1/150の焼津

焼津市をモデルにしたNゲージの街並みを作っています。焼津の街並みをそのまま模型化するのでは無く、近隣の静岡市、藤枝市など地元の思い出深い風景、柴又やハワイの要素も取り入れた街並みを制作中です。

2011年04月

注文していたミニネイチャーがようやく届き、作業再開です。
 
注文してから届くまで2週間くらいかかりました。
 
『田植えが済んで』×6パック。『光る草の茂み』×1パックを追加購入。
 
イメージ 1
 
これでこの『春の田園風景』を作るのに2万円くらい使った事になります。
主な出費はやっぱりミニネイチャーです。
 
早速『田植えが済んで』をボードに貼っていきます。
パックによって出来にバラつきがあって下地がしっかりしてる物もあれば下地が無い物もあったりして凄く貼っていくのに苦労しました。
 
途中で『田植えが済んで』が足りなくなるのは分かっていたのでアイコム製の田植え機(乗車型)を購入しておきました。購入時の記事では伏せていましたがこの為に購入したのです。
 
↓このように置いて田植えの途中という事にしました。
 
イメージ 2
 
それにしてもこんなに足りないとは思わなかった!
 
イメージ 3
 
計8パックも使ったのに半分も出来ませんでした。
これで1万円近く使ってしまったなんて・・・
 
農家の正面にある田んぼにも植えました↓
イメージ 4
いかにも春の風景って感じです。農家の隣の竹林には根元に竹の子が植わっているのが見えます。
 
 
 
こちらは田んぼを挟んで農家の向い側にある畑。↓
 
イメージ 5
線路脇に置く柵が余っていたので朽ちかけの木製の柵っぽく塗装して畑と道路を隔てる為に置きました。
 
トラクターや田植え機などの農機が田んぼに降りる為の道(?)も作りました。
プラ板と紙粘土で作り、コンクリート製っぽい色で塗装して土や泥のような色で汚してあります。
 
 
ビニールハウスも配置完了。
真ん中のビニールハウスの中身は余っていたサクラのフォーリッジを緑に塗装した物に差し替えました。
この間からいたる所に使っていますがまだ余っています。またどこかで使うでしょう。
イメージ 6
 
 
農機小屋の前には農機など様々な農機具や小物を配置。
本来なら小屋の中に仕舞ってあるはずの物なのでしょうがせっかくなので全て見えるように小屋の外に配置しました。小屋の意味がない・・・。
イメージ 7
 
 
小屋の前には畑を作りました↓
 
イメージ 8
 
まだ何も植えてないトラクターで耕している最中の畑です。
 
耕している感を出す為に土の色を周りよりも少し濃い色にして立体感を出す為に塗料にカラーパウダーやバラストを混ぜてあります。
トラクターも土っぽい色でウェザリングしています。
 
 
 
 
 
これにて『春の田園風景』の製作は終了です。
 
上から見た全体像。↓
 
イメージ 9
 
水田の水面がテカってしまっている・・・写真撮るのって難しい・・・
 
イメージ 10
 
 
とりあえず今月中に完成して良かったです。
 
 
 
 
 
 
4月の総括・・・
 
今日で4月も終わり。
 
これが今月最後の記事になります。
 
今月はレイアウト製作に関する記事を12件もアップしました。
これはかなり多い数字です。
というのも今月は仕事がそこまで忙しくなくて製作時間が十分にあった事や花粉症が酷くて休日はほとんど外出しなかった事が重なったりした為です。
休日はレイアウト製作や読書に費やされました。
何度か花見に行ったりもしましたが家にいる時間の方が圧倒的に多くて半ひきこもり状態でした。
 
しかし数日前から花粉症も落ち着いてきて明日から5月・・・
5月といえば行楽シーズン(ただし僕にゴールデンウイークは無い)という事で来月はたぶんレイアウト製作の記事は少しお休みするかもしれません。
 
しかし他の記事はアップしていく予定です。
 
 
 
 
 
 
 

住宅街をさらにさらに拡張しました。
 
赤い枠で囲った部分です。↓
 
イメージ 1
拡張した理由は写真の右上を見れば分かりますがもともと建物がボードから食み出していた事と写真右下の角の部分の敷地が足りなかった為です。
 
 
今回、拡張した角の部分には置き場所に困っていた建築中の建物(鉄筋)を置きました。↓
イメージ 4
 
少しだけ余っていた工事現場用の塀で囲ってあります。
 
どうして置き場所に困っていたかというとこの建物の周りに何を置けば良いのかよく分からなかったからです。
住宅の建築現場なのかビル建設現場なのか・・・大工がいるのか作業員がいるのか・・・中途半端な建物なので迷っていました。
 
なのでレイアウトの角に置く事で『レイアウトの切れ目の向こう側・・・その先はご想像にお任せします』的な感じで誤魔化せるかな・・・という演出(?)にしました。
 
イメージ 5
 
限られた狭いスペースにはテキトーに小物を置きました。この建築現場の敷地はまだ右側に広がっているという設定です。
 
 
 
住宅街の中には中途半端に空いてしまったスペースあります。
その狭いスペースを埋めるために小さな住宅を置くことにしました。
 
小さな住宅とはこちら↓
 
イメージ 6
 
 
何年か前にヤフオクで購入した出品者様の自作ストラクチャーです。
一般住宅が2軒。
簡素な作りで窓ガラスが何故か青い。しかも勝手口はあるのに玄関がない。変な家です。
 
今思えば何で落札したのか(失礼)。これで結構な額しました。
 
レイアウト上に置く気がしませんでしたが他の既製品の住宅よりも少し小さいので中途半端な空き地を埋めるのにはちょうど良い事に気が付きました。
 
イメージ 7
GM製の塀で囲って空いている所に置きました。
 
イメージ 8
 
屋根の色が派手なのでけっこう目立ちます。
 
イメージ 9
 
イメージ 10
 
 
 
 
 
 
住宅街の製作は今日はここまで。
 
 
 
 
 
続いて同時進行中の田園の製作です。
 
 
 
わけがあって水田を一から作り直しました。↓
 
イメージ 11
 
稲も列の間隔を狭めて接着直し。
かなりしんどい作業でした。腰が痛いです。
 
 
水田の隣に畑を作る為の土地を塗装しました。↓
 
イメージ 2
 
写真の手前側が畑です。情景テクスチャーペイントのサンドをいくつかの色と混ぜて乾いた土っぽい色を出しました。
奥は高架道路が通っているので橋脚周辺はグレーに塗装し舗装しているように演出。
フェンスで囲いました。これで買い置きの津川のフェンスを全て使い切ってしまいました。
扱いやすくて使う所がたくさんあるのであっと言う間に無くなってしまいました。
また買い足さないとです。
 
 
先日購入したビニールハウスを畑に置くために畑の地面に直接ビニールハウス内の様子を描いていきます。↓
 
イメージ 3
 
ビニールハウス内の湿っている土を表現するために周りより濃い色の土色に塗っていきます。
 
 
本日の作業はここまでです。

春の田園風景を製作するために今回、色々な物を購入しました。
 
『農機小屋と農機B』も散々迷いましたが購入する事にしました。↓
 
イメージ 1
 
でもやっぱり購入しなくても良かったかも・・・
コンバインの出来は微妙でした。
田植え機も需要が微妙な手押し型だし・・・
 
小屋もレイアウト上に置く予定は今のところ無いです。
でも農機と小物は置こうと思います。
 
 
 
他にもジオコレのビニールハウスを購入。
発売当初は購入する気なんて全然無かったのですが今回、水田の隣に畑を作る事にしたので購入する事にしました。
イメージ 2
 
ビニールハウスは透明過ぎるかな・・・と思いました。地面も色が黒すぎる・・・なんでこんなに黒いのか。
でも中の作物が再現されているのが嬉しいですね。
 
イメージ 3
 
 
 
ビニールハウスを購入する際に近くのお店では在庫切れだったみたいで店頭に並んでいませんでした。
しかし早く欲しかったのでアマゾンで購入しました。
 
宅配便の外装が無駄に大きいな・・・と思います。↓
下のダンボール箱が外装、その上に乗っているのが今回購入したビニールハウスの箱。
イメージ 4
 
 
田植え機(乗車型)も欲しかったのでアイコム製の物を購入しました。
さっき紹介したジオコレの農機にも田植え機がありましたがあれは手押し型でほとんどの農家ではあんな物は使っていないそうです。
なおさら農機小屋Bは買うんじゃなかった感が・・・
 
これがアイコム製の田植え機(乗車型)と農民の人形です。↓
イメージ 5
 
小さすぎてピントが合いませんどうしたら小さな物も鮮明に撮れるのか・・・
 
写真ではいまいち伝わらないでしょうがエッチング製でとても繊細でシャープで良い出来です。
人形も細部まで細かく良い出来。
 
ちなみにこれもネットで購入したのですが外装が無駄に大きかったです。
先ほどのアマゾン以上です。
イメージ 6
 
ざっくりと測って計算してみたら外装のダンボールは中身の80倍の大きさでした。
 
 
 
まぁそういうわけで以上、これらを使って春の田園風景を製作していきたいと思います。
 
 
 
 
 
 
 
話は変わりますが以前製作した河レイアウトでライケンが足りなくなってしまい山肌が見えてしまっている部分がありましたが今回、ライケンを再び購入して山肌を全て覆う事が出来ました。
 
 
購入したのはトミックスのライケンです。
今まではKATOのライケンを使っていましたがKATOのライケンは容量が多くてそのぶん値段も高いので半分くらいの量で値段も半分のトミックスのライケンを今回は使用する事にしました。
 
しかし今まで知らなかったのですがKATOとトミックスのライケンは全然色が違うのですね・・・
同じグリーンでもこんなに差がありました。↓
上がトミック、下がKATOです。
イメージ 7
 
でも山は色々な色の樹があっても何にも問題ないので普通に使いました。
というか山肌に盛る際に前回と同じ色のカラーパウダーが余っていたので塗しました。
そしたら周りのライケンとほとんど見分けがつかなくなりました。
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
こうして見るとほとんど山の繋ぎ目が分からなくなりました。
これで山はとりあえず完成です。
 

住宅街の製作の続きです。
 
前回作った住宅街の道路を作り直しました。
 
そしてさらに拡張しました。
写真の上の部分です。
イメージ 1
 
作り直したのは写真の下方の道路です。
前回の道路は何故か車道が狭くて路肩が以上に広かったので不自然でした。
なので自然に見えるように車道の幅を広げました。
 
続いて住宅地に置く住宅を少しいじります。
住宅地に置くジオコレの建物コレクション現在住宅A~Eの建物の周りの庭の部分をカットしていきます。
 
これはカットする前の現在住宅Aです↓
 
イメージ 3
そしてカットしたのがこちら↓
 
イメージ 2
 
建物の土台を残して後は全てカットしました。
 
何故カットしたのかというと・・・
 
庭が無駄に広くてそのままレイアウトに置くとすぐにスペースが埋まってしまうからです。
そして住宅街にこんなに敷地が広い一軒家があるのは不自然だと思ったからです。
普通だったら建物の正面に車を停める程度のスペースがあるくらいが自然です。
ガレージとか池とか・・・要らないでしょう・・・。
建物の両サイドは広い必要な無い。外壁のすぐ隣には塀があってその隣にはお隣さんの家がある。そのくらい密集していた方がリアルだと思います。
 
イメージ 4
随分と締まった感じになりました。
 
それにしても大変でした。5つの住宅のベースを切り取るのは。
そして全て切り取った後に気付いたのですが土台をわざわざ残す必要なかったかな・・・
素直にベースを外して建物だけを残せば良かった。
無駄に疲れた・・・
 
コレが今回の製作によって広がった住宅街の全景です。↓
 
イメージ 5
 
写真の左側にはまだ空き地があります。
これは今度発売する『建売住宅C、D』を置く予定でいます。
 
次の住宅街の製作記事はそれが発売してからです。
 
あと1週間後くらいですかね・・・発売は。
 
なので次の更新は住宅街の製作よりも前に春の田園風景の記事をアップする事になると思います。
 
すいませんね・・・色々と同時進行でやっているのでブログの記事の更新内容がバラバラで。

田園風景の製作と平行して進めている住宅街の製作を記事にまとめました。
 
田園風景の製作も進めてはいますが記事にまとめるほど進んでいないので先にこちらの住宅街の製作を紹介します。
 
住宅街の製作は今年の最初に掲げた3つの製作目標の最後のひとつです。
 
 
レイアウト上にスペースが無くて置けなかった住宅が数多くあるのでそれを置く為の措置です。
 
そんなわけで今まであった港レイアウトの住宅街を拡張します。
 
写真の左上と右側の白い所が拡張した部分です。↓
 
イメージ 1
 
この白いのはダイソーで購入したカラーボードです。
写真の右側はA3サイズあります。
 
港レイアウトの住宅街と繋げるために道路を製作していきます。↓
イメージ 2
歩道は港レイアウトではGM製の歩道を使っていました。
最初は新しく作る住宅街の部分も同じGM製の歩道を使う予定でした。
しかし昨今ではなかなかGM製のストラクチャーキットを店頭で見かけることが無くなりました。
探すのも大変だし必ずしも同じ歩道を使う必要も無いので以前メインストリートを作った時にパソコンで製作した歩道を色を変えて使う事にしました。
 
当初はメインストリートの時のように歩道の下にプラ板を貼って段差を作る予定でしたが面倒なのでやめました・・・フラットな歩道の方がバリアフリーな感じがするし。
イメージ 3
 
 
フェンスとガードレールを設置して電柱と街灯も立てました。
ただ電柱と街灯はこれで手持ちが無くなってしまったのでまた買い足さなければなりません・・・
住宅も並べてみました。仮置きですがたぶんこの場所で確定です。
イメージ 4
 
 
そしてこちらはレイアウトとカラーボードの繋ぎ目部分↓
 
イメージ 5
 
後先を考えずに行き当たりばったりで作業進めていると出てくる歪・・・
僕のレイアウトでは良くあることです。
本当は真っ直ぐの道路が微妙に曲がっていてその結果、どうしても教会を少し斜めに置かなければならないことに・・・
教会と公園の間に僅かな隙間が出来てしまいました・・・しかも直角三角形という変な形のスペースが・・・
色々と迷いましたが公園の敷地を少し伸ばす事に。かなり無理がありますが。
上から見ると分かるように教会と公園と間にフォーリッジを多めに置きました。
 
このフォーリッジは以前、ジオコレのサクラの花びらだった物です。
前に夢屋書店の記事で植え込みとして使用しましたがまだ余っていたのでこのようにあまり目立たないような場所に置きました。
 
 
 
ちなみにこの公園の向い側に新たに拡張した部分があります。
 
そこには先日に購入した建築中の建物(木造)を置きました。↓
 
イメージ 6
 
地面は情景テクスチャーペイントのサンドの色を少し落ち着かせた物を塗りました。
 
付属していた木材や足場、他の製品から流用した簡易トイレやコーンを配置しました。
 
イメージ 7
 
配置の仕方がいまいち分かりませんでしたが適当に配置してもそれっぽく見えるはず・・・です。
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
 
あとは空いているスペースを他の住宅で埋めていきます。
それで住宅地の拡張は終了です。
 
 

↑このページのトップヘ