1/150の焼津

焼津市をモデルにしたNゲージの街並みを作っています。焼津の街並みをそのまま模型化するのでは無く、近隣の静岡市、藤枝市など地元の思い出深い風景、柴又やハワイの要素も取り入れた街並みを制作中です。

以前、掛川市にある『たまりーな』を紹介した事がありますが今回は同じく掛川市にある京徳池公園を紹介していきます。

京徳池公園は池のほとりにある長閑な公園です。↓

20201203_130306

池の周りには遊歩道があり、1周およそ1㎞、10分程度で回る事ができます。

鴨が歩いていたりしてのどかな公園でした。

20201203_131053


小さな子供でも遊べる難易度の低い複合遊具もありました。↓

20200922_125259

20200922_125241



自然の中にある公園のように見えますが実際は住宅街の中にあり、公園のすぐ隣には日本の大三脈、東名高速道路があります。
奥に見える壁のような物が高速道路です。↓
20201203_130213



遊具のある場所の対岸には小高い山のような物がありました。↓

20201203_131158


山頂は柵で囲まれており、木々がある程度で他に目立った物はありませんでした。↓

20201203_131336


山頂からは公園が一望できました。↓

20201203_131346



公園の反対側からは掛川の街並みが一望できました。↓
遠くに掛川城も見えました。
20210104_140429





続いて紹介するのは掛川市内にあるリゾート地『つま恋』の敷地内にある広場です。

『つま恋』に来たのはイルミネーション以来、10年ぶりくらいになります。

ちびっこ広場は広大な敷地のリゾート地『つま恋』の中にあります。
マップの白く囲った円の辺りが目的地の広場です。
20210107_102516

この広場はホテルに泊まらなくても遊ぶ事ができ、費用も駐車料金300円しかかかりません。

※ただしゲートから駐車場まで5分、駐車場から広場まで徒歩10分はかかるので往復30分は移動時間になり、300円で遊べる時間は30分以内となります。

ちびっこ広場は広大な芝生の丘にありました。↓

20210104_150436

サイルクライミングや幼児向けの遊具がありました。

スプリング遊具の数が多い印象です。
奥の幼児向け滑り台は老朽化が目立ちました。

20210104_150652


20210104_151811

ブランコや砂場もありました。↓

20210104_151227


20210104_152307


この広場で最も目立つ存在なのは長い2本の滑り台です。↓

20210104_151805

20210104_153125

20210104_153409


とても滑り応えがありそうですし上から見ると足がすくむような高さです。

20210104_152111


しかし実際は滑りが悪く、途中で止まってしまう為、多くの子供が途中で立って歩いて下まで降りていました。

こちらは近くに立っていた看板です。↓
時代を感じるデザインとなっていました。

20210104_150516

この広場だけを目的に来る事は二度と無いだろうな…と思う遊び場でした。



続いて紹介するのは掛川市にある名前不明の公園です。
地図上でも名前表記が無く、看板もない公園で真横に認定こども園があるのでそこと関係しているのかもしれませんがこども園は駐車場が別にあるので関係ないのかもしれません…

静岡市方向から国道1号線バイパスの宮脇インターチェンジを降りると目の前にある公園で信号で止まると必ず視界に入る為、ずっと気になっていました。



スプリング遊具と恐竜の形をした遊具は道路側からも見え、気になる存在だったのですが今年の初めに恐竜の遊具は故障中で使用不可でした。↓

20210116_122120

その数ヶ月後の春頃に行った際には使えるようになっていました。↓
どこをどう修理したのかは不明です。

20210501_095851

20210501_095911


遊具の奥には築き山があり、上にはトンボとカブトムシを象ったベンチがありました。↓
20210116_121931



さらに奥に進むとアスレチック遊具がありました。↓

20210116_120552


小さな公園ですがその割に遊具が豊富でトイレ、駐車場完備の良い公園でした。





安養寺運動公園という公園にも行きましたがこちらにはスプリング遊具1つと砂場しかありませんでした。↓
公園内にはテニス場やサッカーグラウンドなどスポーツ施設は充実していましたが子供が遊べる場所は無さそうでした。
20210117_112540

ネットでアスレチック遊具があるという情報を見たので行ったのですが何も無くて残念でした。
あと「かみなりさまのおへそ」という謎のオブジェもありましたが柵で覆われていて近くで見る事ができませんでした。
20210117_112439

この公園も二度と来る事は無いと思います。


次回も掛川市内にある公園を紹介します。



同じく袋井市には『月見の里公園』という月をモチーフにした公園がありました。

この公園には月をモチーフにしていると思われる遊具がありました。↓
柔らかい素材で『西富士公園』にある遊具と同じタイプの物かと思われます。

20201129_135633


黄色い半球に白いウサギのシルエットが描かれていました。
汚れているように見えますがこれは汚れではなく、塗装剥げでした。

この遊具に子供たちは土足で登って滑り降りて楽しんでいました。
滑りやすいので小さな子供は登るのに苦労していました。(そこが楽しいのでしょうが…)


この公園には他にも幼児でも遊びやすい難易度の低い複合遊具や回転遊具がありました。↓

20201129_134601

20201129_141608



トイレの前にはジャングルジム(?)もありました。↓

20201129_141827

この公園に隣接している『月見の里学遊館』には『うさぎホール』という名称のホールがあったり月をモチーフにしているのかいないのか微妙なオブジェもありました。↓

20201129_142436



どうやらこの公園周辺は山が少なく、月見に適している為、昔から月見と呼ばれているようです。


この公園のすぐ近くには『めだか公園』という公園もありました。
駐車場、トイレ完備の川沿いにある公園です。

『めだか』という名前の通り、公園内にはめだかの形をした砂場がありました。↓

20210109_140417

なかなか珍しい形の砂場です。
公園内のタイルにもめだかが描かれています。↓

20210109_134124

水道はめだかのいるような小川をイメージしているのか水車を模していました。↓
これもまた珍しいデザインです。
20210109_140657


公園内には他に木馬やスプリング遊具がありました。↓
ベンチかと思ったら下がバネになっている珍しい遊具もありました。
20210109_135520

他にはターザンロープやメインとなる複合遊具もありましたがこちらはめだかと全く関係ないデザインでした。↓

20210109_134648





このように一つのテーマをモチーフにした公園は面白いと思いました。


そしてこの公園の近くにある愛野公園にも寄ってきました。

愛野公園は以前、訪れた事があったのですが当時、足の指を骨折していた為、山の上まで登れなかったので今回リベンジの為に訪れました。

前回はAゾーンの遊具で遊び、Bゾーンの水遊び広場付近まで訪れたので今回は山の上まで行ってみました。↓

20201231_145652


山の中腹にはアスレチック遊具がありました。↓

20201231_143153

山の上に何があるのか詳しくわからなかったので不安でしたが登った甲斐がありました。

20201231_144515


20201231_144548



そして山頂には『愛の鐘』というモニュメントがありました。↓
市制40周年記念を祝して作られたそうです。

20201231_144301

金属の球体から紐が垂れており、それを振って鐘を3回鳴らすとご利益があるそうです。
子供は面白がって何度も鳴らしていました。

20201231_144116


以上です。


富士宮市にある外神東公園に行って来ました。



富士宮市の公園と言えば今まで浅間町公園白糸公園やなどを紹介してきましたが本当に素晴らしい公園に恵まれている市だなと思います。


今回紹介する外神東公園は駐車場やトイレも完備の良い公園でした。

外神東公園には富士宮市の姉妹都市サンタモニカをイメージした小径がありました。↓
20201227_125903


サンタモニカ・ピア・アーチという実際にサンタモニカに実在するランドマークを模したアーチもありました。↓
実物はどんな感じなのかネットで画像検索してみると似てるような似てないような微妙な感じでした。

20201227_123027


公園には滑り台や半球型のスプリング遊具がありました。↓

20201227_125258


20201227_123953


そして少し離れた場所には魅力的な複合遊具もありました。↓

20201227_121938

富士山など、富士宮の魅力を全て詰め込んだような遊具です。
お店屋さんごっこのできるカウンターの上には「やきそば」と書かれた看板がありました。↓
B級グルメで有名な『富士宮やきそば』を遊具に取り入れているのだと思います。
20201227_120900

遊具には富士宮のゆるキャラ『さくやちゃん』の顔ハメボードも付いていました。

真ん中の橋の部分には海の生き物が描かれていますが富士宮には海が無いので姉妹都市サンタモニカの海をイメージしているのかもしれません。

20201227_120918

遊具の向こうには本物の富士山も見えました。

複合遊具の近くには真新しいスプリング遊具もありました。↓

20201227_120720

20201227_120723


公園は広く、複合遊具やスプリング遊具、砂場のあるエリア以外に小川や木々の生い茂る小径や広場もありました。

20201227_122535




そしてこの公園にはもう一つ、目玉となる遊具がありました。

それはアスレチック遊具と展望台の要素を兼ね合わせた『外神城』です。↓

20201227_123227


城の内部は細長いネット遊具と階段があり、どちらからでも登れるようになっていました。↓

20201227_123549

しかし展望台となってる最上階からの眺めはあまりよくありませんでした。

広場の反対側には石垣や塀もあり、本格的な城郭のようにも見え、迫力がありました。↓

20201227_124233


富士宮、サンタモニカ、城郭と色々な要素を遊具に取り入れたカオスな公園でした。



続いては同じく富士宮市内にある白尾山公園を紹介します。

こちらは山の中にあり、富士宮市内と富士山を一望できる眺めの良い公園でした。

そして巨大な複合遊具もありました。↓

20201227_141836

20201227_141944


見慣れたデザインではありますが櫓部分の大きさには圧倒されました。↓
ここまで大きな櫓を見たのはたぶん初めてです。

20201227_140829

とにかくこの日は混んでいて人が映らないように遊具を撮影するのには苦労しました。

遊具以外にも広いグラウンドや人工芝の上をソリで滑って遊べるエリアがありました。↓
20201227_143306

最初からソリが用意されているので手ぶらで行って遊べるのが有難いなと思いました。

広場の奥には池があり、小魚が泳いでいました。↓

20210419_145937



そしてさらに進むと山道があり、山の斜面に沿って古いローラー滑り台がありました。↓
20210419_143916

20210419_145549


20210419_145755

ローラー滑り台よりもさらに上に進むと巨大な展望台がありました。↓

20210419_144455

巨木をモチーフにした展望台です。
まるで絵本に出てきそうな素敵なデザインです。

20210419_144444

大きさと木のリアルさには圧巻でした。

20210419_144552

展望台に登って下を見たらかなり高くて驚きました。
結構怖いです。

20210419_144806


そしてこの展望台からは富士山と富士宮市の街並みを眺める事ができました。↓

20210419_144755


こちらの公園も駐車場、トイレ完備のとても良い公園でした。

↑このページのトップヘ