1/150の焼津

焼津市をモデルにしたNゲージの街並みを作っています。焼津の街並みをそのまま模型化するのでは無く、近隣の静岡市、藤枝市など地元の思い出深い風景、柴又やハワイの要素も取り入れた街並みを制作中です。

2013年09月

前回からの記事の続きです。
 
『もののけ姫』のエリアにはタタラ場で作られた石火矢が展示されています。↓
 
イメージ 1
 
非常に精巧に作られています。↓
 
イメージ 2
 
 
ヤックルに跨ったアシタカも居ました。↓
刀や弓矢などの装飾品もリアルに再現されています。
少し小振りな気もしますがほぼ実物大です。
イメージ 10
 
 
岩場の上にはサンと犬神がいます。↓
 
イメージ 11
 
 
このエリアにあるスクリーンには映画のワンシーンが流れています。
上映は数分で終わります。
するとスクリーンの向こう側にいるシシ神様の姿が見えます。↓
半透明のスクリーン越しなので綺麗には写せませんでした。
イメージ 12
 
写そうと試行錯誤している間に再び映画のワンシーンの上映が始まってしまうので撮影には苦労しました。
 
 
 
次のエリアに進むと『千と千尋の神隠し』の油屋が見えてきます。↓
トリックアートのようで不思議な光景です。
2メートルくらいある油屋がもっと大きく見えます。
イメージ 13
 
実物大の湯婆婆も居ました。↓
非常に迫力があり、本当に怒られているような気分になります。
 
イメージ 15
 
 
宙に舞う契約書は糸で吊られています。
湯婆婆の装飾品や卓上の小物も精巧に作られています。↓
 
イメージ 14
 
部屋の隅には頭も居ます。↓
 
イメージ 3
 
 
 
肥大化した後、飲み込んだ物を吐き出しているカオナシも居ました。↓
実物大なのでこちらも迫力があります。
イメージ 4
 
 
カオナシの身体は投射された光と影で再現されています。
顔は内側から光っているお面のようです。
宙に浮かぶ立体的でボンヤリとした光を放つ顔が不気味です。
イメージ 5
 
 
 
畳の上にはカオナシの吐きだした料理や食器や生活雑貨が散乱していて汚いです。↓
座布団は破れて中身の綿が出ています。
イメージ 6
 
カオナシの吐瀉物というか体液(?)も散乱しています。↓
 
イメージ 7
 
 
 
トトロの展示の時のようにスタッフが記念撮影してくれる場所もありました。↓
電車に乗っているカオナシの隣に千尋のように座って写真撮影する事が出来ます。
イメージ 8
 
 
 
メイン展示場に関する事は以上です。
他の園内の展示物は全て前回と一緒でした。
 
ショップは少し商品の陳列場所が変わっていました。
相変わらず色々と置いてありましたがポニョのバケツが500円で売られていたのには閉口しました。↓
100円ショップでも売っていそうな出来のただのバケツです。イメージ 9
 
 
 
ラグーナ蒲郡で行われている企画展『ジブリがいっぱい 立体造形物展 ジブリの森』は展示物がグレードアップしているし会場内での撮影が自由で劇中シーンを模した記念撮影が出来る個所も多いのでジブリ好きにはお勧めです。
事前に映画を観てから行くと楽しさ倍増です。
3月まで行われているので是非行ってみて下さい。
 
以上です。

1ヶ月前に行った『ジブリがいっぱい 立体造形物展』のメイン展示場が先日リニューアルしたので再び行ってきました。
9月の前半に前期の『ジブリの空』が終わり3週間かけてリニューアル工事を行い9月後半に後期の『ジブリの森』が始まりました。
 
展示作品が入れ替わり今回からはなんと写真撮影OKになりました。
これは嬉しいです。
自由に撮影出来るのですから。
 
展示作品は『平成狸合戦ぽんぽこ』、『となりのトトロ』、『もののけ姫』、『千と千尋の神隠し』です。
メインテーマが『森』だったので腐海の森を期待していたのですがナウシカに関する展示はありませんでした。
『千と千尋の神隠し』は物語に森が深く関わらないし展示内容にも森っぽい物は一つもありませんでした。不思議です。
何故か日本が舞台の作品に統一されていますがそれ繋がりでしょうか…
でも『千と千尋の神隠し』は好きな作品なので世界観を楽しめて嬉しかったです。
 
一つの記事に貼れる写真のサイズに限度があるので撮影した写真の選別に苦労しました。
縮尺も行い無理矢理2つの記事に分けて投稿しようと思います。
 
今回は『平成狸合戦ぽんぽこ』と『となりのトトロ』の展示に関して書いていきます。
 
 
まずメイン展示場に入ると草や木が生い茂っています。
辺りには地蔵や祠があります。↓
そして草陰から複数の狸が顔を出しています。
イメージ 1
 
柿を貪る狸。↓
 
イメージ 2
 
 
 
隣には狸たちの集会場『万福寺』があります。↓
 
イメージ 8
 
 
寺の室内にはレトロな生活雑貨が並んでいます。↓
たぶん触れてはいけないのでしょうが遠足に来ていたらしき小学生たちは自由にベタベタ触っていました。
イメージ 9
 
映画の世界観が見事に再現されています。
久しぶりに映画を観たくなってきました。
 
テレビ画面には劇中のように多摩ニュータウンのニュースや料理番組が映っています。↓
イメージ 10
 
 
 
脇にはおキヨと達磨や招き猫に化けた狸たちがいます。↓
 
イメージ 11
 
 
桶やお銚子、籠が置いてありますがお釜を良く見ると尻尾が付いています。↓
このお釜も狸が化けているのでしょうね。
イメージ 12
 
 
 
これは合わせ鏡を使ったトリックになっています。↓
 
イメージ 13
 
 
『平成狸合戦ぽんぽこ』のエリアは以上です。
 
 
次のエリアに進むと『となりのトトロ』のサツキとメイがいます。
二人はレリーフで出来ていて片目で見ると立体的に見えるトリックアートです。↓
ずっと見ていると気持ちが悪くなってきます。
イメージ 14
 
 
隣には森へと続く入り口があります。↓
通路も森のようになっています。
イメージ 15
 
 
 
茂みを抜けると大木の幹が見えてきます。
幹には複数の穴が空いています。↓
 
イメージ 3
 
 
 
穴を覗き込むと中ではトトロが眠っています。↓
寝息を立てていて本当に生きているかのように動いています。
生き物のようなリアルな動きです。
イメージ 4
 
 
下の方には中トトロと子トトロもいます。↓
 
イメージ 5
 
 
先に進むとバス停でバスを待つサツキとメイとトトロがいます。↓
プロジェクターで雨が本当に振っているかのように辺りに映しています。
フラッシュを使って撮影しました。
本当はもっと暗くて本当に夜に雨が降っているような雰囲気が出ています。
イメージ 6
 
 
ここではスッタフが記念写真を撮ってくれます。
サツキの前に立つとサツキの姿が隠れて自分自身がトトロと共に立っているように写ります。
 
他にもサツキの書いた手紙も展示されていました。↓
 
イメージ 7
 
 
 
 
続きます。

ようやく本格的に縁日の製作を始めました。
構想から既に2年以上も経過してしまいましたが縁日を作る為の環境が整いました。
縁日風景を作る為に山を大きくし裾を作りメインストリートを整備しました。
 
そんなわけで早速露店と人形を並べていきます。
まずは道の山側に露店を並べていきます。人形も配置します。↓
 
イメージ 1
 
道の反対側にも露店を並べますが先に露店を全て固定してしまうと道の真ん中に人形を配置し辛くなるので片側から並べていきました。
 
まだ半分しか埋まっていないのに賑わいが伝わってきます。↓
サクサクと作業が進みわずか1時間程度でここまで出来ました。
イメージ 2
 
 
しかし人形が足りなくなってきました。
前に縁日を作った時はたくさんあると思っていましたが前回よりも規模が大きくなっているので足りなくなるのは当然ですね…
前に作った縁日の記事を久々に見たら思ったよりも小規模でした。
 
(撤去して今はもう無い縁日風景の記事→http://blogs.yahoo.co.jp/wara3572/61310114.html
 
神社に神輿も配置しましたが周りを囲む人がいなくて寂しいです。↓
 
イメージ 3
 
 
 
そんなわけで人形を買い足したいと思います。
 
縁日の製作記事は以上です。
 
 
『今日の一枚』は彼岸花です。↓
焼津市は随分と涼しくなって彼岸花が咲き乱れています。
イメージ 4
 
 
今回の撮影の為に夏編に使った河レイアウトの手前に花を配置しました。
常にここに配置してあるわけではありません。
 
彼岸花をイメージして1年以上前にジオコレの草花『赤』を購入したのですがレイアウト上に置く所が無くて困っています。↓
 
イメージ 5
 
 
 
当初は縁日が彼岸花が咲く季節と重なると思い、縁日風景の近くに置こうと考えていたのですが結局良い場所がありませんでした。
焼津市では川沿いの草が生い茂っている所や田んぼの周りに咲いているのですが
縁日風景の周辺に土が剥き出しの場所を作る事が出来ませんでした。
公園や山裾にほんの少しだけ置こうかとも思っています。
しかし咲き乱れる様子の再現は敷地も無いので難しいかもしれません。
田んぼ周辺には既に菜の花や桜を設置済みですからね…
 
 
草花の出来ですが値段相応ってところですかね…
ミニネイチャーには遠く及びません。↓
人工芝に赤いスポンジ屑を散らしただけです。
イメージ 6
 
 
500円でこれだけ大容量なのは良いのですが…
この出来では目立つ所には置けないですね。
イメージ 7
 
 
 
 
話は変わりますが今月号のRMMをようやく先程読みました。
JAMの出品作品はどれも素晴らしいですね。
特に昨年、駅伝風景を作られた方の新作の郊外のショッピングモールが良かったです。
あと高校生の鉄道模型コンテストも個性的な作品が多くて面白かったです。
偶然『めざましテレビ』の特集でコンテストの様子と出品作品を見たのですが女子高生が作った優勝作品のジオラマの桜に香りを付けるという発想が面白かったです。
リアルな情景模型も良いですが空想的なジオラマも見ていて楽しいです。
 
以上です。

露店をレイアウト上に固定してしまう前にアップの写真を撮っておこうと思います。
固定した後ではアングル的に見えなくなってしまう個所が多いので…
かつてそれぞれの露店を購入した際にも写真を撮って記事にしたのですがカメラの精度と僕の腕の関係でどれもピンボケした写真ばかりでした。
なので今回はリメイクの意味も込めて幾つか撮り直してみる事にしました。
今はミニチュアの撮影に最適なカメラを持っているのでかなり細かな所までボケずに撮影する事が出来るので。
 
これはかつて露店を紹介した記事です。↓
露店が小さ過ぎてどの写真もボケています。
 
一つの記事に乗せられる写真の数に限りがあるので撮る露店を厳選しました。
まずはジオコレの物から紹介していきます。
 
ドリンク屋。↓
大きな容器に水と凍りを入れてドリンクのペットボトルや缶を浮かべています。
容器の上にはどんなドリンクを扱っているのか分かるように並べてあります。
水に浮かぶドリンクが上手く再現されていますね。
イメージ 1
 
 
金魚すくい。↓
浅い容器の中を泳ぐ金魚は塗装で再現されています。
金魚は出鱈目に描かれたようにも見えますが確かに泳ぐ魚のように見えるのが不思議です。ただ金魚のサイズがややオーバースケールのような気もします。
ポイやお椀などの小物もちゃんと再現されています。
イメージ 2
 
 
射的。↓
コルク銃とコルクの弾の入った器が並べられています。↓
 
イメージ 5
 
 
綿菓子屋。↓
大量に並べられた綿菓子に隠れて全く見えない裏側も再現されています。
独特の形状の綿菓子器やザラメ砂糖の姿を確認する事が出来ます。
イメージ 6
 
 
屋根を付けると暗くなってほとんど見えなくなってしまうのが残念なたこ焼き屋と焼きそば屋。↓
鉄板の周りのまな板と包丁などの小物も細かく再現されています。
イメージ 7
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
次は『さんけい』製の露店の紹介です。↓
ペーパークラフトです。
 
かき氷屋。↓
このかき氷器に魅せられて購入しました。
器やシロップも再現されています。
イメージ 9
 
 
広島焼き屋。↓
組み立ててしまった後で屋根が外せない状態で撮影したので写りがあまり良くないのですが鉄板の上にはヘラと焼いている途中の広島焼きがあります。
イメージ 10
 
 
焼き鳥屋。↓
ペーパークラフトなので串と肉が同じ厚さなのは仕方ないですが焼き鳥のシルエットを見事に再現しています。
イメージ 11
 
 
 
焼きイカ屋。↓
こちらも焼き鳥のようにイカのシルエットを見事に再現しています。
写真では拡大して写しているので分からないかもしれませんが物凄く小さいです。
イメージ 12
 
 
 
次回からはいよいよこの露店を並べていきます。
 
 
 
今日の一枚はバイクに乗る人です。↓
渋滞するメインストリートの車の間を縫って進みます。
イメージ 3
 
 
このバイクと運転手はジオコレの物です。
いつか使おうと思って仕舞っておいた物を整理している最中に見つけました。
これからはそういって勿体なくて使わずにいた物もどんどんレイアウト上に置いていこうと思います。
 
イメージ 4

山の裾の道路に白線を引きました。
何れ縁日の露店を置く場所なので適当に筆で描きました。
細筆を探しましたが見当たらないので中途半端なサイズの筆で描いたら案の定失敗しました。↓
イメージ 1
 
 
なので白線の両サイドをグレーに塗って白線を細く見えるように誤魔化しました。
長い間放置されて掠れた白線っぽくなった気がします。↓
 
イメージ 2
 
 
そしてずっと何を置くか迷っていた空き地に自動精米所を置く事にしました。
 
フェンスで囲って2台分の駐車スペースを作って精米所を置きました。
どこに置くか迷っていて仕舞い込んでいた物です。↓
 
イメージ 3
 
 
ベースがスチレンボードなので看板のポールやのぼりを簡単に刺して固定する事が出来ました。
 
イメージ 4
 
余っていたスペースが地味に上手くまとまりました。
この周辺は縁日風景にするので地味なくらいが丁度良いです。
 
イメージ 5
 
 
縁日風景を作る為の下準備も進んでいます。
周囲に行燈を設置したり歩行者天国にする為の車両規制用のバリケードを設置しました。↓
何れ警官の人形を買って設置したいと思います。
イメージ 6
 
 
 
さて最近は随分と涼しくなってきたので『今日の一枚』の夏編は今回までにしたいと思います。
今回は泳ぐ人達です。
浮き輪を使って浮かんだり泳いだりと流れるプールの如くの賑わいです。
実際に暑い土日はこうなります。
イメージ 7
 
 
『今日の一枚 夏編』の為に大量に人形を買い足したり水面にグレインペイントアクアを塗ったりと夏の間に河が一気に賑わいグレードアップしました。
 
 
イメージ 8
 
 
以上です。

↑このページのトップヘ