1/150の焼津

焼津市をモデルにしたNゲージの街並みを作っています。焼津の街並みをそのまま模型化するのでは無く、近隣の静岡市、藤枝市など地元の思い出深い風景、柴又やハワイの要素も取り入れた街並みを制作中です。

2012年01月

前回からの続きです。
 
 
1年くらい前から巷で良く見かけるスカイツリーの模型ですがこれは一味違います。↓
建設途中のスカイツリーです。
イメージ 1
 
 
建設中なのに綺麗にライトアップされています…
展望スペースの上には何故かガンダムが立っています。
イメージ 2
 
 
 
 
『しんかい』のプラモです。↓
最近模型店でよく見かけます。これを見ると日本沈没の『わだつみ』を思い出します。
というか僕にとって潜水調査船のイメージがそれしかありません…
イメージ 3
 
 
 
 
これもここ数年よく見かけるようになった人体模型のように断面を部分的に透明にした模型シリーズですが新作がいくつか並んでいました。
スペースシャトルです。↓
イメージ 4
 
 
このシリーズはネタが尽きませんね・・・他にも戦闘機がありました。
 
乗り物だったら良いのですが動物系は苦手です。
学習用としての購入ならともかく好きで集めている人がいるのか不思議です。
キリンもありました。↓
イメージ 5
 
 
僕はキリンが好きなのでこういう物を見るとけっこうショックです。
 
 
 
 
以上、静岡ホビースクエア常設展の2012年1月現在の様子でした。

静岡ホビースクエアの常設展示場の展示物が前回訪れた時と少し変わっていたので紹介したいと思います。
 
 
 
入り口付近には地元静岡県にあります浜岡原子力発電所のジオラマが展示されていました。↓
周りの山々や海も再現されています。
イメージ 1
 
 
模型の右上には大きさの比較の為に同スケールの東京ドームの模型が置かれています。
これはこれで良く出来ています。↓
イメージ 2
 
これは期間限定の特別展示だそうです。
 
 
 
 
モデラーズスクエアも入れ替えてありました。
 
 
ヴェロキラプトルの群れのジオラマです。↓
タミヤの恐竜プラモを改造した物と思われます。
イメージ 4
 
ギョロリとした目玉や大きく開いた口がリアルです。↓
牙や舌の造形が凄いです。
イメージ 5
 
 
 
『こち亀』の派出所前の情景を切り取ったような小さなジオラマです。↓
人形は食玩を利用したそうですがそれ以外の情景がとにかく細かくてリアルです。
ガラスケースに入っていて正面は良く見えますが派出所内部がどの角度からもよく見えないのが残念です。
イメージ 6
 
 
両さんの机周辺がよく見えないのが本当に残念です。↓
机や電話機、ダンボールなどの小物が良い感じです。
イメージ 7
 
 
足元の鳥や蛇口、バケツ等々…生活感のある情景が見事に模型化さrてています。↓
かつて『こち亀』の派出所が模型として市販されていましたがそれが今さらながら欲しくなってきました…
イメージ 8
 
 
 
 
昨年の後半に発売された超地元企業のハセガワから発売された『学校の机と椅子』です。↓
今までに何度かカプセルトイなどでミニチュア化してきたこのタイプの机と椅子ですがこの製品も大盛況みたいです。
イメージ 3
 
後編に続きます。

前回から引き続き静岡ホビースクエアの企画展『海洋堂フィギュアミュージアム2nd STAGE』に関する記事です。
 
 
エヴァのフィギュアも多数展示されています。↓
しかし前回の1stSTAGEの時もそうでしたが数が多くてどれが新たに展示された物なのかわかりません
イメージ 1
 
 
 
ガオガイガー。↓
子供の頃に観ていたような記憶が薄らありますが大人にも人気だったのでしょうか…とても子供用の玩具とは思えぬ出来です。今でもたまに友人がカラオケでカオガイガーの主題歌を歌っています。
イメージ 2
 
 
 
ガメラ3とイリスのフィギュア。↓
映画公開当時、模型店に置いてあるのを買おうかどうか凄く迷った覚えがあります。
けっきょく買いませんでしたけど。
ソフビよりも高いのですが子供が買えないほどの値段ではなかったです。
イメージ 3
 
ガメラはたしかバトルダメージバージョンもあった気がします。
ソフビよりも少し小さいですがとても良い出来です。特にイリスは墨入れされていて色彩、造形がソフビに比べてかなりリアルです。
 
イメージ 4
 
 
 
他にも動物のフィギュアが多数展示されていました。↓
クジラ、ゾウ、サイ、カメ、カッパ等々…
 
イメージ 5
 
 
前回も展示されていた食玩やカプセルトイが多数、並び方を変えて展示されていました。
妖怪シリーズや世界名作劇場シリーズ、ミリタリー系などなど。
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
前回は工作スペースにてティラノサウルスのフィギュアを塗装できる体験コーナーがありましたが今回はジオラマを作れる体験コーナーが追加されていました。
このように海洋堂の動物等の小さなフィギュアを使ってケースの中にちょっとしたジオラマを作ることが出来ます。
土日祝日のみの開催で参加費は1200円だそうです。
どれも力作揃いでした。
イメージ 7
 
 
 
 
 
以上、企画展に関する記事でした。
 
 
 
次回はちょっと展示物が入れ替わった常設展示場に関する記事を書こうと思います。
 
 

前回の記事に引き続き静岡ホビースクエアで行われている『海洋堂フィギュアミュージアム2nd STAGE』の記事の続きです。
 
 
グレムリンの等身大フィギュアが展示されていました。↓
もちろん手を触れてはいけませんがケースに入っているわけではないのでかなり間近で見ることが出来ます。
イメージ 1
 
こうして近くで顔を見ると本当にリアルで怖いです。↓
映画グレムリン自体は子供の頃…10年以上前に見たきりなのでうろ覚えですが。
イメージ 2
 
 
 
ゴジラ関係のガレージキットが並んでいます。↓
モスラは羽が物凄く薄くて本当に昆虫みたいです。モスラの幼虫もリアルでちょっと気持ち悪いです。
イメージ 3
 
 
 
首の角度など躍動感のあるキングギドラとモスラ96の孵化したシーンのフィギュア。↓
 
イメージ 5
 
 
かなりボリュームがあり大迫力のビオランテのフィギュア。↓
そして塗装が凄くリアルなせいで劇中よりもかなり格好良くなっているメカゴジラ。↓
イメージ 6
 
 
メーサー車のレジンキャストキット。↓
ここまで大きいと実際に映画でも使用していそうな気がします。精密ですしかなり格好良いです。
リボルテックもこのくらいの大きさがあればいいのに・・・
イメージ 7
 
初代ゴジラ。↓
こちらもかなりボリュームがあります。劇中よりも躍動感と生物感を感じる造形です。迫力があります。
イメージ 8
 
 
これは恐竜のガレージキットです。
デザイン的に時代を感じますね。僕が幼い頃まではこんな感じでしたが。
ジュラシックパーク公開あたりから恐竜のイメージやデザインがずいぶんと変わりましたね。
特にティラノサウルスに関しては。
イメージ 4
 
 
 
次回に続きます。
 

1カ月くらい前に静岡ホビースクエアで行われていた企画展『海洋堂フィギュアミュージアム in SHIZUOKA 1st STAGE』に関する記事を書きましたが今回は先日から始まりましたその企画展の第2弾、『海洋堂フィギュアミュージアム in SHIZUOKA 2nd STAGE』について書こうと思います。
 
イメージ 1
 
 
前回の企画展のタイトルに『1st STAGE』と付いていた意味がようやくわかりました。
 
 
今回も入場料は大人一人800円。
しかし入場記念ガチャガチャは年齢制限があって子供限定になっていたので今回は出来ませんでした。
 
この時点でちょっと嫌な予感がしていたのですが…
 
前回に比べてかなり微妙な展示でした
 
 
ほとんど前回の展示品の場所を入れ替えただけ。
ちょっと模様替えした感じなだけです。
 
前回見た等身大のケンシロウや『あぁ女神さま』のフィギュア。
かなりビックサイズの大魔神やゴジラのフィギュアなどなど・・・
 
しかも前回に比べて格段に展示数が少なかったです。
新たに展示された物がどれなのか…どれもこれも前回も見た気がする疑心暗鬼に陥りそうでした。
 
 
そんな中でもたぶん前回の展示会では見かけなかった物を撮影してきましたけどもしかしたら前回も展示されていたものかもしれません…
 
 
 
ジブリやルパンのフィギュアが並んでいます。
全てガレージキットですね。
イメージ 2
 
ルパン関係のフィギュア。↓
銭形の後ろにいつもいる奴までフィギュア化されていたなんて驚きです。
イメージ 3
 
 
 
カリオストロの城の模型もありました。↓
精密でボリュームもあります。模型の下にはルパンの車やパトカーが置いてあります。
360度見渡すことが出来ます。
イメージ 4
 
 
ただの城の模型ではなくて城の各所で映画のワンシーンが再現されえています。↓
 
イメージ 5
 
 
 
ドラゴンボールのフィギュアもありました。これもすべてガレージキットですね。↓
 
イメージ 6
 
 
 
これは・・・見たこと無いキャラばかりです。↓
説明書きによると今現在の美少女フィギュアの先駆け的な物だそうです。
たしかに80~90年っぽいデザインな気がします。
イメージ 7
 
 
 
ラブひなのフィギュアです。↓
かなり大きいです1メートルくらいあるのではないでしょうか…
ラブひなといえば中学時代に友人の一人が物凄くはまっていて勧められた覚えがあります。
けっきょく読まなかったですが。
イメージ 8
 
 
 
 
さて一つの記事に載せられる写真の数は限られているので今回はここまでです。
今回も前回同様に数回に分けて更新していく予定です。

↑このページのトップヘ