1/150の焼津

焼津市をモデルにしたNゲージの街並みを作っています。焼津の街並みをそのまま模型化するのでは無く、近隣の静岡市、藤枝市など地元の思い出深い風景、柴又やハワイの要素も取り入れた街並みを制作中です。

2014年09月

トミックスの商業ビルCは煉瓦造りのレトロなビルなので屋上看板に現代的なポップなデザインが合わない為、いったい何の看板にしようか1ヶ月くらいずっと悩んでいました。

微妙に色が異なる2棟を持っていて今まではプレミアムモルツとダイワハウスの看板にしていました。
しかし今回は全く異なる感じの看板にしたいと考えていました。
でもなかなかこのビルの外観に合うテナントも思い付かず困っていました。


出来れば焼津もしくは静岡県内にある地元っぽいお店、企業をと考えていたところ通勤中に見かけたお店を見て閃きました。

それは名古屋発祥の喫茶チェーン『コメダ珈琲』です。↓
レトロな外観が珈琲喫茶に似合います。このビルの1階に出店しているという設定にしました。
実際に焼津市内にも数年前から出店されています。
禁煙してから滅多に行かなくなりましたが前には良く深夜まで友達と煙草を吸いながら屯してました。
イメージ 1



もう一つの商業ビルCも通勤中に見かけてふと閃きました。
それは藤枝と静岡にある雑貨屋『欧風和楽』です。↓
看板のロゴは実際の店舗の外壁に書かれた店名の写真を撮って加工して貼りました。
イメージ 2


店舗の入り口にある看板も実際の店舗の入り口にあるフラッグの写真を撮って加工しました。↓
『欧風和楽』は雑貨屋で前にこのブログでも書きましたが『箱貸し』という自分で作った物を売る為に置くスペースを貸してくれるシステムがあります。
僕はおよそ1年間、スイーツモチーフの雑貨を置かせて貰いました。

イメージ 3







ABCマートと眼鏡市場の看板も作り直す事にします。↓

イメージ 4




しかし背の高い建物が、この周辺にもう少し欲しいな…と思いスクエアビルを買い足して2棟のビルを建て増しする事にしました。
トミックスのこのタイプのビルはシンプルで使い勝手が良くてついつい沢山買ってしまいます。↓
もうレイアウト上にこのタイプのラウンドビルとスクエアビルが計10棟もあります。
イメージ 5



これをまずABCマートのあったビルに増結させました。↓
屋上看板はいつもの方法で作りました。
イメージ 6


2階は最近静岡県西部を中心に県内で勢力を伸ばしている文房具屋の『ミスターぶんぐ』を入れました。
焼津にはありませんがお隣の藤枝とその隣の島田市にあります。
一度だけ藤枝店に行きましたが文房具だけでなくキャラクターグッズも充実していてとても気に入りました。

本来ならば1階に相当する部分を2階に持ってきたので窓が大きくて建物の中が丸見えなのでとりあえずブラインドをしている風にして隠してあります。↓

イメージ 7


3階には戸田書店を入れました。
戸田書店は静岡に本店がある全国展開している書店チェーンです。
焼津にもありましたが10年くらい前に閉店してしまいました。
今は藤枝に広くて綺麗な店舗があります。



眼鏡市場のビルも建て増しします。
本来なら上にビルを連結させる際に屋上部分は外すのですがあっても違和感ないですし連結させるのに不都合も無いのでそのままにします。↓
イメージ 8



これが屋上部分を残して連結させた状態です。↓
白く塗装した眼鏡市場部分と今回付け足した緑の部分のハッキリとした色の違いがなかなか良いです。
屋上部分の分だけ少しだけ背も高くなりました。

イメージ 9


3階部分には谷島屋書店を入れました。↓
谷島屋は静岡県内で展開している書店チェーンです。
こちらの書店は焼津にも昔からあります。品揃えが充実していて気に入っています。

イメージ 10


看板の製作は次回でラストです。



今日の一枚はウエルシアの入り口です。↓
Tカードののぼりを作り、ウエルシアの入っているビルの入り口に設置しました。
今日、月曜日はTポイント2倍の日ですね。

イメージ 11

のぼりはずっと使わずに放置していたアイコムのマイクロギャラリーの余りを使いました。
土台はKATOの標識セットの物です。

発売されたばかりの倉庫Bを購入しました。

当初は来月発売予定だったのに急に発売が今月に繰り上がって驚きました。
発売が遅れる事はいつもの事ですが繰り上がるのは非常に珍しいです。

イメージ 1


今までこのような倉庫といえばトミックスやグリーンマックスの車両庫を流用していましたがジオコレからついにちゃんとした倉庫が発売されました。
簡単な組み立てとパッケージ写真に則って付属のシールを貼っただけで工業地帯にありそうな倉庫があっと言う間に完成です。

イメージ 2


2つある出入り口はそれぞれ開閉する事が出来ます。


閉まった状態。↓
イメージ 3



開いた状態。↓

イメージ 4





こちらのシャッターも開閉します。↓
閉まった状態。
イメージ 5



開いた状態。↓

イメージ 6




なかなか細部まで作られていて消火栓もあります。↓

イメージ 7



配電盤もあります。↓

イメージ 8



倉庫はとりあえずコンビナートの隣の埠頭に仮置きしました。↓
来年からジオコレで工業地帯が作れるシリーズ展開が始まりますのでそれに合わせてレイアウトを広げるつもりです。それまでの仮置きです。
イメージ 9



今日の一枚は住宅の建築風景です。↓
骨組みの合間から大工さんが見えるように撮ってみました。
イメージ 11






そういえば今月のRMMを読みました。
JAM2014のMPの記事は見応えがありました。
先月発売された『鉄道模型製作の教科書~レイアウト編』も読みましたが面白かったです。

半年くらい前に発売されたKATOのストラクチャーのカタログもようやく購入できました。
地元で売っていなくてネットで買うと送料がかかって倍値になってしまうので購入を見送っていましたが先日ようやく地元のお店に置いてあるのを見付けました。↓
イメージ 10


カタログに載っているのはどれも持っているストラクチャーばかりでしたがレイアウトの製作事例を見ていてわくわくしました。

人の作ったレイアウトを見るのは本当に面白いです。



以上です。

ちょうど1ヶ月くらい前にTOTOの展示場で見かけた食品サンプルについて書きましたが今回はクリナップの展示場で見かけた食品サンプルについて書きます。


まずは宙に舞い上がる炒飯。↓
これは同じような物がTOTOにもありましたが撮りそこなっていたのでここでも出会う事が出来てラッキーです。↓
これぞ食品サンプルの醍醐味!とも言える動きのある造形が素晴らしいです。
イメージ 1



近くで見るとぷりぷりで美味しそうなエビやふわふわの卵が見事に再現されています。↓

イメージ 2


近くで見ても本物と見間違える程の出来です。

イメージ 3


展示されていたキッチンに土鍋が置かれていました。↓

イメージ 4


いったい何だろうと思い蓋を開けてみると…
中には美味しそうな料理が。↓
もちろん食品サンプルです。まさかこんな隠れた所にまであるとは驚きです。
イメージ 5

肉や野菜の絶妙な焼き加減が美味しそうです。↓本物にそっくり過ぎて驚きです。
艶々の玉ねぎも美味しそうです。
イメージ 6



テーブルにはケーキスタンドが置かれていてフルーツや花が飾られていました。↓

イメージ 7

ティーパーティーなどで使いそうな3段のケーキスタンドには憧れます。

イメージ 8



思わず摘まんでしまいたくなるナッツが盛られたお皿もありました。↓
胡桃は筋が書かれている感じが偽物臭くて残念ですがアーモンドやカシューナッツは本物かどうか齧ってみたくなってしまいます。
イメージ 9



食品サンプルでは無いですが展示場にはキッチン周りのレイアウトをどうするか考える為の簡易ミニチュアが置いてありました。↓
これらをパズルのように組み合わせてL字型だったりI型のキッチンを再現したり長さの調節を行います。
現在風のドールハウスのようで見ていて面白かったです。
イメージ 10





話は変わりますが先日雑貨屋で面白い季節の絵手紙を見かけました。
ペーパークラフトになっていて組み立てて飾って楽しむ事が出来ます。↓
立体的ですし印刷も拘っていて面白いと思いました。
イメージ 11
こんな手紙が送られて来たら嬉しいですね。


以上です。

平成ゴジラシリーズのVSスペースゴジラの公開と同時期に発売されて以降、毎年ゴジラシリーズの公開に合わせて発売されてきたバンダイのガチャポンHGシリーズ『ゴジラHG』がなんと今年、10年ぶりに復活しました。

ファイナルウォーズの公開と共に発売された11弾を最後に途絶えていたシリーズですが今夏に公開されたハリウッド版ゴジラ2014の公開に合わせて先月発売されました。
ムービーモンスターシリーズもそうですが東宝怪獣映画が途絶えて以来止まっていたシリーズの復活は嬉しいです。

今回のラインナップは非常にシンプルです。↓
全4種ですがゴジラの熱線放射バージョンはレア扱いなので実質3種みたいな感じです。

イメージ 1

これまでのHGシリーズの傾向ですと最新映画に登場する怪獣と昭和シリーズの怪獣が半々くらいでラインナップされていて映画を見に来た若い世代と昭和シリーズが好きな大人の世代の双方に興味を持って貰う事を狙った展開でした。(ソースはガシャポンHGシリーズ オフィシャルコンプリートブック)

しかし今回のラインナップは2014年公開の今作に登場する怪獣に絞っています。
寂しい気もしますがコンプしやすい内容です。

僕はこの中でムートーのウイングバージョンを入手しました。
他の佇んでいる状態のノーマルバージョンの人形はムービーモンスターシリーズを持っているので今回の翼を広げたバージョンがちょうど欲しかったので良かったです。




開封してみてパーツの多さと華奢で繊細な作りに驚きました。↓

イメージ 2

素組みしたのですが簡単にパーツが外れてしまうので接着剤を使いました。

こちらが完成した姿です。↓

イメージ 3

翼が大きくてボリューム感があります。
脚の造形が華奢ですね。

イメージ 4


イメージ 5


羽の接続部の線がちょっと気になってしまいますね…↓
何れパテなどで隠そうと思います。

イメージ 6


顔をよく見てみると目もしっかりと描かれていて口も開いています。
かなりの出来ですね。↓
腹部の昆虫らしい気持ちの悪い感じも表現されています。
イメージ 7


ムービーモンスターシリーズよりもシャープな作りで好感が持てました。



ちなみにこの人形は自立できないのでこのような台座が付属していました。↓

イメージ 8


人形と同じような色なので分かり難いです。↓

イメージ 9



イメージ 10




そのうちこの人形を使って特撮写真を撮ってみたいです。

以上です。

看板の製作もいよいよ佳境です。


今回はトミックスの角店を2つ繋げて2階建てにした建物2棟の看板を貼りかえていきます。↓

イメージ 1


白い方はケンタッキーフライドチキンとして2008年に制作し、2010年に2階建てに加工しました。
作った当初は1,2階とも同じ赤い看板だったはずなのに時が経つにつれて色が褪せて何故かそれぞれ別の色になってしまいました。

ベージュの方の建物の1階部分は付属していたシールを貼っただけで2階は何も看板を付けていません。

そこでまずベージュの建物の1階のラーメン屋は地元にあるラーメン屋の看板に差し替えました。↓
『カナキン亭』です。焼津~島田市辺りに多く支店のある地元では有名なラーメン屋です。
僕も数年前にダイエットを始めるまでは頻繁に利用していました。
イメージ 2

2階は全くテナントが思いつかなかったので空き店舗にしてテナント募集の貼り紙を窓に取り付けました。
看板を付ける為の外壁の穴は上から厚紙で覆って塗装して無理やり隠しました。
くすんだ感じでいかにも空き店舗って感じが出せたと思います。



白い建物の方はケンタッキーのままですが看板が色褪せていたので新調しました。
2階部分は空き店舗にしていましたがベージュの方の建物と被ってしまうので『カメラのキタムラ』にする事にしました。↓
キタムラもここ数年お世話になっています。
イメージ 3

家のプリンターよりもずっと綺麗に写真を印刷できるのでアルバム作りの為の写真の印刷に重宝しています。
デジカメで撮影した写真をパソコン上で選択してネットでお店に印刷の注文が出来るのも非常に便利です。

イメージ 4


2階の店舗に行く為のエレベーターは外に設置しました。↓
印刷で表現しています。
イメージ 5


今までちょうど良い人形が無かったので再現していませんでしたがケンタッキーの店頭に設置されているカーネル・サンダースの人形も今回作りました。

こちらの『現場の人々』の人形のポーズがちょうど良かったので塗装していきます。↓

イメージ 6


白にほんの少し黄色を混ぜて全体に塗りました。↓
首の下辺りに蝶ネクタイを再現する為に黒く塗装しています。顔にもメガネの再現の為に黒く塗装しています。
こうして拡大して見ると汚いですが遠くから見ると意外と気にならない出来です。
イメージ 7


黒く塗ったプラ板の切れ端の台座に乗せて遠くから見た状態。↓

イメージ 8





他にも看板の貼り換えを行っていきます。

色褪せていたプロミスの看板も貼り換えました。↓
この看板は良く駅前の風景の中で見かけるのでこれがあると風景にリアルさが増します。
気が付いたら洗練されたデザインになっていたプロミスの看板と下の階のテナントとして『ほけんの窓口』の看板も貼りました。どちらもCMで見かけて思い付き看板を作りました。
イメージ 9


UCカードの看板も新調しました。↓
この看板は渋谷駅ハチ公口から見た風景の中にあるのが印象的だったので作りました。
イメージ 10



看板の製作もいよいよ次回でラストです。


今日の一枚はトイレに駆け込む人です。↓
本来は別の意味のポーズをした人形なのでしょうがこのシーンを思い付き、ここに設置しました。
イメージ 11


以上です。

↑このページのトップヘ