1/150の焼津

焼津市をモデルにしたNゲージの街並みを作っています。焼津の街並みをそのまま模型化するのでは無く、近隣の静岡市、藤枝市など地元の思い出深い風景、柴又やハワイの要素も取り入れた街並みを制作中です。

2015年12月

数日前の事になりますが焼津市のお隣、藤枝市にオープンしたスターバックスに行ってきました。
 
シアトル1号店をイメージした落ち着いた雰囲気の建物だとの事です。↓
 
イメージ 1

 
平日でしたが店の外まで行列が出来ていました。

イメージ 2


 
 
もう何年か前からスタバを誘致した事が地元では話題となっていたので満を持してのオープンです。
1週間前のオープン当日は朝から100人もの長蛇の列が出来たとニュースになっていました。

(アットエスのニュースサイト記事です。→ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151223-00000021-at_s-l22)

 
たまに静岡のスタバには行った事がありましたが家からさらに近い場所に出来て嬉しいです。
いつもはブラックコーヒーばかり飲んでいて甘い飲み物はあまり好まないのですが今回はせっかくなので季節のおすすめ商品としてメニューに大きく載っていた物凄く甘そうな物を頼んでみました。
 
ホワイト ショコラティ スクランブル ココです。↓
 
イメージ 3

 
名前を聞いただけではいったいどんな物なのか分からなかったのでメニューの説明文を読んでみると『ホワイトチョコレートとホワイトモカシロップのまろやかな甘さが広がる、ケーキ感覚の新しいホットチョコレートドリンク』と書かれていました。
 
 
それでもよく分からなかったので公式サイトの説明文を読んでみると『ガトーショコラの質感に見立てたクランブル状のビスコッティとカカオニブを混ぜこみ、ホイップクリームとシェイブドチョコレートをあしらいました。』と書かれていました。
 
けっきょく意味がいまいち分かりませんでしたが美味しかったです。
 
スタバのすぐ隣には蓮華寺池公園があり、窓際の席からは自然あふれる風景を眺めながらコーヒーを飲む事が出来ます。↓
目の前に桜の木があるので春には素敵な風景を眺める事が出来そうです。
その奥には大きな池も見えます。
イメージ 4

テラス席からは春に藤の花が見えるそうです。
 
蓮華寺池公園は大きな池を中心にした公園で季節の花が咲いていて、日本庭園などもある地元では有名な癒しのスポットです。
春には藤まつりがあり、夏には花火大会のある昔から地元に愛されている場所です。


イメージ 5


 
奥には長い滑り台があり、昔から子供たちに人気です。
 
寒いですが人が結構いて散歩していました。

東海地方のニュースサイト『東海ウォーカー』にも今回のスタバオープンの記事が書かれれていました。↓
 
 




スタバはいつかレイアウト上にも作りたいと思っています。
静岡丸井店のようなビル街の一角にある感じの物をいつか作りたいです。

先日発売されたばかりのジオコレの『駅前近代ビルA・B』を購入しました。
先月発売された『大型歩道橋』等と共に展開している『駅前再開発』シリーズみたいです。

イメージ 1


 
今年5月の静岡ホビーショーで速報を見て以来、ずっと発売を楽しみにしていました。
 
 
まずはAの方から紹介していきます。↓
狭小地にも置ける奥行きがスリムなビルです。
 
イメージ 2


表面がガラス張りになっている個性的なデザインのビルですがガラス張り部分は1階入り口部分を除いては塗装で表現されています。↓
イメージ 3

 
 
屋上の様子も再現されています。↓
 
イメージ 4

 
背面は地味ですが窓のサッシが再現されているなどなかなか良い感じでした。↓
 
イメージ 5



 
 
続いてBの紹介です。

Bは2棟セットになっています。↓
どちらも半端に余ってしまった狭小地に置きやすいサイズで嬉しいです。
 
イメージ 6


 
白いビルのCOCOと書かれた看板は最初から印刷されていました。
グレーのビルの屋上部分はガラス屋根になっていますが塗装で表現されています。↓
 
イメージ 7

 
 
どちらのビルも1階入り口部分はクリアパーツでなく、塗装で表現されていました。↓
 
イメージ 8


 
背面はどちらも各階に排気ダクトが表現されていて好印象です。↓
 
イメージ 9


 
 
早速この3棟をレイアウトに置いてみました。↓
ビル街にはまだまだビルが足りていないので今回の新しいビルの発売は嬉しい限りです。
個性的なビルが周りの街のアクセントにもなっていると思います。
看板はまたそのうち作ろうと思っています。
イメージ 10



 
ビルの表面のデザインが個性的なので表面がよく見える場所に同じビルを置くと変ですが背面は無個性ながらもなかなか良い出来なので背面しか見えないような場所用にもう1セット購入しても良いかな…と思いました。↓
 
イメージ 11

 
 
今日の一枚はハワイのビーチを望む風景です。↓
ホリゾンドはダイソーで購入した水色のフェルトです。
イメージ 12


前回の記事まででビーチ周辺の制作は完了しました。

しかし思った以上に海やビーチに割く敷地が多くてあまり街並みを作る事が出来ませんでした。
街並みといえば丁字路とジオコレの『交差点の建物C』とカメハメハ大王像のある公園だけです。↓
本当はもっと作りたいお店もあったし風景的にも物足りないです。

イメージ 1

イメージ 2




そこでボードをもう一つ用意して街並みを新しく作っていく事にしました。↓
新しく作るレイアウトは交差点を中心にしたお店が並ぶ通にしていきます。
さっそく道路部分の塗装を行い歩道を設置しました。
歩道は余り物のグリーンマックスの物を継ぎ接ぎました。
それが途中で足りなくなってしまったので他のジャンク品も使っています。
イメージ 3





既存のレイアウトとドッキングした際にどうにか収まるサイズにしたのでハワイをイメージした町並みレイアウトかなり微妙な形になっていまいました…↓
ハワイをイメージしたモジュールを作り始めた時の記事にも書きましたが既存レイアウトと壁の間の狭小スペースに置いてあります。
イメージ 4



最低限の車道の幅を確保したら奥側しかお店を設置できなくなってしまいましたが↑の写真のように既存レイアウトとドッキングしたら道路手前側にお店を並べても見えなくなってしまうのでちょうど良かったと思っています。
この通りはカラカウア・アベニューをイメージしています。
車線も少なくて道幅も全然違いますがあくまでもイメージです。



通りに並べるお店ですがハワイ旅行中に行った思い出深かったお店をピックアップしようと思います。



そこで1番最初に思いついたのはABCストアです。
旅行中は本当にお世話になりました。
少し街を歩いていると至る所にあるのでついつい寄ってしまったりしていました。


外観は各店舗それぞれ全然違うので特にどこかの店舗を模すのはやめて余っていたトミックスのスクエアビルの1階部分を使って作る事にしました。↓
いくつかの店舗は瓦屋根のお洒落な外観で青い瓦屋根が特徴的でした。
そこで庇屋根としてその要素を取り入れてみました。
イメージ 5


何のパーツだったのか忘れてしまったジャンク品の瓦屋根をリペイントしました。


だいたいどの店舗も入り口が解放されていて外から店内が良く見えるようになっているのでクリアパーツを外しました。↓
イメージ 6




店内の様子ですがジャンクパーツにKATOのストラクチャ―の付属品だった店内の様子を再現できるシールを貼って商品棚に見立てて並べました。
ジオコレの洋品店の付属品だった洋服を掛けたラックも置いてみました。↓
店の奥にもKATOのシールを貼っています。
イメージ 7


床にはベージュのタイルが張ってある感じにしてみました。
これでABCストアは完成です。↓

イメージ 8




今後も道路沿いに置く店舗を作っていきます。




今日の一枚は浜辺で語らうサーファーです。↓

イメージ 9



『こばる』のサマーセットはサマーベッドの数は少ないのですがサーフボードやゴムボート、浮き輪がたくさん余るほどありました。
 
普通にその辺に置くだけでは消化できないので余った物を集めてレンタルショップを作り、置く事にしました。
 


実際にワイキキビーチにはサーフボードなどのレンタルショップが何箇所もあります。
それをレイアウト上でも再現してみました。↓
まずゴムボートは縦に重ねて接着しました。
イメージ 1


浮き輪は爪楊枝の頭の部分に刺してあります。
 
 
サーフボードは専用の置き場をトミックスの『柵・看板セット』の柵とプラ板を使って作りました。↓

イメージ 2


 
いったい何の付属品だったのか忘れましたが小物が載っているテーブルを設置し看板を貼って完成です。↓

イメージ 3


テーブルに貼ってある看板と歩道に置いてある立て看板には英語で『ヤイヅ ビーチ サービス サーフィンレッスン&ボードレンタル』と書いてあります。
『ワイキキビーチサービス』から名前を拝借しました。
 
 
このビーチに作られた簡易レンタルショップのおかげで風景の密度が増し、カラフルさが増しました。
 
 


今日の一枚はゴムボートで遊ぶ人々です。↓
飛び交う水飛沫やエメラルドグリーンの海面が上手く表現できたかと思います。
 

イメージ 4

ビーチの小物の整理が完了し、ビーチ周辺は完成しました。

イメージ 2


 
人形はジオコレの『海水浴の人々』を3セット(36体)使いました。
これでかなりビーチも賑わいました。
 
しかし本来ビーチ周辺にいるのは水着の人だけではありません。
 
半袖などの軽装で今から水着になろうとしている人や散歩の為に普段着で着ている人も多いはずです。

そこで南国らしい半袖の人形のセットを探したのですがジオコレのラインナップは何故か長袖の人形ばかりで半袖の人形といえば夏服の学生セットくらいでした。
 
しかもそのセット内容の2/3が女子学生の人形というバランスの悪さ。
どうしてジオコレは半袖の一般市民の人形が少ないのでしょうか…
 
 
KATOの人形は割高ですが半袖の人形が充実しているので購入しようと思ったのですが地元のお店には置いてありませんでした。
そんなわけで半袖の人形を置くというプランを諦めかけていたのですが店頭でジオコレの『サッカーする人々』を見かけて閃きました。↓

イメージ 1

 
 
他の人形はモールドの都合でリペイントしても半袖を表現するのは難しそうですがこれならどうにか私服の半袖半ズボンをリペイントする事で表現できそうです。
 
 
手持ちの塗料でリペイントした姿がこちら。↓

イメージ 3



汚らしいですがどうにか出来ました。
 
これをビーチ近くの街中に置いてみました。
ポーズや塗装がちょっと不自然ですが…
ジオコレから『南国の人々』という感じの人形を出して欲しいです。↓
イメージ 4


 
今日の一枚はウミガメを見てびっくりしている人です。↓
今回リペイントした人形を早速使って撮影しました。

イメージ 5


↑このページのトップヘ