1/150の焼津

焼津市をモデルにしたNゲージの街並みを作っています。焼津の街並みをそのまま模型化するのでは無く、近隣の静岡市、藤枝市など地元の思い出深い風景、柴又やハワイの要素も取り入れた街並みを制作中です。

2014年11月

前回紹介した『交差点の建物A』の1階部分のコンビニの看板を貼り換えてミニストップにし、レイアウト上に置いてみました。
何故ミニストップなのかと言うとセブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKと他の主要大手コンビニは既にレアウト上にあるからです。
なので前々からミニストップを何処かに作りたいと思っていました。

イメージ 1




ポールの看板では無くて街中のコンビニに良くある外壁に取り付けてある看板もプラ板で制作しました。↓

イメージ 2



画質が悪くて分かりづらいですがミニストップ名物の『手作りおにぎり』ののぼりも作り、設置しました。↓
画質が悪いのは設置場所が遠いからです。
『スーパーもちづき』や『ケンタッキー』のあるレイアウト中央の交差点なので撮影には苦労しました。

イメージ 3



ミニストップ名物のスイーツのポスターも窓に貼りました。↓
期間限定の安納芋のソフトクリーム。塩キャラメルプリンパフェのポスターです。
夏にはハロハロのポスターを貼ろうと思います。
店舗の隣にある階段の途中には人形を置いてみました。
イメージ 4




あと2つの『交差点の建物』もレイアウト上に置きました。

Bはビル街の中に置きました。↓
ホビーショーでこの製品を見た時からこの辺りに置こうと思っていました。
まだ道路もまともに開通していないような場所です。
イメージ 5

周りに背の高い建物が密集していて1階部分が目視できないので特に飾り付けはしていません。
あまりにも目立たないので増設も検討中です。

写真では結構良く見えていますがこれは手を伸ばして上から頑張って撮影しているので良く見えるのであって実際には周りの建物に隠れていてこのビルをまともに見る事は出来ません。

イメージ 6





Cは特に置く場所が無いので空きスペースに仮置き中です。↓
1階入り口の階段が出っ張っているので道路に食み出してしまったりして置き場所に結構困っています。

イメージ 7



今日の一枚では今回制作したミニストップをさっそく使ってみました。↓
ミニストップ名物のバニラソフトを買い食いしている女子学生です。
手元にある人形の中でこの人形がちょうど片手で何かを持てそうなポージングだったので用いました。
ソフトクリームは木片を使いました。コーン部分は木片そのままの色、クリーム部分は塗料です。
ちょっと大きすぎる気もしますが意外と上手くあったと思います。
イメージ 8


ミニストップのソフトクリームは濃厚で美味しいですね。
店の前は良く通るのですがなかなか購入する機会が無くてもう10年くらい食べてないですが…
ハロハロも夏になるたびに買おうと思うのですがなかなか機会がなくて気が付くとシーズンが終わっていたりして今まで1度しか食べた事がありません…
気になる期間限定スイーツものぼりやポスターを見て購入意欲が沸くのですがいつの間にか期間が終わっていたりします。

先月末に発売されたジオコレの『交差点の建物A』を購入しました。
 
1階部分がコンビニなっている3階建てのビルです。↓
 
 
イメージ 1

 
 
コンビニの看板が『コンビニエンスストア』とそのままのシンプルな名前なのが潔くて好きです。↓
周りの風景に馴染み易そうな外観も好印象です。

イメージ 2

 
 このゴチャゴチャとした感じの外観と1階部分がコンビニになっている所が凄く良くて今回発売された交差点の建物3種の中で最も気に入っています。
 
 
イメージ 3

 
 
 
 
そしてこのAの建物の最大の特徴なのが1階の店舗の横にある上り階段です。↓
郵便受けまで付属しているのが嬉しいです。
 
 
イメージ 4


 郵便受けがモールドなしの印刷だけではありますが気にしません。
 これだけ細かければ十分です。
 
イメージ 5

 
 
 
 
この階段の部分のパーツは別売りの『地下鉄入り口』と交換する事も出来ます。
『地下鉄入り口』は既に購入済みだったのでさっそく交換してみました。↓
 
(『地下鉄入り口』購入時の記事→http://blogs.yahoo.co.jp/wara3572/65998657.html

イメージ 6

 
これはこれで奥行きがありますし都会的でいい感じです。

イメージ 7


 
そしてなんと今回購入した『交差点の建物A』には地下鉄入り口のベースが高い事を想定したミニ階段が付属しています。↓
このミニ階段は「『地下鉄入り口』に付属していろよ」前々から思っていたので今回初めてこのようなミニ階段パーツが1つだけこの建物に接続する為だけに作られた事に驚愕しました。

イメージ 8


今回は試しに地下鉄入り口を建物にドッキングさせてみましたが地下鉄入り口は既にレイアウト内で活躍しているし何よりも既存の上り階段に付属している郵便受けが気に入っているのでレイアウトにこの建物を置く際は通常の上り階段パーツのままでいこうと思います。


さて今回紹介した3種の建物には共通のシールが付属しています。↓
大きな看板シールはホビーショーで展示されていたように別売りの『野立て看板』を屋上に置く事を想定しているのでしょう。
(ホビーショーで展示されて物の記事→http://blogs.yahoo.co.jp/wara3572/67343453.html
コンビニの看板も交換できますが『ニューマート』と書かれたスーパーマーケットのような名前のダサい架空の看板なので実在するコンビニの看板に差し替える予定です。
イメージ 9



そんなわけで次回は今回購入した交差点の建物3種をレイアウトに置く為に看板などの整備を行っていこうと思います。






今日の一枚はビル建設現場の入り口です。↓
大型の特殊車両が道路に出ていくシーンです。
イメージ 10


道路に誘導している作業員は本来ならクレーンに指示をしているポーズだったと思うのですが交通誘導しているポーズにも見えそうだったでここに設置しました。

面白いガチャポンを見かけたのでやってみました。
その名も『映画館の椅子』です。
 
ガッチリとした見た目、両脇のドリンクホルダーなどまさに映画館の椅子です。↓
 
イメージ 1

 
 
 
手動のギミックもあって本物の映画館の椅子のように折りたたむ事が出来ます。↓
 
イメージ 2



 
今まで学校の椅子と机やパイプ椅子のガチャポンは見た事がありますが映画館の椅子は初めて見ました。
確かに椅子の中でも特徴的ですし目の付け所が良いですね。
 
プラモデルなどでは理科室やオフィスやレストラン等の机と椅子が模型化されていましたが映画館の椅子の模型化は初ではないでしょうか。
 
 
イメージ 3

 
 
 
ドリンクも付属しています。↓
無くしてしまうそうなほど小さいです。
 
イメージ 4

 
 
これはもちろんドリンクホルダーに置く事が出来ます。↓
椅子の左右にはつなげる為の穴が付いているので沢山購入してつなげてみればまさに映画館の風景が再現できそうです。
イメージ 5

 
 
ラインナップは僅か4種類。
しかもカラーバリエーションのみの違いなので集めやすいと思います。↓
50個くらい集めて映画館のジオラマを作ってみるのも面白いかもしれません。

イメージ 6





他にも面白い物がありました。
かつてこのブログで紹介した事のある衝撃的なCMのキャラクターがなんとガチャポンでフィギュア化されました。
(CMを紹介した記事→http://blogs.yahoo.co.jp/wara3572/67271659.html

日清カレー飯のキャラクター『カレーメシくん』です。
前に紹介しましたがシュールなCMがじわじわと好評で静岡ホビーショーでは自作のフィギュアの展示もありました。




こちらが今回見かけたカレー飯のフィギュアストラップのラインナップです。
全6種で全て別造形、CMに登場するキャラクター達をそのままの形でフィギュア化していて好印象です。↓
この付属小冊子にも微妙な拘りを感じます。
イメージ 7


そんなラインナップの中で僕が入手したのはこちら。↓
『兄さん』でした。
普通のラレーメシくんが欲しかっただけに残念ですがこれはこれで良しとして1回だけで止めておきました。
イメージ 8



同じ黄色に見えてパンツや靴は艶消しなのにタイツは艶ありの塗装でやっぱり謎の拘りを感じますね。

イメージ 9






さらにもう1つ紹介しますが先日友人と回転寿司チェーン店『くら寿司』に行った際に5皿食べると抽選権を得られるガチャポンで当たりを出したら出汁巻き卵が出ました。↓
卵の上に乗っているのは大根おろしと葱でしょうね。
イメージ 10


この記事で紹介したサイドメニューシリーズのシークレットだったみたいです。↓


出来ればシークレットでは無く普通にラインナップされている物が欲しかっただけに残念でした。
まぁ無料同然ですしそれなりの出来なので良いんですがね。

イメージ 11



以上です。

10月末に発売された『交差点の建物』A,B,Cの3種を購入しました。
Aはまだ未開封なので先にBとCを紹介していきます。


まずはBを開封してみました。↓
さすがジオコレ。相変わらずパーツは少なめです。
2階~4階部分は一体構造になっていてもう一つ同じ製品を購入すればこの部分に同じパーツを差し込んで増設する事が出来ます。
逆にこの2階~4階部分のパーツを外すことで背の低い1階建ての建物も作れるという事です。
イメージ 1


センターの所に妙な上下のズレがありますね…なんでしょうかこれは。↓

イメージ 2

ちなみにまだ窓(プラ板)は付けていません。
しかしホビーショーで展示されていた物と違い窓が透明で安心しました。
(ホビーショーで展示されて物の記事→http://blogs.yahoo.co.jp/wara3572/67343453.html


屋上が寂しいので何れ看板を設置したいと思います。↓
どうせこの土台の舗道は使わないので付属品のガードレールも取り付けていません。
イメージ 3


裏側。↓
関係者用の通用口もあります。
シンプルでちょっとおしゃれな背面です。
イメージ 4



イメージ 5




続いてはCの紹介です。
こちらの建物は増設が不可能なので1階~3階まで一体造形です。
1階部分の入り口が高い位置にある為、階段パーツが付属しています。
イメージ 6


横浜にありそうな煉瓦造りのお洒落な建物です。↓


イメージ 7



イメージ 8




階段パーツはランナーから切り離したあと未処理なので汚いですが何れ手直しします。↓
この入り口周辺は墨入れ処理すればより重厚で趣のある感じになりそうですね。
イメージ 9



こちらは裏面です。↓
表側の煉瓦と打って変ってシンプルです。
イメージ 10



次回はAの紹介とBとCのプラ板を取り付けたりなどの処理を行いたいと思います。
最近はちょっと急がしくてなかなか購入しても組み立てている時間がありません…



さて今日の一枚は台風20号が近づいているという事で『台風コロッケ』です。
あまり詳しい事は知りませんが台風が近づいている日はコロッケを買う人が多いようです。
そんなわけでコロッケを求める為に肉屋に並ぶ人々の写真を撮ってみました。
仕事帰りのサラリーマンや主婦など…どこかで見た事のある後姿も。
イメージ 11

前に紹介したカプセルトイの『食べられそうで食べられないパン』の続編が出ました。
(パンの記事→)http://blogs.yahoo.co.jp/wara3572/67037090.html


今回はトマトです。↓
パンの時は『食べられそう』というネーミングの割にサイズが小さくて本物とは思えませんでしたが今回はサイズが原寸大なので『食べられそう』というネーミングも強ち間違っていないです。
イメージ 1
ちなみにシークレットはモッツァレラチーズ付きのトマトです。↑



欲しいと思ったのはカットされたトマトと大玉ですが最初に出たのはあまり馴染みの無いイエロートマトでした。↓

イメージ 2


ヘタの造形と塗装がリアルなのですが実の部分に薄らと見える丸い接合部が残念です。↓

イメージ 3



イエローだけでは悔しい…せめて赤い物が欲しい…と思ってもう1度やってみると今度はグリーントマトが出ました。悔しいです。
イエローよりも馴染みがありません。↓
イメージ 4



さすがにこれだけでは…と思いさらに続けたのですがなんとその後グリーンが立て続けに2回も出ました。
もうこれはショックです。↓
要らないグリーンが3つも揃ってしまいました。
それにしても接合部が丸見えで残念な仕上がりです。
イメージ 5




そしてもうこれで最後にしようと思いやってみるとようやく赤いトマトが出ました。↓
しかし微妙な形のミディトマトでした。
イメージ 6


結局5回、計1500円使って欲しい物は出ませんでした。↓
ここまでガチャポンで悔しい思いをするのは久しぶりです。
イメージ 7


しかしこれ以上やる気も削がれてしまい諦める事にしました。






こちらはカプセルトイではなくて購入した物ですが原寸大ししゃものマグネットです。↓

イメージ 8


焼き色がリアルです。
薄い皮の皺の感じも本物そっくりです。↓

イメージ 10




しかしレリーフのように裏側半分は平らになっています。↓

イメージ 9


真ん中にはマグネットが付いています。↓
裏側はこうなっていますが表向きで置いておいたら全く分からないです。
イメージ 11


とてもリアルな出来で気に入っています。
ししゃものようなマイナーな食べ物までこうして食品サンプル化して商品として売られているのも好印象でした。






最後に紹介するのは実寸大おはぎの食品サンプルです。↓
独特の餡子の色と質感が見事に再現されています。
イメージ 12

表面のちょっと渇いたボソボソとした感じが上手く表現されています。

そして商品説明の欄にあった文句が面白かったです。↓
『旅行などで家をしばらく留守にする時、 夏や梅雨時などの物がすぐに痛みやすい時期、 忙しくてお供えの用意が出来なかった時などに、仏事用お供え菓子としてもご利用いただけます。』

イミテーションを供えられたご先祖様の気持ちっていったい…と思ってしまいました。
イメージ 13


表面のマットな感じと見え隠れする粒あんの皮の艶やかな部分など粒餡っぽさが上手く表現されています。↓

イメージ 14


裏側はこうなっています。↓
中身は空洞で裏側の平らな部分は生地が薄いので触るとプニプニとなんとも言えない感じの気持ちの良い触り心地でした。

イメージ 15



以上、最近購入した食品サンプルに関する記事でした。

↑このページのトップヘ