーを再現し、爪楊枝の先端を白く塗った物をクリームに見立てて置きました。↓
ここの名物はボリューム満点のそびえ立つクリームです。
イメージ 5

隣のテーブルにはエッグベネディクトを置いています。
 

何度も建物の外から見える店内の様子を確認してテーブルと椅子の配列を決めました。
外から見た時の事を考えているので実際の配列はかなり無茶苦茶です。
 
実際に建物の外から見るとこうなります。↓
粗も目立たず意外と結構しっかりと出来ているように見えると思います。
イメージ 6


 
イメージ 9

 
店の前にはモンキーポッドの樹があるので余計に店内の様子が見え辛くなっています。↓
良い感じに誤魔化せました。

イメージ 7



これでエッグスンシングスは完成です。

このタウンショップの建物は長屋になっていて隣のスペースが余っています。
なので次回は隣のスペースにもテナントを入れていきます。



今日の一枚もハワイの道路の風景です。↓

イメージ 8

今回はエッグスンシングスという飲食店を作っていきます。

ハワイ旅行記でも書きましたがパンケーキが有名なお店です。
http://blogs.yahoo.co.jp/wara3572/68505529.html
日本国内でも展開している有名店ですね。

KATOのタウンショップを使って旅行時に訪れたアラモアナ店をイメージして作っていきます。↓

イメージ 1

数年前に購入したもののずっと放置していたタウンショップですがハワイでこんな感じの平屋造りの複合店をよく見かけたのでハワイの風景づくりに打って付けだとずっと思っていました。

このタウンショップは店内の様子がモールドで結構しっかりと作られているのですがエッグスンシングスの店内のイメージとは異なるので自分で作っていく事にしました。

まずは外観から作っていきます。↓
といっても看板を付けただけです。
イメージ 2

しかしこれだけでも雰囲気がアラモアナ店に近づいた感じです。

店内は内壁を黄色く塗装し、隣の店との境の壁を作りました。


次回からは店内の様子を作っていきます。



そしてその為に今回、激安の人形を購入しました。

店内に置く人形は外からほとんど見えないので安くて造りの雑な物にする事にしました。
ほとんど見えないであろう場所に置くとなるとジオコレの人形ですら勿体なく感じてしまいます。

今回購入したのは100体セットで400円。

イメージ 3


立っていたり座っていたりと様々なポーズの人形の詰め合わせです。

イメージ 4


1体あたり4円なので出来は安かろう悪かろうですが店内や見えづらい影になるような場所に置くのにはちょうど良いです。

塗装が斬新で奇抜で中には全身黄色の人形、全身オレンジなのに膝から下が緑の人形、手が長いのかと思ったら杖と同化しているような人形、塗装の感じがゾンビっぽくなっている人形などバラエティに富んでいます。

イメージ 5



次回からはこの人形も使って店内の様子を作っていきます。



今日の一枚はハワイの道路です。↓

イメージ 6




今回は信号機を作っていきます。
 
ビーチの近くにある丁字路はカリア・ロードとレワーズ・ストリートの交差点をイメージしていたので信号機は必要なかったのですが今現在制作中の通りはカラカウア・アベニューやカピアラニ・ブールバードのような広い通りをイメージしているので信号機を設置する事にしました。
 
とは言ってもレイアウトを作っているボードの面積の都合で道路の幅はビーチ沿いの通りと同じになってしまいました…なので道路の上に突き出すような大きな信号機は作りません。
信号機の形状や配置はドンキに向かう途中で見かけたマカロア・ストリートとカヘカ・ストリートの交差点を参考にしていきます。
 
ハワイの信号機はこのような形状です。↓
歩行者用の表示は『進め』は日本と同じような人間のシルエットですが『止まれ』は掌が表示され、その隣にカウントダウンが表示されます。
イメージ 1

 
イメージ 2



縦に並ぶ信号機はKATO製の物を切り取って縦に繋いで作っていきます。↓
 
イメージ 3


 
これを交差点一つ分の8個作りました。↓

イメージ 4


 
この縦に3つ繋いだ信号機を支柱のプラ棒と接着し、余り物のプラ板を接着して歩行者用表示板を模しました。
信号機は黒く、支柱はグレーに塗装し、歩行者用表示板にはパソコンで制作した表示を貼りました。↓
これで完成です。
イメージ 5



イメージ 6



イメージ 7



 
今回はバス停も作りました。
 
ハワイの停留所は屋根が付いています。
屋根やベンチの形には微妙な差異がありますがだいたいはこんな感じです。
この写真はブレてしまっていますがバスに乗っている際に何気なく撮った街並みの写真のひとつです。↓
イメージ 8


 
このバス停の屋根を作るのにちょうど良い素材は無いかと探しているとグリーンマックスの『門と塀』セットの日本家屋の門の屋根がちょうど形もサイズも良いのでこれにする事しました。↓
イメージ 9

 
 
この屋根の部分のみを切り取って竹ひごの支柱に接着し、塗装したら完成です。↓
ジオコレの付属品だったベンチを屋根の下に置きました。

イメージ 10

 
ワイキキ周辺には歩道にゴミ箱が1ブロックごとに設置されていてバス停の横にもたいていあるのでそれに見立ててジオコレの『雑貨屋』の付属品だった籠をダークな色に塗装して置いてみました。

イメージ 11


これで歩道も含め道路関係の制作は完了です。

ジオコレの『歩く人々』も1セット購入し、置いてみました。
ビーチから離れているので人形の服装は半袖に拘るのは止めました。

イメージ 12


イメージ 13



『今日の一枚』は交差点の様子です。↓
外車をモデルにしているDDFのミニカーを配置し、奥には背景としてジオコレの建売住宅を配置しました。

イメージ 14



↑このページのトップヘ