1/150の焼津

焼津市をモデルにしたNゲージの街並みを作っています。焼津の街並みをそのまま模型化するのでは無く、近隣の静岡市、藤枝市など地元の思い出深い風景、柴又やハワイの要素も取り入れた街並みを制作中です。

2011年08月

池のある公園の制作、後半です。
 
 
 
池の水面にグレインペイントアクアのクリアを重ね塗りしました。
これで水っぽさが増した感じがします。ボートも配置しました。↓
 
イメージ 1
 
 
 
 
池の周囲を木の柵で囲みました。線路脇用の柵を茶色く塗った物です。↓
イメージ 2
 
 
公園の周囲には植樹しました。
団地の制作の際に用いたKATOの広葉樹です。
土台の根っこ部分は大きすぎるので今回は取り外して地面に突き刺しています。
 
イメージ 3
 
 
仕上げに公園内に人形を置いていきます。
KATOの『公園の人々』とジオコレの『住宅街の人々』を使いました。
木陰のベンチには老夫婦を座らせました。↑
 
 
ベビーカーを押す母親。↓
 
イメージ 4
 
 
 
ボートに乗りにきた親子。どれに乗ろうか悩んでいます。↓
後ろにいるのはボート小屋のオヤジ。
写真では分かり辛いですが地上から桟橋に降りる木の板も設置しました。
イメージ 5
 
 
 
 
公園の外には自販機を設置。犬の散歩をする人も置きました。↓
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
完成した公園の全体像です。↓
 
 
イメージ 7
 
 
 
 

住宅地側の制作。
 
先日購入した『ボート小屋』を使って池のある公園を作ろうと思います。
 
池を全て作るのはスペースの問題で無理なのでボート乗り場周辺のごく一部を作ります。
 
 
まず池と陸地の高低差を作る為に園の制作範囲にスチレンボードを貼ります。
こんな感じに作ろうと簡単に小物を置いたり線を引いてみました。↓
イメージ 1
 
 
公園の周囲にはレンガ模様の紙を貼って行きます。スチレンボードの側面を隠す為です。
パソコンでレンガの素材写真を加工し、印刷しました。↓
イメージ 2
 
 
 
レンガ模様の紙を貼り、公園内も塗装しました。↓
公園の入り口には階段とスロープを作りました。
階段は余ったいたプラ板で、スロープはスチレンボードの余りです。
イメージ 3
 
公園内の地面は情景テクスチャーペイントのサンドを他の色々な塗料と混ぜて塗りました。
砂土っぽい落ち着いた色にしました。池は艶のある茶色の塗料を塗りました。
 
 
 
池を縁取る為の丸太(?)を制作しました。
竹ひごに茶色など幾つかの色を塗って均等な長さにカットしていきます。
思ったよりも良い感じの色に塗れて満足です。木っぽさが出ていると思います。↓
イメージ 4
 
 
しかし均等にカットするのは数が多くて大変でした・・・
 
 
早速これで池を縁取っていきます。↓池にはグレインペイントアクアを塗りました。
 
イメージ 5
 
 
公園の隅は緑色に塗りました。植え込みも置いていきます。↓
このブログに度々登場するサクラのフォーリッジを緑色に塗装してリサイクルした物ですが今回でようやく全て使い切りました。
イメージ 6
 
 
 
ボート小屋も置きました。
裏には乾してあるボートも置きました。↓
イメージ 7
 
 
 
 
次回は公園制作の後編です。

漁港と住宅地を繋げる作業の続きです。
 
今回は住宅街周辺の制作作業です。
 
今回は建築現場と歩道橋の制作です。
 
この記事で作った鉄骨建築現場を拡張する事になりました。→http://blogs.yahoo.co.jp/wara3572/63136948.html
 
本当は拡張するつもりではなかったのですが・・・
せっかくなので今までビル建設現場に置いていたけれどクライミングクレーンを作った為、置く場所がなくなって困っていたクレーン車を置こうと思います。
 
地面は砂利という設定なのでグレーの情景テクスチャーペイントにさらにカラーパウダーを混ぜて塗りました。
その上に敷鉄板を置こうとしたのですがクレーン車が乗る分もありませんでした・・・
仕方ないので他のパーツを使って誤魔化す事に。↓
イメージ 2
 
どうせ使う事もないジオコレの足場の鉄板部分を車体で見えなそう部分に置きました。
 
クレーン車を置くとこうなります。↓
どうにか誤魔化せそうです。
イメージ 3
 
 
次の作業。
 
工事現場を覆う塀の制作。
 
ジオコレの工事現場B(ゲートと塀)の塀も余っていないしどうしようかと思いました。
 
たった数枚の塀が欲しいが為に800円も出して多量の塀を購入するのももったいない・・・
 
悩んだ結果、塀の写真を撮ってパソコンで加工して余っていたプラ板の切れ端に貼り付けました。↓
 
イメージ 1
 
本来の塀と随分と違いますが・・・これで良いでしょう・・・
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5
 
 
これで工事現場の制作は終了です。
 
次は歩道橋の制作・・・
 
 
1年前に購入してから全く使っていなかったジオコレの歩道橋を道の幅に合わせて短くしました。
 
イメージ 6
 
継ぎ接ぎが目立つのでシールなどで誤魔化そうと思います。
 
このジオコレの歩道橋はGM製に比べて太くてKATOのジオタウンの道路幅にも合わない不便な代物でした。
たとえ短くしても階段の幅が広すぎるせいで歩道に収まりきらない・・・・
 
でもレイアウト内に歩道橋を1つは置きたかったので今回、短く加工してようやく置く事が出来ました。
 
歩道橋が置けるように歩道の幅も広くしました。
 
フェンスやガードレールも設置、だんだんと街らしくなってきました。
 
イメージ 7
 
 
 
次回は公園の製作です。

1年ぶりにRMMを購入しました。
 
毎月欠かさずに立ち読みしているのですが今回は付録が付いているためにどこの書店でも雑誌が開けないように紐で縛ってあったりして立ち読みが出来ませんでした・・・
 
仕方ないので購入する事に。今回の特集にも興味があったので。
 
しかし雑誌に千円以上出すのはちょっと厳しいかな・・・とも思いました
 
 
 
さて今回の特集ですがこの記事のタイトルにもあったように『鉄道模型もLED!パート2。情景関連製品編』です。
 
 
イメージ 1
 
信号機や車のライトなど細かい所まで光らせる事が出来る凄い時代となりましたな・・・
 
 
 
ちなみに立ち読み出来なかった原因の付録は大々的に特集されている白色LEDでした。↓
 
イメージ 2
 
 
たしかにこの特集を読んでいるととても魅力的だし自分のレイアウトも光らせたいな・・・と思いますが今後やる気は一切ありません。
建物内だけでなく看板や信号機、街灯、自販機、電飾、車など全て光らせるなんてとても不可能だからです。
だからといって中途半端に光らせるのはもっと嫌だし・・・
 
 
 
そんなわけで全く要らない今回の付録ですが使わないのはもったいないし、せっかくなのでコンビニに取り付けてみました。
 
 
 
まずはこれが光らせる前の状態。↓
店内の様子は薄暗い為、ほとんど見えません。
イメージ 3
 
 
点灯。↓
 
イメージ 4
 
想像以上に明るくて驚きました。写真では眩し過ぎて店内が白く写ってしまいましたが・・・
 
店内の陳列や人形がはっきりと見えます。↓
これはこれで良いかも・・・と思いますが看板が点灯していないのが気になってしまいます・・・
イメージ 5
 
 
 
そして今回の作業の為に久々に使ったパワーユニット。↓
数年ぶりに使ったので埃塗れでした・・・
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さて話は変わりますがワンピースの船のフィギュアを購入しました。
 
無難な(?)海軍の軍艦です。
 
イメージ 7
 
静岡鑑定団で500円くらいしたと思います。
 
最近はワンピース関連のフィギュアが毎日のようにプライズ品や1番くじなどで発売されて集めているファンの方も大変ですな。普通に全て集めようとしたら破産してしまうと思います。
トイパラストアを見ていても常に新商品の欄にワンピース関連品があるし。
 
 
イメージ 8
 
 
 
 
さっそくレイアウト上に乗せてみました。
 
小川港に入ってきた軍艦。↓
 
イメージ 9
 
 
ウォーターラインじゃないので自立しないしスケールがNサイズではないので不自然ですが・・・
漁船と同じ大きさだし。
 
でもちょっとしたネタというか遊び心として置いておこうと思います。
停泊しに来た軍艦って事で。
 
イメージ 10

6月末に決めた下半期の制作目標のひとつ、住宅街と漁港を繋げる作業を始めました。
 
 
どんな感じにするのか1ヶ月くらい悩みました。
 
そして出来たざっくりとした設計図。↓
 
とても分かり辛い図ですね・・・
 
イメージ 1
 
 
とにかくこの図を元に制作を始めました。
 
ダイソーのカラーボードなどを使い、制作していきます。
継ぎ接ぎだらけで汚いです…↓
イメージ 2
 
 
当初はもっと短い予定だった坂道ですがトレーラーの通れるなだらかな坂道にしようとしていたらこんな長くなってしまいました・・・大きく予定変更です。
でも本当はもっとなだらかにしたかった・・・
イメージ 3
 
 
 
歩行者用の橋はGM製の歩道橋を利用しました。↓
塗装は迷いましたが海の近くなので爽やかな水色にしました。
イメージ 4
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
たいして作業が進んでいないようにみえますがここまでで1週間以上かかっています・・・
 
 
 
 
 
 
 
話は変わりますがトラコレ2台セットEを購入しました。
漁港に置く予定です。
活魚輸送車はまさかオープンパッケージで発売されるとは思っていなかったのでブラインドパッケージだったトラコレ6が発売された際にネットで活魚輸送車だけ数台まとめて購入していました・・・
港を作る際にたくさんあった方が良いと思ったので。
イメージ 6

↑このページのトップヘ