1/150の焼津

焼津市をモデルにしたNゲージの街並みを作っています。焼津の街並みをそのまま模型化するのでは無く、近隣の静岡市、藤枝市など地元の思い出深い風景、柴又やハワイの要素も取り入れた街並みを制作中です。

2013年07月

公民館の隣にグランドを作ります。
 
今回の為にタミヤの情景テクスチャーペイントのライトサンドを購入しました。
数年前に購入した物は使い切っていましたので…。
 
そのままの色だと明るすぎるので少し茶色い絵具を混ぜて落ち着いた色にしてから塗布していきます。
塗料を混ぜる様子はまるでバーニャ・カウダのソースのようです。↓
イメージ 1
 
 
 
これをプラ板に塗っていきます。
プラ板は貧乏臭いですが余っていた物の継ぎ接ぎです。↓
3枚の板を貼りあわせています。
イメージ 2
 
 
 
プラ板に時間を空けて3層に塗りました。↓
貼りあわせた際に出来た繋ぎ目を目立たなくするために厚めに塗りました。
写真では分かり辛いですがまだ繋ぎ目が薄く見えてしまっています。
イメージ 3
 
 
 
どうせグランドを作るならば野球バックネットを使おうと思いましたが野球が出来るほどの広さを作るのが困難なのとグランドの周りをネットで覆わなければならない事を考慮して諦める事にしました。
この野球バックネットはアイコム製で6年くらい前に近所の風景を作ろうと思った際に購入した物です。↓
前の記事でも書きましたがその計画は頓挫してしまい、この野球バックネットも使い所を失い、ずっと仕舞い込んでいました。
しかし今回も役目無く、また仕舞う事にしました。
イメージ 4
 
 
 
 
グランドをネットで覆いたくなかったのかには理由があります。
それはグランドにこの櫓を置きたかったからです。↓
ネットでグランドを覆ってしまうとこの櫓が良く見えなくなってしまいますからね…
イメージ 5
 
 
実は2年くらい前から考えてきた事なのですが山の裾に縁日セットを並べようと思います。今まで特に理由はありませんが黙っていましたが…
実は山の裾を広げる計画を思い付いた時から考えていました。
その為に神社も移動させたのです。
 
今まで住宅地に並べていた縁日セットを撤去したのもその頃です。
今回の計画に合わせての撤去でした。
(住宅地に並ぶ縁日セットの様子)↓
 
そこにさらに組み立てたまま放置していた『さんけい』の露店も置こうと思います。↓
ついにこれを使う日が来て嬉しいです。
 
ついに公にしたました数年間温めてきた大規模な縁日計画ですがこの夏の間に完成出来ればと考えています。
 
 
 
 
『今日の一枚』は今回も『風立ちぬ』からです。
山の隣を飛ぶ二郎鳥型飛行機です。今回は正面のプロペラが上手く見えるように撮りました。↓
そういえば訂正があります。
前回の『今日の一枚』でこの飛行機に乗せているのはジオコレの『盆踊りの人々』と書きましたがそれは間違いで『祭りの人々』でした。
お詫びして訂正させていただきます。
イメージ 6
 
 
以上です。

 1ヶ月くらい前に紹介した雑誌『大特撮データファイル』ですが…
 
なんと今週発売された5号で休刊してしまいました!!
早っ!!
 
創刊時の記事。↓
 
先日よしよしさんから戴いた情報なのですが書店で確認してみたら事実でした。
5号の巻末の本来ならば次号の目次が載っているページに『休刊のお知らせ』が書かれていました。
創刊してからわずか1ヶ月。
しかも静岡での試験発売のみで終わってしまうとは…
廃刊では無く休刊なのでまた復活する可能性はありますが…
はっきり言って値段に内容が伴っていないので定期購入する気はありませんでしたが残念です。あきらかに値段分の内容とは思えませんでした。
創刊時にも書きましたが何か物足りない気がするのです、この雑誌。
 
改めて書店にあったバックナンバーを読み直しましたが特撮映画のメイキング記事、特にミニチュアの作り方に関する記事が興味深かったです。
例えば『ラドン』で印象的だった吹き飛ぶ瓦の作り方など。
 
 
しかしこの雑誌、もしかしたら世にあまり出回らなかったので希少価値が上がり後々プレミア物になるかも…と思いましたが購入意欲には繋がりませんでした。
とにかく残念です。
 
 
 
さてこのニュースが衝撃だったので衝動的に記事を書いたのですが何も写真の無い記事では寂しいので急遽、特撮写真を撮りました。
 
この間購入したコーヒーのおまけの戦車(http://blogs.yahoo.co.jp/wara3572/66500596.html)と昨年の映画製作時に購入したメーサー車を使いました。
 
イメージ 1
 
 
高架道路から戦車が攻撃するのはいつかやってみたいと思っていた構図です。
ホリゾンドが足りなくて部屋の壁が見えてしまっているのが残念です。
ガメラとメーサーの共演が珍しいかな…と思います。
 
イメージ 2
 
 
 
 
高架道路の下を撮影しました。
目線が低くて上に高架があるとホリゾンドの必要が無くても良いので助かります。
ガメラの足と大量の車両が良い感じに撮れました。結構気に入っています。↓
 
イメージ 3
 
 
 
3ヶ月ぶりに特撮写真(http://blogs.yahoo.co.jp/wara3572/62354975.html)を撮りましたがさすがにネタが尽きてきました…。
 
 
以上です。
 

山裾の製作です。
 
今まで神社と農協のあった敷地を再製作します。↓
これまでに色々な建物を置いてきた為、地面は所々グレーに塗られています。
イメージ 1
 
 
 
いったい何を置こうか迷いました。
コンビニか警察署かスーパーマーケットか…かなり悩みました。
そして思い付いたのはKATOの公民館です。↓
 
イメージ 2
 
 
今から6年前、このブログを始めた当初に購入した物です。
本来の製品の色と大きく異なるますがこれは近所にある公民館を再現する為にリペイントしたからです。これはその時の記事です。↓
 
当時、近所の風景を作ろうとしていましたが暫くして何故か忘れましたが頓挫していました。
なのでこの建物もずっと仕舞い込んでいました。
このストラクチャーは2600円と結構高価ですが配線や配電盤などかなり良い出来です。↓
イメージ 3
 
 
ちなみにモデルにしていた近所の公民館は昨年から今年にかけて取り壊されて新築されました。
今はもうかつての建物の面影はありません。
慣れ親しんだ建物が無くなったのはちょっと残念ですが今までの建物は建築からおよそ半世紀近く経っているそうなので建て替え時期としては妥当なのですかね…
 
そんな経緯もあって尚更このストラクチャーを使って近所の風景を再現する事も出来ず、使い所も無く持て余していたのでこの機会に使おうと思います。
 
まずは敷地をフェンスで囲っています。↓
使い勝手の良い津川洋行の物です。
そして団地周辺の製作と同じ方法で駐車場を作りました。
イメージ 4
 
 
↑公民館の屋根にあったスピーカーは紛失してしまいました。
公民館の隣には小さなグランドを作ろうと思います。
地方では大抵こういった自治体の管理する建物にはグランドが隣接していますからね。しかしグランドを囲うほどのフェンスが無いかもしれません。
スターハウスを囲う際に購入したばかりなのにあっという間に無くなってしまいそうです。使い勝手が良いですからね…
 
 
さて今日の一枚は前回に引き続き映画『風立ちぬ』の二郎鳥型飛行機です。
今回は飛行シーンを再現しました。↓
 
イメージ 5
 
 
田園の上空を飛んでいます。
映画冒頭の再現ですが明治後期の田舎の風景として使用できるスペースが限られているので撮影場所には苦労しました。
田植え機や舗装した道路が映り込まないように苦労しました。
飛行シーンは流石に人が乗っていないと不自然なのでジオコレの人形『盆踊りの人々』の上半身をカットして乗せました。
 
今回は結構気に入った感じの写真が撮れたので満足です。
以上です。
 
 

発売時に購入したジオコレの街路樹ですが数が半端なので買い足しました。
 
本来ならばスポンジやフォーリッジが使われる葉の部分が樹脂で作られているのが特徴の製品です。
葉が落ちて汚れる事がないし仕舞うのに便利なのが利点ですがリアルさや趣が大きく欠けているという残念な製品です。
この凹凸具合は好きなのですがどうしても違和感があります。↓
イメージ 1
 
 
 
なのでボンド溶水に浸してからターフを塗しました。↓
 
イメージ 2
 
 
この工程を何度も繰り返しました。
そうする事でターフが何重にも重なりリアルさを増し、さらに落ちにくくなります。
 
それを早速レイアウトの通りに配置しました。↓
2箱でようやく通り1つ分です。
特に名前のないメインストリートの隣の通りですが街路樹の種類を統一する事で上手くまとまり、ちょっと通りとしての統一感も出ました。
イメージ 3
 
 
しかし少し離れて見ると街路樹の種類なんてほとんど気になりませんでした。↓
 
イメージ 4
 
 
 
 
さて『今日の一枚』は映画『風立ちぬ』に登場する二郎鳥型飛行機です。
映画冒頭を再現してみようと思いましたがオーバースケールでした。↓
普通に置いたら日本家屋の屋根全体を覆い隠してしまいました…
イメージ 5
 
 
これは劇場で販売されているマグネット付きマスコットです。
出来れば二郎少年の人形も付属してほしかったです。
 
イメージ 6
 
一週間前に試写会で観た為にパンフレットやグッズを劇場で購入出来なかったので先程、近所の映画館に買いに行ってきました。
 
一年前に『るろうに剣心』を観た時にも一般公開前に観てしまったので劇場でパンフレットの購入が出来ずに後から近所の映画館に買いに行ったら売り切れで渋々ヤフオクで入手した経緯があったので今回はまだ売れ残っているのか心配でしたが無事に入手出来ました。今からじっくりと読もうと思います。
 
 
次回は大きさがさほど気にならないように飛行シーンを再現したいと思います。

2ヵ月も停滞していた山道の製作がついに終了です。
停滞していた理由はプラユニットのフックが店頭に置いて無くてなかなかまとまった数が入手できなかったからです。
結局この作業の為だけにプラユニットのフックを10パック以上購入しました。
1パック100円台なのでそこまで予算はかかりませんでしたが今思えばもっと安価で入手しやすい素材もあったのでは…と後悔しています。
 
イメージ 1
 
 
 
でもとりあえず無事に作業も終わりました。
余った他のサイズのフックもどこか使い所があるはずなので捨てずに残して置きます。
 
イメージ 2
 
 
山道の完成=山の完成でもあるのでこれでこの部分の製作は終了です。
今後は山の裾部分の製作を進めていきたいと思います。
 
イメージ 3
 
 
 
 
フックを買いに行った際についでにカーコレ基本セットK1を購入しました。
最近あまり車両を購入していなかったので何気なく手に取りました。↓
もっと車は欲しいですが出来は良いですが高価ですからね、なかなか購入しようという気になりません。
4台で定価1500円もします。
(実際は何処の店も大抵値引きしていて1200円くらいですが)
写真左側から三菱 i-MiEV、ホンダのトゥデイ、ダイハツ ハイゼットカーゴ、スズキワゴンRです。↓
イメージ 4
 
 
 
 i-MiEVとダスキン仕様ハイゼットの車体のプリントが細かいのが魅力的です。↓
相変わらず車体のモールドやホイールの出来が素晴らしいです。
ただハイゼットは白いので中身が無いのがモロバレですね…
イメージ 5
 
 
 
 
 
『今日の一枚』はこの車たちをレイアウト上に置いて撮影してみました。
今回は2枚です。
 
どれも住宅地が似合います。
 
イメージ 6
 
 
イメージ 7
 
 
 
以上です。

↑このページのトップヘ