1/150の焼津

焼津市をモデルにしたNゲージの街並みを作っています。焼津の街並みをそのまま模型化するのでは無く、近隣の静岡市、藤枝市など地元の思い出深い風景、柴又やハワイの要素も取り入れた街並みを制作中です。

2014年01月

 
昨年末から進めていた動画の撮影と編集が完了しました。
 
 前半は上りを走る様子で暗転を挟んで下りを走る様子に変わります。
上から撮影しているカットは右手でカメラを持って左手で電車を操作しています。
なので画面が微妙に揺らいでいるのです。この撮影には苦労しました。
 
 
 
 
本当は線路とは関係ない街並みだけのカットも多量に撮影したのですが全て使うのを止めました。
今回は電車の走る姿のみの動画です。
当初はハイスピード撮影を行う予定でした。
走行する電車の姿がぶれてしまわないようにする為にです。
しかし画質が劣ってしまうし室内での撮影では薄暗く写ってしまうので普通に撮影しました。
 
BGMは好きな音楽を使いました。
映画『君に届け』のラストに使われていた曲です。
電車の走行音や踏切の音も入れようと思っていましたが邪魔な気がしたので止めました。
 
 
何れはバスコレ走行システムを用いて街中の動画も撮りたいと思っています。
 
 
 
話は変わりますがジオコレ完全マニュアル4の発売日が2月の初旬に決まりました。昨年12月に発売予定だったのに延期してしまっていたのでヤキモキしていました。
3年ぶりの発売なのでずっと楽しみにしていました。今から楽しみです。
 
そういえば今月のRMMは昨年末に発売されたGMの東横インの紹介やちょっとした改造方法が載っていて見応えがありました。
そしてビッグターミナル阪急梅田駅モジュールがとても素晴らしかったです。
これは是非とも見て欲しいです。衝撃的でした。圧倒されました。
もっと詳しく見たかったです。
お勧めです。

『コップのフチ子』シリーズ、『土下座』シリーズで有名な奇譚クラブの新作カプセルトイ『たべられそうでたべられないパン』を購入しました。
 
奇譚クラブは変なフィギュアを多々発売している事で有名ですがこれまでも『いちご伯爵』や『柑橘夫人』といったリアルなフルーツサンプルを発売してきた実績があります。
 
その奇譚クラブが新たにシリーズ化した『たべられそうでたべられない』シリーズ第1弾がパンなのです。
 
 
パンやドーナツなどのスイーツモチーフはもう散々手垢の付いたネタですが名前が『食べられそうで食べられない』という自信満々のネーミングなので気になってガチャガチャを2回ほどやってみました。
1回300円と割高です。
 
 
まず最初に出たのはエピでした。↓
ラインナップの中で一番微妙だと思っていたヤツでした。
 
イメージ 1
 
 
ずっしりと重たいです。
エピはたぶん今まで実物を見た事が無いので見てもいまいちピンと来ません。
 
イメージ 2
 
 
 
2回目に出たのはバゲットでした。↓
こちらはまぁまぁ欲しい物だったので嬉しかったです。
 
イメージ 3
 
 
エピと素材が違っていてこちらは非常に軽いです。
表面の塗装が良い感じです。↓
イメージ 4
 
 
 
しかし残念なのは実物よりも小さい事です。
『食べられそうで食べられない』という程のリアルさでは無いしサイズが実物と異なるのでどう見ても本物のパンには見えません。
100円玉と大きさを比較してみました。↓
 
イメージ 5
 
 
 
他のラインナップです。↓
出来ればイギリスパンとクロワッサンが欲しかったです。
イメージ 6
 
しかしどちらもサイズが実物よりも小さいと思うので微妙です。
 
今後のシリーズ展開は非常に気になる所です。
期待はしています。
 
 
 
次は本当に食べられる食べ物の紹介をします。
ファミリーマートで発売中の漫画『キン肉マン』とコラボした中華まんです。
 
第一弾は昨年11月に発売したウォーズマンを中華まん化したブラックカレー味の『ウォーズまん』でした。
僕は購入しなかったので写真は載せませんが気になる方は下記のヤフーニュースのソースをご覧ください。↓
 
 
 
第2弾は12月に発売したラーメンマンです。
商品名は中華まんなので『ラーメンまん』なのですがレジで注文するときに原作の呼び名のイントネーションなのか『中華まん』と言う時のイントネーションで言えば良いのか非常に迷いました。
 
 
 
これがラーメンまんです。↓
輪郭といい顔の造りといいそっくりです。
 
イメージ 7
 
 
 
中身は辛みを抑えた担担麺が入っていて美味しいです。↓
ただちょっとグロテスクですですけどね。
色々と想像してはいけません。
イメージ 8
 
 
 
そして満を持して登場したのが第3段の『キン肉まん』です。↓
しかしこれは今までと大きく異なり全く似てないです。
 
 
イメージ 9
 
 
ここまで似ていないとは驚きです。
一体何故…と驚愕の似てなささです。
何でしょうかこのコレジャナイ感は。
 
イメージ 10
 
 
 
 
 
でも美味しかったです。
中身は牛丼です。
肉まんのような感じですが中から牛肉が出てくるとテンション上がります。
 
 
相変わらずグロテスクな感じになってしまいますが。
北斗の拳のように。↓
 
イメージ 11
 
 
 
 
第2弾までは既に販売終了で第3弾のキン肉まんも数量限定でそろそろ品薄になると思うので気になる方はお早めに。
 
 
最近は様々なキャラクターを模った中華まんがあるので面白いですね。
USJには蜘蛛の糸をイメージした春雨の入った『スパイダーまん』があるし、ファミマでは今までドラクエのスライムを模った中華まんを出したり昨夏はモンスターウユニバーシティとコラボしてマイクとサリーを模った中華まんを出したりと…
今度はどんな中華まんが登場するのか楽しみです。
 

 
こちらの記事↓で紹介した缶コーヒーのオマケで遊んでみました。
 
映画『永遠の0』のワンシーンを再現してみました。
昨日ようやく映画を観てきたので衝動で撮ってみました。
 
映画の終盤で三浦春馬が現代の街並みを飛行する零戦を目にするシーンです。
 
イメージ 1
 
 
かなり簡素な感じになってしまいましたが…
零戦の右翼の下側に竹ひごを接着して支えています。
部屋が薄暗いのとホリゾンドが手前過ぎるのが拙かったです。
 
 
他にも撮ってみました。↓
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
 
イメージ 4
 
以上です。

昨年購入した211系がレイアウトを走っている動画を撮影する為の作業をずっと行っています。
 
今回はトンネルを改良します。↓
 
イメージ 1
 
 
上から見ると普通なのですが真正面から見るとトンネルの中が途中で途切れている事が丸分かりです。↓
トンネルの向こう側にある部屋の壁が見えてしまいます。
イメージ 2
 
 
 
トンネルを裏側から見るとこんな感じです。↓
 
イメージ 3
 
 
 
ここに暗幕を付ける事にします。
ダイソーのフェルトです。↓
ピンで留めました。
イメージ 4
 
 
 
これで正面からトンネル内を見ても真っ暗に見えます。
しかし普通に電車をここを走らせる事は出来ないですね。
布が邪魔で脱線してしまうでしょう。
動画を撮る為に必要な際にのみにこの暗幕を使おうと思います。
 
 
 
話は変わりますが手を加えなければならない場所を見つけました。
今まで何となく気になっていたのですが高架道路の下で敷地を囲うフェンスが簡単に倒れてしまうのです。↓
 
イメージ 5
 
 
橋脚の幅が敷地ギリギリにどうにか収まるサイズなので少し動かしただけで囲っているフェンスが倒れてしまうのです。
線路を清掃する為に高架道路を持ち上げたらフェンスが取れたり倒れたりしてしまいました。↓
津川のフェンスは安くて使い勝手が良いのですが簡単に倒れたり折れたり曲がってしまうのがネックです。
イメージ 6
これをどうにかしたいと思っています。
何度も何度も付け直すのは大変ですからね。
高架をちょっと触っただけでこんな状態になってしまうので…・
 
 
 
 
さて今日の一枚は暗幕を付けたトンネルを早速活用した写真です。↓
暗闇からライトを煌々と照らしながら現れた211系です。こんな感じで動画も撮りたいと思っています。
イメージ 7
 
 
 
年末に苦悩を書き連ねましたが今年は元旦から仕事が続いています。
就業時間も不規則なので大変です。

前回の記事で紹介したグリーンマックスのストラクチャー『東横イン』の詳細です。
 
 
組み立て、塗装済みのストラクチャーなのですが外壁がジョイントで繋げてあるだけなので簡単に外す事が出来ます。
これは幾つか買って繋げて拡張出来るという事なのかもしれません。↓
 
イメージ 1
 
 
 
 
そしてこの商品を見た時に驚いた事があります。
それは印刷の緻密さと印刷に頼りまくった造形です。
外壁のタイルは全て印刷で表現されています。↓
これでは平面的な印象になってしまいそうですが窓枠が凹凸のある造形になっている事で補われています。
イメージ 2
 
 
正面入り口の枠も全て印刷です。↓
 
イメージ 6
 
 
しかし余程印刷技術に自信があるのか異常なくらいに印刷に頼っている個所があります。
一部の窓に設置されている手すりは透明パーツに印刷で枠を描かれているのです。↓
これにはこのような表現もあるのかと驚きました。
気になる人は外してエッチングか何かで作り直すと良いでしょう。
イメージ 3
 
 
ホテルの側面にある非常階段も建物の内側にあるという設定で印刷で表現されています。↓
だまし絵のような印象を受けます。(良い意味で使っています)
イメージ 5
 
 
背面の1階部分にある通用口周辺も印刷での表現です。↓
室外機やパイプ、窓、ドアの全てが印刷なのです。
遠くから見たらこれが印刷だなんて気付かないかもしれません。
イメージ 4
 
 
とにかく印刷の多さに圧倒されました。
 
 
屋上の看板内部は非常にシンプルに表現されていました。↓
イメージ 7
ストラクチャーの詳細については以上です。
 
さっそくですがこの東横インをレイアウト上に乗せてみました。↓
駅前の何処に配置するか散々悩みましたがちょうど程好いスペースが空いていた駅ビルの真横に置く事にしました。
イメージ 8
 
 
 
ここは本当に何も手を付けていなくて整備の遅れている個所です。
何年も前から整備しようと思っているものの中々進まないのです。
なのでホテルを置いてみたものの今度どうしようか困っています。↓
 
イメージ 9
 
 
 
さて昨年末の総括記事からずっとすっかり忘れていた『今日の一枚』を復活させます。
2週間くらい前に紹介した『サザエさん展』で購入した根付けの人形をレイアウト上に置いてみました。その名の『サザエさん焼津にやってくる』です。↓
 
イメージ 10
 
 
微妙な写真ですが今後もっと良い場所は無いか探すつもりです。
マスオさんも何処かに置く予定です。
サザエさんといえばオープニングが静岡編の後半になりましたが今回も結局焼津は扱われませんでした。残念です。次回(週十年後)に期待したいです。
 

↑このページのトップヘ