1/150の焼津

焼津市をモデルにしたNゲージの街並みを作っています。焼津の街並みをそのまま模型化するのでは無く、近隣の静岡市、藤枝市など地元の思い出深い風景、柴又やハワイの要素も取り入れた街並みを制作中です。


昨夏から最近にかけて発売された子供向けのガチャポンを紹介していきます。


まずは昨年8月に発売されたガラピコぷ~のエアフレンズを紹介します。


毎年夏に新作が発売されているシリーズですが今回は新キャラとしてガラピコ忍者が登場しました。↓

20200816_200853

ガラピコ忍者はガラピコの亜流ではありますが約2年前からコーナー化もされているので馴染みのあるキャラクターです。


定番キャラクターのチョロミーとムームーは浮き輪バージョンが登場しました。↓
(チョロミーしか入手できませんでした)
20200811_102849

浮き輪は完全な輪ではなく、Cのようになっていて取り外しやすい構造でした。↓

20200811_102855


他には人形ではなく、スティックもラインナップされていました。↓

20200811_102953

チョロミーとムームーが裏表にデザインされていました。

20200811_102949

さらに2年ぶりにしずくハーモニーもラインナップされました。↓

20200811_103000

前回と微妙にデザインが異なり、星のマークの中にキャラクターが描かれておらず、クリア素材になっていて中身のきれいなビーズが見えるようになっていました。
振るとビーズがシャラシャラと鳴りました。

入手できたのは以上です。

正直毎回似たようなラインナップなので新キャラも登場させてほしいと思いました。
スキッパーさん、プッチマーゴさん、キュリオ店長は既にぬいぐるみや指人形として立体化されていますが未だに商品化していないビービルさん、タッチパッチさん、モコピット、ワルピットあたりも立体造形物として発売してほしいと思いました。



続いては『いないいないばぁっ!』のエアーフレンズの紹介です。
今回の新作は演奏ごっこがテーマという事でワンワンのデザインされたマイクやマイクを持ったワンワンの人形がラインナップされていました。↓

20200811_103150

20200811_103256

他にもうーたんと太鼓のセットなどもありましたが入手できませんでした。

こちらもどうせなら今まであまり商品化していなかったキャラクターをラインナップに加えてほしいと思いました。


そして驚いた事に今回紹介した2つの番組のエアーフレンズはアンパンマンにも流用されていました。↓


20200811_103142


20200811_160105

汎用性の高い物を作るなぁと感心します。

そういえば以前紹介したラトルも色々なキャラクターの物が出ていました。
バンダイは上手い事やってると思います。










明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。


今回はトミカの葛飾区トラックを紹介します。


2019年の夏に発売されたトミカで正式名称は『トミカNo.48 日野プロフィア 葛飾トラック』です。

20200828_055722


映画『男はつらいよ』でお馴染みの葛飾区とコラボしたトミカが発売された事は意外ですがタカラトミーと葛飾区は協定を結び地域活性化を目的とした様々な活動をされているそうでこのトミカもその一環で発売されたようです。

コンテナの色は葛飾区のロゴをイメージしたブルーで葛飾区を象徴する柴又の風景や葛飾区の花、花菖蒲や葛飾区のイベント葛飾納涼花火大会の写真が貼られていました。
20200828_055741

柴又の風景は柴又駅から帝釈天に向かう途中の『たなかや』と『ハイカラ横丁』のある交差点です。↓
特徴的な参道のアーケードも写っていますね。

20200828_055753

柴又と言えば帝釈天や二天門、参道と柴又街道の交差点、柴又駅などもっと印象的な風景があるので何故この場所を選んだのかは不明です。

コンテナだけでなく、車体にも葛飾区のマークがあるところが嬉しいです。↓
コンテナは開くギミック付きです。
20200828_055838





今回はこのトミカを現在制作中の柴又レイアウトの『たなかや』の近くの交差点に置いて撮影してみました。↓
コンテナの写真と同じ場所です。
20200828_060434




さらに二天門の前で寅さんのマスコットと並べて撮影してみました。↓
建物、車両、マスコット全てのスケールがバラバラですが意外と良い感じの写真が撮れました。
20200828_060756




お正月と言えば寅さん。

正月に相応しい1枚となりました。


今年最後の記事となりますが例年のように1年の総括を行いたいと思います。


今年中に完成予定だった帝釈天の境内は結局半分までしか作れませんでした。

20200822_061515

完成できなかった主な理由は当初想像していた以上に境内に建物が多かった事や鳳翔会館の制作に手間取ってしまった事が挙げられます。

20200822_061657

しかしレイアウト制作当初からどのように作るか悩んでいた帝釈堂と鳳翔会館と大鐘楼を無事に完成させる事ができて良かったです。

20200822_061825

20200822_061843


プライベートな出来事では新型コロナの影響で長女の幼稚園が3ヶ月間休園になり、期間中は毎日のように子供を連れて公園に行きました。

子育て支援センターも休業していたので感染リスクの低いであろう認知度が低くて人気のない地元の公園を探して何か所も巡りました。
数えていませんがたぶん100か所は行ったと思います。

コロナに伴う休園時期がちょうど公園で遊ぶのに最適な季節だった事が大きいです。
逆に夏休みが短縮になった事は嬉しかったです。
(昨年は灼熱の中、家にいるとすぐにぐずる子供を連れて連日外出していたので地獄でした。暑くて公園にも行けなので行く場所を探すのも大変でした。)

他にも大きな理由としては下の子が1歳を過ぎ、歩くようになり公園で本格的に遊べるようになった事もありますし今年の初めに車を買い替えた事もあり、連日ドライブがてら公園に行く事が増えました。

前の車は15年近く乗っていた日産車でしたが原因不明のエンストが多く、ISOFIXのチャイルドシートに対応していなかったりと不具合だらけだったので子供を乗せて運転するのには不安だらけでした。

今回購入したトヨタ車は両側自動スライドドアなので狭い駐車場でも子供の乗り降りが楽ですしISOFIXの良いチャイルドシートを装着できるので満足しています。




そして今年は生まれて初めて足の指を骨折しました。

20200627_103723

右足の薬指が家具に当たり、激痛がした上に明らかに変色していたので翌日に整形外科に行ったら骨折していると判明しました。

骨折したまま仕事もできなくはないけれど有給が溜まっていたので1ヶ月ほどの長期休暇を取りました。
下の子が生まれた際に育児休暇を取りたかったけれど忙しくて取れないまま1年が過ぎてしまっていたので子供と向き合える良い機会でもありました。
しかし幼稚園の休園期間中だった事もあり毎日子供を接し、かなりストレスの溜まる1ヵ月でした。やはり仕事を理由に外出し、子供と適度な距離感を取らないと駄目だな…と痛感しました。
専業主婦の妻の苦労がよく分かった1ヵ月でもありました。

そして子供が毎日家にいるので期間中は全然レイアウト制作が進みませんでした。



そんなこんなで子供との関りが多かった1年でした。

↑このページのトップヘ