1/150の焼津

焼津市をモデルにしたNゲージの街並みを作っています。焼津の街並みをそのまま模型化するのでは無く、近隣の静岡市、藤枝市など地元の思い出深い風景、柴又やハワイの要素も取り入れた街並みを制作中です。

2010年08月

六脚ブロックがついに揃いました。けっきょく50個くらい使いました
 
テトラ、ブロック周りを中心にグレインペイントアクアを盛っていきます。
 
イメージ 1
 
 
堤防の上の歩道に縁石と柵を設置しました。
 
イメージ 2
 
 
 
そしてこちらは8ヶ月も製作が滞っていた高架道路の製作。
8ヶ月の間、少しずつトミックスの高架線路プレートを買い続けました。なかなか近くの安いお店に置いてないのでこんなに時間がかかってしまいました。
 
そんな高架線路プレートなのですが橋脚がなぜかグラつくという難点があります。何でだろうか…
イメージ 4
そしてさらに難点は橋脚の台座に幅がある為、ジオタウンプレートの敷地の幅に収まらないのです。
仕方がないので台座を全て外して台座にはめるための爪も全てカットします。↓ちょっともったいないです…
イメージ 3
 
そして個々にグラつく脚をまとめて固定したいと思います。
 
こんな感じに足元にプラ板を敷いて接着剤で貼り付けます。↓
イメージ 5
 
続きます。

潮風コースの散策を再び行います。
今回は港周辺を散策します。
 
ここは小川港のすぐ近く。釣りに来る人達が利用する駐車スペースです。365日昼夜問わず混んでいます。
イメージ 1
 
駐車スペースは松林に囲まれています。
イメージ 2
 
その駐車スペースから歩いてすぐの所に広場があります。ここの公衆トイレは釣り人に多く利用されている・・・たぶん。
イメージ 3
 
堤防の上の散歩道。潮風コース。↓この柵は金属製ではなく樹脂製です。なのでうっかり寄りかかったりすると危険です。
イメージ 4
 
ちなみにお盆過ぎの潮風コースはトンボの群れが凄いです。
手を伸ばせば簡単に飛んでるトンボを掴む事が出来ます。

ずっと探していた『テトラと六脚ブロック』が楽天で見つかりました!
ただ送料のせいで定価の倍の値段に
イメージ 1
 
さっそく塗装して海面に並べていきます。
六脚ブロックの並べ方・・・というか組み方には決められた法則があるようなので写真やネットを見て四苦八苦しながら見様見真似。
海面にはグレインペイントアクアを塗ってあります。乾くと透明になります。
イメージ 2
 
テトラの並べ方はてきとうです。海に沈んでいるように見せる為にテトラの足は何本かカットしています。
イメージ 3
 
製作中に気付いたのですがなんと六脚ブロックがまだ足りません
なんて事だ・・・かなりのショックです。再び楽天で注文するしかない・・・・あぁ。
 
線路の製作は順調です。手前半分は完成しました。あとは奥の半分です。
昨年も同じような線路を作りましたが今回は線路脇の草の製作に情景テクスチャーペイントを使っているので凄く楽です。やっぱり便利ですね・・・これ。
イメージ 4
 
 
ちなみにこの記事を書いている際に2度もパソコンがフリーズして最初から書き直しています
今書いているので、3回目です。
これも猛暑の影響でしょうか…(2度目のフリーズまで冷房を付けないで作業してました)今はクーラーをガンガンにかけて作業してます。

海の下地を塗っていきます。
ダイソーで購入した白と藍のアクリル絵の具でグラデーションっぽい感じで。↓
イメージ 1
 
浜辺は港に比べて浅瀬なので海の色は割と淡色です。ちなみに焼津の海はこんな青々としたきれいな色をしていません。
 
イメージ 2
 
砂浜の色が少し濃いな、と思ったので白のアクリル絵の具を薄く塗ってみました。
海岸線沿いにソテツも植えました。
 
堤防もだいたい完成です↓
イメージ 3
 
前の堤防よりも大きくなったので階段の段数も必然的に多くなっています。
警告文も作り直しました。前回よりも良い出来かと思います。
 
 
 
 
1週間ほど前から探している六脚ブロックですが先日、タウンページで近隣の模型店を検索して周ってきました。
しかし悲しいものでほとんどの店が閉店していたり開店休業状態でした。個人経営の店はやっぱりこのご時世生き残れないのか・・・世知辛い。
 
けっきょく少し遠出して(車で40分くらい)レンボーテンまで行ったけど置いてませんでした。
 
でもその代わりに久々に行ったレインボーテンでトミックスのミックスバラストを見つけたので購入しました。
実は半年くらい前から製作が滞っている線路に必要な製品でした。半年以上、近所のホビーショップに置いてなくて(なんで?)ずっと困っていたのですがようやく手に入れる事が出来ました。
そんなわけで線路作り再開です。
イメージ 4
 
 
六脚ブロックの入手は未定。
 

ベースがだいたい完成した堤防に塗装をしていきます。
塗装には情景テクスチャーペイントのライトグレーを使います。
情景テクスチャーペイントは野池の製作から使用していますがあまりの便利さに高価ながらいくつも購入してしまいました。
 
まだ乾いていないので艶っぽいけれどコンクリートのザラザラ感が良い感じです。↓
イメージ 1
 
浜辺の方も情景テクスチャーペイントを使って砂浜を再現しています。↓
イメージ 2
 
六脚ブロックがほしいのですがジオコレからは模型化されておらず(3種類も消波ブロックが模型化してるのに…)GM製品を購入しようとしたのですが近所の店に置いてなくて仕方なくネットで買おうとしたのですがお盆休みで1週間も発送が滞るという連絡が…
あげく注文してから4日目の今日、品切れのため注文はキャンセルさせていただくとメールが…
 
困った。

↑このページのトップヘ